化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】 のご案内

       開催日時:2022年3月7日(月)13:30~16:30 
       受 講 料:44,000円(税込)  * 資料付
          *メルマガ登録者 39,600円(税込)
          *アカデミック価格 26,400円(税込)
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
   → https://zoom.us/test
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★【メルマガ会員特典】2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。
 ★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者/新規登録希望者はこちらから]
 弊社のメルマガ会員(登録無料)は、参加費が10%引きになります。
 メルマガ登録者/新規登録者のウェビナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ受信可否「受信する」にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
 2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。ウェビナー参加のお申込は、お一人ずつ下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 4名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 山口 政之 氏  北陸先端科学技術大学院大学 教授

【講師経歴】
 1987年 京都大学 工学部 卒業
 1989年 京都大学大学院 修士課程 修了
 1989年 東ソー㈱(~2005年)
 1999年 工学博士(京都大学)
 2000-2002年 Polymer Processing Institute 客員研究員
 2005年 北陸先端科学技術大学院大学 准教授
 2009年  同 教授 現在に至る

【所属学会】
 プラスチック成形加工学会(副会長/編集委員長 2015-2017)、日本レオロジー学会(代表委員 2015~)、日本ゴム協会、高分子学会、Polymer Processing Society (Board member, Applied Rheology)など

【著 書】
 ポリマーアロイ・ポリマーブレンド―設計技術と実用化事例―、第III編、第2章、シーエムシー、2020、ポリマーブレンドによる熱可塑性樹脂の成形加工改質

セミナーの趣旨

 プラスチックのマテリアル・リサイクルに必要となるポリマーブレンドの基礎知識について解説する。相溶性の基礎、成形加工における構造形成、相容化剤の役割や種類について説明する他、最近のトピックスやリサイクルレジン使用の注意点、汎用プラや汎用エンプラを中心としたブレンド技術などについて平易に解説する。

セミナー対象者

 ポリマーブレンドやアロイの業務に携わっている方
 プラスチック材料の設計を行っている研究者

セミナーで得られる知識

 ポリマーブレンドの基礎知識
 相分離系ブレンドの構造制御技術
 ポリマーブレンドに関する新しい技術

プログラム

      ※ 適宜休憩が入ります。

1 平衡状態の相構造
 1-1 相溶性の基礎
 1-2 相溶性の予測
 1-3 ポリマーブレンドの相図
 1-4 異種高分子の界面
  
2.相構造の決定因子
 2-1 混合の基礎
 2-2 キャピラリー数と臨界キャピラリー数
 2-3 分散粒子径の決定
 2-4 相容化剤とその役割
 2-5 分散相形状の制御
 2-6 三成分ブレンド系の構造
  
3.非相溶系ブレンドの力学特性
 3-1 弾性率の予測
 3-2 高分子の破壊現象
 3-3 ゴム分散系ブレンドの破壊靭性
  
4.非極性高分子ブレンドの相溶性
 4-1 相溶性・界面張力の決定因子
 4-2 ポリオレフィンに関する最近の話題
  
5.極性高分子を含むブレンドの構造制御
 5-1 非反応系の相溶性・混和性
 5-2 反応を利用した構造制御
 5-3 リサイクルレジンの注意点
  
6.ポリマーブレンドに関する最新技術の紹介
  

  
  

関連図書

        材料・合成技術

関連セミナー/ウェビナー

        材 料