化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

– 中国・欧州・米国・韓国・日本の主要市場の現状と各社のビジネス戦略 –
xEV, LIB and their materials

  ■ 発  行:2022年2月4日
■ 定  価:冊子版 180,000 円(税込 198,000 円)
       セット(冊子 + CD) 220,000 円(税込 242,000 円)
       ★ メルマガ会員:定価の10%引き!
■ 体  裁:A4判・並製・240頁
■ 編集発行:㈱シーエムシー・リサーチ
   ISBN 978-4-910581-16-3
  パンフレット

【テレワーク対応サービスのお知らせ】
 弊社発行書籍を、書籍+CDのセットで弊社から直接お買い上げいただいたお客様には、ご希望があればCD中のPDF等を弊社URLからテレワーク先でもダウンロード可能な手配をいたします。ご希望の方は、発注時に合わせてご連絡ください。

購入方法

 カートへの投入、あるいはFAX申込用紙にてお申込ください。
  冊子版
  セット(冊子 + CD)
          FAX申込用紙PDF 
[メルマガ登録者/新規登録希望者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、代金が10%引きになります。メルマガ登録者/新規登録希望者の書籍購入は、下記のカートへの投入によってお申し込みください。また、FAX申込用紙でご注文の場合は、FAX申込用紙のメルマガ受信可否「受信する」にチェックをお願いします。
  冊子版
  セット(冊子 + CD)
          FAX申込用紙PDF 
 

本書の特徴

➢ LFPか? NMCか? LIBメーカーの材料ベースのビジネス戦略! 中韓勢の思惑とは!
➢ 2025年のLIB生産能力は●GWh! 内訳は中国●%、欧州●%、米国●%、アジア●%!
➢ EV普及率が高い北欧市場、及び電池など生産拠点開発が盛んな、中・東欧の現状を網羅!
➢ 21年における車載用LIBのメーカーシェア、及び車載用LIBの生産能力の推移を調査!
➢ 車載用全固体電池の市場は、2023年が前年比●%の●MWh、35年には20年比●%に!
➢ 米国のテネシー州やサウスカロライナ州などの南東部に工場を持つ企業の投資動向は!
➢ 21年のEV・PHEV・HEVを合計した販売台数は、前年比●%の●万台になると予測!
➢ 正極材・負極材・電解液・セパレーターメーカーの戦略とマーケットシェアを調査!
➢ 中国市場のEVシフト加速で、中間価格帯(200万~300万円)へのビジネス戦略が激化!
➢ 21年の中国LIB市場(搭載量ベース)は、三元系電池が●GWh、LFP電池は●GWhに!

= 刊行にあたって =

 各国の規制強化を受けてEVなどのシフトが一段と加速している。それに伴い、車載用LIB市場はさらに拡大し、メーカーの競争は激化している。これまではLIBメーカー大手を中心に、ギガファクトリーに大々的な設備投資が行われ、2019年後半からは新規参入組も加わり、次々とギガファクトリーの建設プロジェクトが立ち上がっている。
 LIB需要が急拡大するにつれ、主要4部材(セパレーター、正極材、負極材、電解液)を生産する材料メーカーにも引き合いが絶えない。
 現状、中国・韓国勢がLIB、及びLIB向け主要四部材に対しての投資が盛んであり、生産体制を拡充させている。マーケットシェアでは、中国・韓国メーカーが一挙に台頭してシェア上位を占め、それに押される形で日本メーカーのシェアが下がってきている。
 ただ、全固体電池がEV市場のゲームチェンジャーとなる可能性がある。EVの普及を妨げてきた航続距離の短さなどの欠点を解決し、本格普及に期待が集まっている。この分野は材料技術が必要で、日本勢は優位な分野でもある。現状ではEV市場で劣勢の日本メーカーではあるが、電池革命が起きたときには、世界をリードする可能性がある。
 各国の市場を調査すると、中国と並びEV市場を牽引する欧州では、ここ数年、欧州政府による政策や各国の補助金などでEVの販売が急速に伸びていることがわかった。NIOや長城汽車などの中国のEVメーカーが欧州に攻勢をかけている。
 また、現時点では、欧州には有力な車載用LIBメーカーが存在しない。欧州の自動車大手にLIBを供給するサプライヤーは中国・韓国、日本のメーカーに集中し、なかでも中国企業同士が激しい受注競争を繰り広げている。
 本レポートでは、世界におけるxEV、及び、車載用LIB・LIB材料に焦点を合わせ、中国・欧州・米国・韓国・日本の主要市場の現状と今後について業界分析をした。今後の展開を見据えたうえでの次世代ビジネスにつながるレポートになっている。
                                CMCリサーチ調査部

内容見本

構成および内容

目次構成・内容一覧PDF
第Ⅰ編 xEV(EV・PHEV・HEV)
  
第1章 市場・業界動向

  
1. 自動車メーカーの電動化戦略
2. 世界におけるEV・PHEV・HEVの販売予測
3. 世界における電動車の車種別売台数ランキング
  
第2章 EV企業のビジネス戦略
  
1. テスラ
2. トヨタ自動車
3. 日産自動車
4. ルノーグループ
5. フォルクスワーゲン
6. 現代自動車
7. BMW
8. Daimler
9. Mercedes-Benz
10. Volvo Cars
11. Porsche
12. SUBARU
13. 鴻海テクノロジーグループ
14. 出光興産
15. ソニーグループ
  
第Ⅱ編 車載用LIB
  
第1章 市場・業界動向
  
1. 市場シェア
2. 世界の車載用LIB生産能力の推移
3. LIBメーカーの材料ベースのビジネス戦略
4. LIBのコスト構成
5. 各社によるLIBの低コスト化
  
第2章 車載用LIB企業のビジネス戦略
  
1. CATL
2. LG エナジーソリューション
3. パナソニック
4. BYD
5. サムスンSDI
6. SK on
7. エンビジョンAESC
8. Volkswagen Group Components
9. プライム プラネット エナジー&ソリューションズ
10. Northvolt
11. ビークルエナジージャパン
12. 三洋化成工業
13. VinFast
14. 東芝、双日、CBMM
15. Enpower Greentech、Enpower Japan、ソフトバンク
  
第Ⅲ編 車載用LIB向け主要四部材
  
第1章 正極材
  
1. 概要
2. 正極材の種類
 2.1 LFP
 2.2 NMC
 2.3 NCA
 2.4 コバルトフリー電池
3. 材料分析
4. 市場分析
5. 企業動向
 ① Umicore
 ② 住友金属鉱山
 ③ 日亜化学工業
 ④ 厦門タングステン
 ⑤ 杉杉能源
 ⑥ 容百科技
 ⑦ L&F
 ⑧ 当昇科技
 ⑨ エコプロ BM
 ⑩ 北大先行
 ⑪ 振華新材料
 ⑫ Ultium Cells
 ⑬ LG化学
 ⑭ Posco Chemical
 ⑮ BASF
 ⑯ テスラ
 ⑰ BYD
 ⑱ 三井金属鉱業
 ⑲ 田中化学研究所
 ⑳ 住友化学
 ㉑ 住友大阪セメント
 ㉒ 戸田工業
 ㉓ 太平洋セメント
 ㉔ 格林美(GEM)
 ㉕ NOVONIX
 ㉖ Johnson Matthey
 ㉗ 日本化学産業
 ㉘ 新日本電工
 ㉙ クレハ
 ㉚ JFE ミネラル
 ㉛ トーヨーカラー
 ㉜ 日本スピンドル
 ㉝ Oak Ridge 国立研究所
 ㉞ 関西ペイント
 ㉟ TopBattery
 ㊱ 東北大学
  
第2章 負極材
  
1. 概要
2. 材料分析
3. 天然黒鉛と人造黒鉛のメリット・デメリット
4. 市場分析
5. 企業動向
 ① 貝特瑞新能源(BTR)
 ② 昭和電工マテリアルズ
 ③ 杉杉集団
 ④ 江西紫宸
 ⑤ POSCO Chemical
 ⑥ 三菱ケミカル
 ⑦ 凱金能源
 ⑧ 国軒高科
 ⑨ ENEOS(旧;JXTGエネルギー)
 ⑩ 東海カーボン
 ⑪ SKC
 ⑫ 東芝、双日、CBMM
 ⑬ 東邦チタニウム
 ⑭ 中国中化
 ⑮ JFE ケミカル
 ⑯ Sila Nanotechnologies
 ⑰ Enovix
 ⑱ Enevate
 ⑲ 韓国科学技術研究所
 ⑳ Evonik Industries
 ㉑ テスラ
 ㉒ 日本黒鉛工業
 ㉓ 日本カーボン
  
第3章 電解液
  
1. 概要
2. 材料分析
3. 市場分析
4. 企業動向
 ① 天赐高新材料
 ② 新宙邦科技
 ③ 国泰華栄
 ④ MU アイオニックソリューションズ
 ⑤ セントラル硝子
 ⑥ BYD
 ⑦ 杉杉集団
 ⑧ BASF
 ⑨ Dongwha Electrolyte
 ⑩ Soulbrain
 ⑪ Enchem
 ⑫ 三井化学
 ⑬ 旭化成
 ⑭ Lotte Chemical
 ⑮ 森田化学工業
 ⑯ 日本触媒
 ⑰ 東ソー・ファインケム
 ⑱ クレハ
 ⑲ MI-6、キシダ化学、東京大学、三井物産
 ⑳ LANXESS
 ㉑ Foosung
 ㉒ 東北大学①
 ㉓ 東北大学②
  
第4章 セパレーター
  
1. 概要
2. 材料分析
3. 市場分析
4. 企業動向
 ① 上海エナジー(Semcorp)
 ② 旭化成
 ③ 星源材質
 ④ SK ie テクノロジー(SKIET)
 ⑤ 東レ
 ⑥ 住友化学
 ⑦ 河北金力
 ⑧ 滄州明珠
 ⑨ ダブル・スコープ
 ⑩ 江西恩博新材料
 ⑪ 帝人
 ⑫ 宇部興産
 ⑬ 宇部マクセル
 ⑭ 三菱ケミカル
 ⑮ 日本板硝子
 ⑯ ニッポン高度紙工業
 ⑰ 三菱製紙
 ⑱ 三井化学
 ⑲ 日本製鋼所
 ⑳ 日本バイリーン
 ㉑ 積水化学工業
 ㉒ 特種東海製紙
 ㉓ 天間特殊製紙
 ㉔ Evonik
 ㉕ スリーダム
 ㉖ 日本ゼオン
  
第Ⅳ編 次世代電池
  
第1章 全固体電池
  
1. 概要
2. 全固体電池の特徴
3. 課題
4. 固体電解質材料の種類
5. 車載用全固体電池の市場動向
 5.1 概要
 5.2 高分子系全固体電池の市場分析
 5.3 硫化物系全固体電池の市場分析
 5.4 酸化物系全固体電池の市場分析
 5.5 錯体水素化物系全固体電池の市場分析
6. 企業動向
 ① トヨタ自動車
 ② サムスン SDI
 ③ フォルクスワーゲン
 ④ QuantumScape
 ⑤ Solid Power
 ⑥ Blue Solutions
 ⑦ Ionic Materials
 ⑧ Ilika
 ⑨ 日立造船
 ⑩ 出光興産
 ⑪ 現代自動車
 ⑫ BMW
 ⑬ CATL
 ⑭ 上海蔚来汽車(NIO)
 ⑮ 三井金属
 ⑯ Factorial Energy
 ⑰ Stellantis
 ⑱ Solvay
 ⑲ 日産自動車
 ⑳ ホンダ
 ㉑ GM
 ㉒ LGエナジーソリューション
 ㉓ SK イノベーション
 ㉔ 日本触媒
 ㉕ TDK
 ㉖ マクセルホールディングス
 ㉗ 太陽誘電
 ㉘ FDK
 ㉙ 日本特殊陶業
 ㉚ オハラ
 ㉛ imec
 ㉜ 冨士色素
 ㉝ GS アライアンス
 ㉞ 三桜工業
 ㉟ 新東工業
 ㊱ 日本ケミコン、旭カーボン
 ㊲ 24M
 ㊳ ソフトバンク
 ㊴ 村田製作所
 ㊵ 大阪ソーダ
 ㊶ Britishvolt
 ㊷ Graphene Manufacturing Group(GMG)
 ㊸ カワタ
 ㊹ 長瀬産業
 ㊺ 万向一二三
 ㊻ 鴻海精密
7. 研究開発動向
 ① 東京工業大学
 ② 産業技術総合研究所
 ③ 山形大学
 ④ 大阪府立大学
 ⑤ 名古屋工業大学
 ⑥ 首都大学東京
 ⑦ 豊橋技術科学大学
 ⑧ ブラウン大学、メリーランド大学、東京大学
 ⑨ イリノイ大学
 ⑩ 浦項工科大学
 ⑪ 中国科学技術大学、中国科学院
 ⑫ 韓国科学技術院(KAIST)
  
第2章 リチウム硫黄電池
  
1. 概要
2. 業界分析
3. コスト
4. 企業動向
 ① LG エナジーソリューション
 ② Lyten
 ③ Mercedes-Benz
 ④ OXIS Energy
 ⑤ ソニー
 ⑥ GSユアサ
 ⑦ GSアライアンス
 ⑧ 豊橋技術科学大学
 ⑨ 沖縄科学技術大学院大学
  
第Ⅴ編 中国の動向分析
  
第1章 EV
  
1. 概要
2. 新エネルギー車の販売台数
3. 各社による高級EV戦略
4. 中間価格帯(200万~300万円)へのビジネス戦略
5. 企業動向
 ① テスラ
 ② BYD
 ③ 上汽通用五菱汽車(SAIC-GM-Wuling Automobile:SGMW)
 ④ 上海蔚来汽車(NIO)
 ⑤ 理想汽車
 ⑥ フォルクスワーゲン
 ⑦ トヨタ自動車
 ⑧ 広州汽車
 ⑨ 小鵬汽車
 ⑩ 吉利汽車
 ⑪ 長城欧拉
 ⑫ 雷丁汽車
 ⑬ 阿維塔科技
 ⑭ 小米(シャオミ)
 ⑮ Audi
 ⑯ BMW
 ⑰ GM
 ⑱ 本田技研工業
  
第2章 車載用LIB
  
1. 市場シェア
2. 三元系 VS LFP
3. 中国における大学研究
4. 企業動向
 ① CATL
 ② BYD
 ③ LG エナジーソリューション
 ④ 中航鋰電
 ⑤ 国軒高科
 ⑥ 孚能科技
 ⑦ 銀隆新能源
 ⑧ 捷威動力
 ⑨ 万向集団
 ⑩ 天津力神
 ⑪ 金羽新能科技
 ⑫ 蜂巣能源(SVOLT)
 ⑬ 贛鋒鋰業
 ⑭ Amprius (nanjing) Power Energy
 ⑮ SK on
 ⑯ Microvast
 ⑰ エンビジョンAESC
 ⑱ 小林製作所
  
第3章 車載用LIB向け主要四部材
  
1. 正極材
 1.1 動向分析
 1.2 企業動向
  ① BASF Shanshan Battery Materials
  ② POSCO Chemical
  ③ 尚志精密化学
  ④ 金川集団
  ⑤ 格林美(GEM)
  ⑥ 湖南瑞翔新材料
  ⑦ クレハ
  ⑧ 当昇科技
  ⑨ Umicore
  ⑩ 中偉新材料
2. 負極材
 2.1 動向分析
 2.2 企業動向
  ① 寧波杉杉
  ② POSCO Chemical
  ③ 深圳斯諾
  ④ JFE ケミカル
  ⑤ 三菱ケミカル
3. 電解液
 3.1 動向分析
 3.2 企業動向
  ① 華軟科技
  ② 三井化学
  ③ 多氟多
  ④ 東莞市杉杉
  ⑤ Dongwha Enterprise
4. セパレーター
 4.1 動向分析
 4.2 企業動向
  ① 江西恩博新材料
  ② 中材科技
  ③ 仏山金輝
  
第Ⅵ編 各国の動向分析
  
第1章 欧州
  
1. 概要
2. 欧州のEV市場
3. 欧州におけるHEV
4. 中国勢の欧州市場戦略
5. 欧州における車載用LIBの動向
6. ドイツ
 6.1 動向分析
 6.2 企業動向
  ① テスラ
  ② Opel
  ③ フォルクスワーゲン
  ④ 国軒高科
  ⑤ CATL
  ⑥ BASF
  ⑦ 長城汽車
  ⑧ 蜂巣能源科技(SVOLT)
  ⑨ 孚能科技
  ⑩ Microvast
  ⑪ 吉利汽車
  ⑫ 天賜材料
7. スウェーデン
 7.1 動向分析
 7.2 企業動向
  ① Northvolt
  ② 星源材質
  ③ 科達利
  ④ Volvo Car
  ⑤ Scania
  ⑥ Einride
  ⑦ 吉利汽車
8. ノルウェー
 8.1 動向分析
 8.2 企業動向
  ① 上海蔚来汽車(NIO)
  ② 小鵬汽車
  ③ BYD
  ④ 吉利汽車
  ⑤ 第一汽車集団
  ⑥ FREYR Battery
9. ハンガリー
 9.1 動向分析
 9.2 企業動向
  ① SK イノベーション
  ② サムスン SDI
  ③ BMW
  ④ エコプロ BM
  ⑤ 上海エナジー
  ⑥ 東レ
  ⑦ GS ユアサ
  ⑧ SungEel HiTec
  ⑨ Doosan Solus
  ⑩ Lotte Aluminium
  ⑪ Dongwha Electrolyte
  ⑫ 東洋インキ SC ホールディングス
  ⑬ Soulbrain
  ⑭ Audi
10. ポーランド
 10.1 動向分析
 10.2 企業動向
  ① LG エナジーソリューション
  ② SK ie テクノロジー(SKIET)
  ③ SKC
  ④ Northvolt
  ⑤ Umicore
  ⑥ Johnson Matthey
  ⑦ 新宙邦
  ⑧ Foosung
  ⑨ 江蘇国泰
11. チェコ
 11.1 概要
 11.2 企業動向
  ① Skoda Auto
  ② 現代自動車
  ③ Nano One、Euro Manganese
  ④ セントラル硝子
12. 英国
 12.1 動向分析
 12.2 企業動向
  ① 上海汽車
  ② 日産自動車
  ③ トヨタ自動車
  ④ Stellantis
  ⑤ Royal Dutch Shell
  ⑥ Britishvolt
13. フランス
 13.1 動向分析
 13.2 企業動向
  ① Stellantis
  ② Automotive Cells Company(ACC)
  ③ Mercedes‐Benz
  ④ Renault
  ⑤ Verkor
  ⑥ 東海カーボン
  
第2章 米国
  
1. 動向分析
2. 企業動向
 ① テスラ
 ② Ford Motor
 ③ フォルクスワーゲン
 ④ BMW
 ⑤ GM
 ⑥ LG エナジーソリューション
 ⑦ SK on
 ⑧ サムスン SDI
 ⑨ パナソニック
 ⑩ エナジー社
 ⑪ CATL
 ⑫ Mercedes-Benz
 ⑬ Mullen Technologies
 ⑭ 現代自動車グループ
 ⑮ Polestar
 ⑯ Arrival
 ⑰ Proterra
 ⑱ Romeo Power
 ⑲ ZenLabs
 ⑳ Posco Chemical
 ㉑ Ultium Cells
 ㉒ Enchem
 ㉓ エコプロ BM
 ㉔ トヨタ自動車
 ㉕ ホンダ
 ㉖ 宇部興産
 ㉗ 新宙邦
 ㉘ Rivian Automotive
 ㉙ Microvast
 ㉚ NOVONIX
 ㉛ Lucid Motors
 ㉜ テキサス大学
  
第3章 韓国
  
1. 動向分析
2. 企業動向
 ① 現代自動車グループ、SK イノベーション
 ② LG 化学
 ③ サムスンSDI
 ④ コスモ新素材(Cosmo AM&T)
 ⑤ L&F
 ⑥ Lotte Aluminium
 ⑦ POSCO Chemical
 ⑧ 住友化学
 ⑨ 双竜自動車
 ⑩ 浙江吉利控股集団、ルノー
  
第4章 日本
  
1. 概要
2. 日本市場
3. 自動車メーカーの動向
4. EVの普及に向けた国の補助政策
5. 企業動向
 ① テスラ
 ② 日産自動車、三菱自動車
 ③ マツダ
 ④ ダイハツ工業
 ⑤ スズキ
 ⑥ BMW
 ⑦ Volvo
 ⑧ 第一汽車
 ⑨ BYD
 ⑩ Stellantis
  

  
  

関連図書

        電池技術・市場

関連セミナー

        電 池
        自動車