化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】のご案内

       開催日時:2022年9月16日(金)13:30~16:30 
       受 講 料:44,000円(税込)  * 資料付
          *メルマガ登録者 39,600円(税込)
          *アカデミック価格 26,400円(税込)
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
   → https://zoom.us/test
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★【メルマガ会員特典】2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。
 ★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者/新規登録希望者はこちらから]
 弊社のメルマガ会員(登録無料)は、参加費が10%引きになります。
 メルマガ登録者/新規登録者のウェビナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ受信可否「受信する」にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
 2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。ウェビナー参加のお申込は、お一人ずつ下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 4名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 松本 太 氏  神奈川大学 工学部 物質生命化学科 教授

【講師経歴】
 1997年3月 東京工業大学大学院 総合理工学研究科 電子化学専攻 博士課程修了 (理学博士)
 1997年4月 日本学術振興会 特別博士研究員
 1999年4月 東京理科大学 理工学部 工業化学科 助手
 2002年9月 (財)神奈川科学技術アカデミー 益田「ナノホールアレー」プロジェクト 副研究室長
 2005年4月 Cornell University, Dept. of Chem. and Chemical Biology, Research Associate (Ithaca, New York,USA)
 2008年8月 Wildcat Discovery Technologies, Inc., (San Diego, California, USA)
 2010年4月 神奈川大学 工学部 物質生命化学科 准教授
 2016年4月 神奈川大学 工学部物質 生命化学科 教授 (在職中)

【活 動】
 電気化学会 分子機能研究会 幹事(2011-).表面技術協会会誌 編集委員(2013-2014).神奈川県 政策提案事業“リチウムイオン二次電池オープンラボ”, 実施代表者(2013-2014).首都大学東京 非常勤講師(2016, 2020).電気化学会会誌 編集委員(2016-2017).、電気化学会 関東支部 監事(2018-2019). Editorial Board of Electrochem in MDPI. 電気化学会 理事 (2020-2021).電気化学会 関東支部 副支部長(2021).日本材料科学会 執行役員(2021-).神奈川表面技術研究会 理事(2021-).

セミナーの趣旨

 インピーダンス測定は電池・センサ・腐食など電気化学が関わる界面における電子移動、イオン移動の解析の重要なツールになっています。これらがわかるか、わからないかで、電極反応の理解が大きく違ってきます。インピーダンス測定は非常に難しく、多くの人たちが挫折する、あるいはわかったようにしているが、実は良く分からない状態になっていることが、よく聞かれます。
 本セミナーでは、そのような人たちにインピーダンス測定を十分に理解できるように、電気化学の基礎から説明を始め、インピーダンス解析の基礎事項、数学的な取り扱い、きちんと守らなければいけない実験上の注意点などについて詳しく説明します。

セミナー対象者

 ・ リチウムイオン電池の研究にたずさわってインピーダンス測定を利用しようとする方
 ・ インピーダンス測定をやってみたが良く分からず挫折してしまいもう一度トライしようと考えている方

セミナーで得られる知識

 ・ 電気化学測定の基礎
 ・ インピーダンス解析の基礎
 ・ インピーダンス測定の注意点 など

プログラム

               ※ 適宜休憩が入ります。
1. 電気化学測定の基礎
 1-1. 電気化学測定における電極電位
 1-2. 電極電位と電極反応速度
 1-3. 電極反応における電子移動律速と物質移動律速
 1-4. 電気二重層とバックグラウンド電流
 1-5. 測定装置(ポテンシオスタット,セル、電極)
  
2.電気化学インピーダンス法の基礎
 2-1. 電気化学インピーダンス法とは?
 2-2. 電気化学反応と電気化学インピーダンスの関係
 2-3. 測定装置(ポテンシオスタット,FRA)
 2-4. 回路素子(抵抗・コンデンサ・コイル)の説明
 2-5. 電気化学インピーダンススペクトルの解釈
 2-6. 抵抗、コンデンサ、コイルのインピーダンススペクトル
 2-7. インピーダンスの合成
 2-8. CPEを含む等価回路
 2-9. 拡散のインピーダンス
 2-10.電気化学反応の等価回路の考え方
 2-11.データと等価回路のフィッティングの行い方
  
3.リチウムイオン二次電池への応用
 3-1. リチウムイオン二次電池へ解析における注意点
 3-2. リチウムイオン二次電池の典型的なスペクトルの紹介と解釈の説明
 3-3. 最近のインピーダンス測定を用いた研究事例の紹介
  
<質疑応答>
  
  

関連図書

        電池技術・市場

関連セミナー/ウェビナー

        電 池