化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】 のご案内

       開催日時:2022年9月13日(火)13:30~16:30 
       受 講 料:44,000円(税込)  * 資料付
          *メルマガ登録者 39,600円(税込)
          *アカデミック価格 26,400円(税込)
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
   → https://zoom.us/test
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★【メルマガ会員特典】2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。
 ★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者/新規登録希望者はこちらから]
 弊社のメルマガ会員(登録無料)は、参加費が10%引きになります。
 メルマガ登録者/新規登録者のウェビナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ受信可否「受信する」にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
 2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。ウェビナー参加のお申込は、お一人ずつ下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 4名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 府川 伊三郎 氏  ㈱旭リサーチセンター シニアリサーチャー

【講師経歴】
 1. 東京大学理学部化学科修士卒
 2.東京工業大学 博士(工学)
 3. 旭化成㈱ 取締役・中央技術研究所長、MMA 事業部長、富士支社長など
 4. 福井工業大学 経営情報学科 教授
 5. 旭リサーチセンター シニアリサーチャー(現在)
 6.日本化学会フェロー、高分子学会フェロー

【研究歴】
 ① 高分子:合成ゴム、ポリエチレン、ポリカーボネート、ポリエーテルケトンなど。「CO2を原料とする非ホスゲン法ポリカーボネートの開発」で「GSC賞・通産大臣賞、日本化学会賞、大河内記念賞、米国化学会・ヒーロー オブ ケミストリー賞 受賞
 ② 石油化学:触媒、機能性高分子:機能膜・バッテリー・セパレーター、感光性高分子など。

【著 書】
 ① 「工業有機化学」翻訳(共著)、東京化学同人
 ② 旭リサーチセンター・ARCリポート プラスチックのリサイクル関係 5報

セミナーの趣旨

 欧州が先駆的に進めるサーキュラーエコノミー(循環経済)の波が日本に到来し、廃プラプラスチックのリサイクルを本格的に取り組む時代に入った。特に、混合廃プラ(PE・PP・PS)やPETのケミカルリサイクルが世界的に注目され、技術開発と工業化の世界的大競争になっている。また従来のメカニカルリサイクルについては欧州が技術・事業で先行している。一方、バイオマスナフサを使用したバイオPE・PPなどの製造技術が欧米で勃興している。セミナーではそれらの基本と最新動向を知り、将来の方向を予測して、ビジネスチャンスと技術課題を探る。

セミナー対象者

 プラスチックの循環経済(サーキュラーエコノミー)やサステイナビリティのテーマに興味をもつ企業(化学会社、プラスチック加工・容器包装会社、エンジニアリング会社、商社)の技術者、研究者、経営計画責任者など。
 また、リサイクル技術の研究に興味をもつ公的研究所や大学の研究者・技術者。

セミナーで得られる知識

 ケミカルリサイクル(CR)とメカニカルリサイクル(MR)に関する技術・ビジネスの基本、最近の世界的動向を知ること。
 また併せて。技術課題やビジネスチャンスの可能性を知り、今後各技術がどう進歩して、すみわけながら成長していくかを考えるためのベース知識を得る。

プログラム

                ※ 適宜休憩が入ります。
1.ケミカルリサイクル(CR)の技術と事業(海外と日本):世界的な巨大な投資計画
 1.1 基本CRが注目される背景(循環経済への移行など)、原理、CRと従来のMR(メカニカルリサイクル)の比較、工業化の状況と将来予測、マスバランス方式の威力
 1.2 各種ケミカルリサイクルの比較、長所と短所、本命技術と課題
 1.3 各論:熱分解法(PE・PP・PS混合廃プラ)、熱的解重合法(PS、PMMA)、化学的解重合法(PET、PA、PC、PU)、ガス化法(混合廃プラ)、コークス炉化学原料化法、高炉還元剤法
  
2.メカニカルリサイクル(MR)の技術と事業(海外と日本)
 2.1 欧米が進んでいるPE・PPのMRの動向
    背景、MRの生産実績、主要プレヤー、先端技術
 2.2 日本が進んでいるPET(ボトル)のMR
  
3.バイオマス由来のナフサ原料使用するドロップ
  インプロダクト(バイオPE・PP・PVC・PCなど)の製造技術の勃興:ナフサ供給メーカーと製法、供給能力、参入プラスチックメーカー、マスバランス方式
  
  

関連図書

        材料・合成技術
        医薬・ヘルスケア・バイオ・食品

関連セミナー/ウェビナー

        材 料
        食品・化粧品・バイオ