化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版


~ 触媒からみるCO2利用、水素製造、バイオマス・廃プラの利用技術 ~
 
 

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】 のご案内

       開催日時:2021年11月30日(火)10:30~16:30 
       受 講 料:49,500円(税込)  * 資料付
          *メルマガ登録者 44,000円(税込)
          *アカデミック価格 26,400円(税込)
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
   → https://zoom.us/test
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★【メルマガ会員特典】2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。
 ★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者/新規登録希望者はこちらから]
 弊社のメルマガ会員(登録無料)は、参加費が10%引きになります。
 メルマガ登録者/新規登録者のウェビナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ受信可否「受信する」にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
 2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。ウェビナー参加のお申込は、お一人ずつ下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 4名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 室井 髙城 氏  アイシーラボ代表

【講師経歴】
 1968年 福島高専工業 化学科 卒業後、住友金属鉱山㈱ 入社、1969年 日本エンゲルハルド㈱(旧エヌ・イーケムキャット㈱) 2003年 執行役員、2006年 触媒学会 副会長 2008 年 アイシーラボ設立、BASFジャパン 主席顧問 2009年 日本ガス合成 執行役員 2014年 NEDO技術戦略研究センター環境・化学ユニット、客員フェロー

【表 彰】
 2005年 触媒学会 功績賞

【著 書】
 2003年「工業貴金属触媒」JITE社 、2008年 「工業触媒の劣化対策と再生、活用ノウハウ」S&T社、2013年 「工業触媒の最新動向」CMC出版、2013年 「シェールガス・オイル革命の石油化学への影響」S&T出版、2014年 「シェールガス革命 “第二の衝撃”日刊工業新聞社、2017年 「触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略」シーエムシー・リサーチ、2019年 「触媒からみる二酸化炭素削減対策2019」シーエムシー・リサーチ、2020年 「触媒からみる二酸化炭素削減対策 2020」シーエムシー・リサーチ、2021年 「触媒からみる炭素循環(カーボンリサイクル)技術 2021」シーエムシーリサーチ

セミナーの趣旨

 日本は2030年地球温暖化ガス46%削減,さらに50%削減を目指すことと2050年にはカーボンニュートラルを宣言した。欧米に後れを取っている日本にとっては極めて困難な課題であるが、実現しなければならない。欧州はグリーンディールを実行し始め水素戦略を前面に掲げている。日本はCCSを前提としたCO2削減は困難であるため炭素循環(CCU)がカーボンニュートラルの唯一の方法と考えられる。そのためには太陽光や風力などの再生可能エネルギーからの水素の製造とCO2フリー水素を用いた燃料と化学品の製造技術を確立しなければならない。資源的に制限の有るバイオマスは有効に利用されなければならない。また、国内で焼却処分されている廃プラや都市ゴミは貴重な炭素資源であるので、これらを用いてプラスチックのリサイクルと化学品原料とする必要がある。先行する欧米のカーボンニュートラル技術を知り、日本が2050年までに開発しなければならない技術を解説したい。開発のカギは触媒にあると言っても言い過ぎではない。

講師から

 欧州では、総力を挙げたグリーンディールが施行され始め、2050年に向かって新たな水素社会の構築を目指し始め多くのCO2フリーのグリーン水素を用いたプロジェクトが動き始めた。2050年までにCO2ゼロ社会にするためはCO2と再生可能水素を用いたエネルギー、化学品の製造は必須である。バイオマスが豊富にない日本でも都市ゴミを再生可能資源として使える。国内の余剰電力や再生可能電力による国産の燃料や化学品の製造は夢ではない。炭素循環に基づいた日本におけるビジネスの可能性を探したい。

セミナー対象者

 ・ 地球温暖化対策に関心のある研究者・技術者、技術企画、経営企画部門の方
 ・ 二酸化炭素、メタン、水素のいずれかまたはすべてに興味のある研究者・技術者、技術企画、経営企画部門の方

セミナーで得られる知識

 ・ 二酸化炭素排出削減、利用の取り組みの最新動向
 ・ Power to Gas, Power to Liquid の実際
 ・ 天然ガス/メタン利用の最新動向
 ・ 再生可能エネルギーを用いたエネルギー, 化学品製造技術
 ・ 水素社会関連技術の最新動向

プログラム

      ※ 適宜休憩が入ります。

Ⅰ. CO2削減対策
  
1. CO2排出の現状
 1) 世界のCO2排出量
 2) IPCCの報告
  
2. 世界のCO2削減対策動向
 1) グリーンディール政策
 2) IEAのカーボンニュートラルロードマップ
  
3. 日本の2030年、2050年カーボンニュートラル対策
 1) エネルギー基本計画
 2) カーボンプライシング
 3) CO2削減技術と課題
  
4. CO2の回収・捕集と貯留
 1) CO2の回収
 2) CCS(EOR, 欧州プロジェクト) 
 3) DAC(空気中のCO2の回収) 
  
5. 水素の製造と利用
 1)グリーン水素、ブルー水素
 2)メタン分解による水素(ターコイズ水素) 
 3)人工光合成技術の現状
 4)進み始めた国内外の水素プロジェクト
 5)水素キャリア(液体水素、アンモニア、MCH) 
 6) 燃料電池の現状(定置型燃料電池、燃料電池車) 
  
6. バイオマス利用によるCO2削減
 1)バイオマスによる燃料の製造
 2)バイオマスから化学品の合成
 3) バイオプラスチックの現状
  
7. 廃プラのケミカルリサイクルと都市ゴミ利用によるCO2削減
 1)廃プラの液化
 2)廃プラの液化海外技術と国内動向
 3) 廃プラのガス化
 4) 廃プラのガス化海外技術と国内動向
  
Ⅱ. CO2の利用技術
  
1. 合成ガスの製造
 1) ドライリフォーミング
 2) CO2の還元
 3) 共還元
  
2. CO2から燃料の合成
 1) メタンの合成
 2) DME
 3) LPGの合成
 4) e-fuel
 5) 航空燃料
 6) 船舶燃料
  
3. CO2から化学品の合成
 1) メタノールの合成
 2) メタノールから化学品の合成
 3) エタノールの合成
 4) エタノールから化学品の合成
  
4. CO2からポリマーの合成
  
5. 電解及び光触媒によるCO2利用
  

  
  

関連図書

        材料・合成技術

関連セミナー/ウェビナー

        材 料