化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】 のご案内

       開催日時:2021年4月2日(金)10:30~16:30 
       受 講 料:50,000円 + 税  * 資料付
          *メルマガ登録者 45,000 円 + 税
          *アカデミック価格 24,000 円 + 税
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
   → https://zoom.us/test
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★【メルマガ会員特典】2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。
 ★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、ウェビナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のウェビナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
 2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。複数名の受講申込みで、メルマガ登録をされていない方がおられる場合には、メルマガ登録を行ってから、ウェビナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ  ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 4名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 内田 智士 氏  京都府立医科大学 大学院医学研究科 医系化学 准教授

【講師経歴】
 2007年に東京大学 医学部 医学科を卒業したのち、北見赤十字病院にて2年間初期臨床研修に従事。2013年 東京大学大学院 医学系研究科にて、医学(博士)を取得。東京大学大学院、医学系、工学系研究科にて、特任研究員、特任助教をへたのち、2020年より京都府立医科大学大学院 医学系研究科 医系化学にて准教授。また、公益財団法人 川崎市産業振興財団、ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)副主幹研究員を兼務。

【活 動】
 ウイルスを用いない遺伝子治療を目指したプラスミドDNAやメッセンジャーRNA(mRNA)の送達法の開発や疾患治療への応用に取り組んできた。特に、約10年前より日本でいち早くmRNA医薬研究に着手し、ワクチン、がん治療、ゲノム編集、再生医療への展開に取り組んでいる。
 日本核酸医薬学会、日本DDS学会における奨励賞、International mRNA Health Conferenceでの1st Abstract Prizeの受賞など、mRNAに関する研究は国内外で高く評価されている。

セミナーの趣旨

 mRNA医薬は、新型コロナウイルスワクチンにおいて実用化されたことを受け、今後その開発が大きく加速し、近い将来、様々な医療分野で応用されることが想定される。実際に、感染症ワクチンだけでなく、がん免疫治療、ゲノム編集、希少性疾患治療、再生医療といった分野で、既に臨床試験が行われている。本セミナーでは、初学者がでもmRNA医薬の動向をフォローしその開発に従事できるよう、基礎から詳説する。さらに、最新の動向を広く紹介し、現在の課題にも言及した上で、今後の展望を述べる。

セミナー対象者

 ・mRNA医薬に関して予備知識が全くない方から、既にある程度mRNA医薬に関わっている方まで幅広い方々を対象とする。技術者、研究者だけでなく、新規事業等の企画を担当される方にもわかりやすい説明を心がける。

セミナーで得られる知識

 mRNAの製造法、品質評価法、生体への送達法と言った基礎的な内容から、mRNAのモダリティとしての特長や、ワクチン、がん免疫治療、ゲノム編集、再生医療への応用まで幅広く紹介する。医療応用における最新の動向までカバーする。

プログラム

             ※ 適宜休憩が入ります。
1. mRNA医薬の導入
 ~なぜ今mRNAなのか?~

2. mRNAを医薬品として用いるための基盤技術
 2-1 mRNAを製造するための技術
 2-2 mRNAに含まれる副生成物
 2-3 mRNAを生体へ送達するための技術

3. 新型コロナウイルスに対するmRNAワクチン
 3-1 他のワクチンとの比較
 3-2 mRNAワクチンに関する基盤技術
 3-3 mRNAワクチンの最新の動向

4. mRNA医薬のその他の医療分野への応用、臨床開発の動向
 4-1 がんワクチン(腫瘍関連抗原、ネオ抗原)、がん免疫治療
 4-2 ゲノム編集治療
 4-3 希少疾患治療
 4-4 再生医療
 4-5 抗体治療

5. 現状の課題と今後の展望
 
 

関連図書

        医薬・ヘルスケア・バイオ・食品

関連セミナー/ウェビナー

        医薬・医療