化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】 のご案内

       開催日時:2022年2月22日(火)10:30~16:30 
       受 講 料:55,000円(税込)  * 資料付
          *メルマガ登録者 49,500円(税込)
          *アカデミック価格 26,400円(税込)
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
   → https://zoom.us/test
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★【メルマガ会員特典】2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。
 ★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者/新規登録希望者はこちらから]
 弊社のメルマガ会員(登録無料)は、参加費が10%引きになります。
 メルマガ登録者/新規登録者のウェビナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ受信可否「受信する」にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
 2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。ウェビナー参加のお申込は、お一人ずつ下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 4名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 高木 茂行 氏  東京工科大学 工学部 電気電子工学科 教授

【講師経歴】
 1984年 ㈱東芝 生産技術研究所 レーザ研究部
 1991年 名古屋大学大学院 工学研究科(社会人ドクター)工学博士
 1997年 ㈱東芝 生産技術研究センター 主任研究員
 2007年 ㈱SED 出向 パネル設計センター センター長
 2010年 ㈱東芝 生産技術センター 研究主幹
 2011年 青山学院大学 化学・生命科学科(論文博士)博士(理学)
 2015年 東京工科大学 工学部 電気電子工学科 教授 現在に至る

【研究歴】
 1984~1997年 高出力エキシマレーザの研究開発(NEDOプロジェクト)
 1997~2009年 半導体プロセスシミュレーションの研究開発
 2010~2015年 有機太陽電池・スマートグリッドの研究開発
 2015~現在 電気自動車・永久磁石同期モータの制御技術の研究開発

【所属学会】
 電気学会 応用物理学会

【著 書】
 “半導体プロセス・形状シミュレーション技術”オーム社 (2014)
 “これでなっとく パワーエレクトロニクス” コロナ社 (2017)
 “サステイナブル工学基礎”コロナ社 (2018)
 “サーマルデバイス” NTS (2019) 他

セミナーの趣旨

 電気自動車には、①チョッパ回路と②インバータ回路、③永久磁石同期モータの構造と④それを制御するベクトル制御、等のパワーエレクトロニクス技術が使われています。ハイブリッドカー プリウスの分解写真と動作特性から、これら4項目がキー技術であることを示します。それぞれの技術項目について説明するとともに、具体事例の演習問題を通して理解を深めます。さらに、電気自動車に使われる永久磁石同期モータを使ったデモを通し、これら4項目の技術が使われた装置の動作を体験します。

セミナー対象者

 ・新たに電気自動車関連の事業に着手、あるいは電気自動車関連部門に配属となり、電気自動車の技術概要と短期間で学びたい技術者。
 ・電気自動車の仕事に携わりながら、これまでにパワーエレクトロニクスや電気自動車の基本技術を系統的に習得する機会のなかった技術者。
 ・電気自動車分野での研究に新たに取り組もうとする研究機関・大学の研究員・教員・大学院・学生

セミナーで得られる知識

 ・実際にハイブリッドカーに使われているパワーユニットの構成と動作
 ・電気自動車に使われるチョッパ回路とインバータ回路の原理と動作
 ・電気自動車に使われる永久磁石同期モータの構造・特性
 ・永久磁石同期モータを制御に使われるベクトル制御の基礎

プログラム

      ※ 適宜休憩が入ります。

1.電気自動車の概要とパワーエレクトロニクス
 1.1 電気自動車 vs エンジン自動車
 1.2 ハイブリッドカー プリウスのパワーユニットと動作
 1.3 パワーユニットとパワーエレクエレクトロニクス
 1.4 パワーエレクトロニクスのパワーデバイス、回路、モータ駆動
 ★ 演習問題 パワーエレクトロニスによる電力制御時の損失低減
  
2.バッテリとモータの電力をやり取りするチョッパ回路
 2.1 降圧・昇圧チョッパ回路の構成と動作原理
 2.2 昇圧チョッパ回路のパラメータと動作特性
 2.3 降圧・昇圧チョッパ回路を一体化した双方向チョッパ回路
 2.4 双方向チョッパ回路による電力供給とモータからの電力回生
 ★ 演習問題 昇圧チョッパ回路の設計パラメータ
  
3.モータ駆動に最も重要なインバータ回路
 3.1 インバータの原理と分類
 3.2 単相型インバータの基本回路と動作
 3.3 三相インバータの基本回路と動作
 3.4 PWMインバータ
 ★ 演習 三相インバータの動作を理解する等価回路解析
  
4.直流モータの特性をベースに永久磁石同期モータの特性を理解する
 4.1 直流モータの特性
 4.2 永久磁石同期モータの構造・回転磁界
 4.3 モータとトルク
 4.4 永久磁石同期の位置検出
 ★ 演習 永久磁石同期モータのトルク特性を理解する
 ◎ 永久磁石同期モータのデモ動作・体験
  
5.電気自動車のモータ動作をコントロースするベクトル制御
 5.1 モータの動きを記述する3つの方程式
 5.2 電圧方程式
 5.3 トルク方程式
 5.4 運動方程式
 ★ 演習 電圧方程式から永久磁石同期モータの特性を求める
  

  
  

関連図書

        機械・装置

関連セミナー/ウェビナー

        機械・エレクトロニクス・コンピュータ
        自動車