化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】 のご案内

       開催日時:2021年8月25日(水)13:30~16:30 
       受 講 料:44,000円(税込)  * 資料付
          *メルマガ登録者 39,600 円(税込)
          *アカデミック価格 26,400円(税込)
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
   → https://zoom.us/test
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★【メルマガ会員特典】2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。
 ★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、ウェビナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のウェビナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
 2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。複数名の受講申込みで、メルマガ登録をされていない方がおられる場合には、メルマガ登録を行ってから、ウェビナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ  ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 4名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 酒井 俊郎 氏  信州大学 工学部 物質化学科 教授

【講師経歴】
 2002, 東京理科大学 理工学研究科 博士後期課程修了, 博士(工学)
 2002-2003, ㈱コンポン研究所(研究員)
 2003-2006, ニューヨーク州立大学バッファロー校(Research Associate)
 2006-2007, 東京理科大学 総合研究機構(プロジェクト研究員)
 2007-2012, 信州大学 ファイバーナノテク国際若手研究者育成拠点(助教)
 2012-2019, 信州大学 工学部 物質工学科・物質化学科(准教授)
 2019-現在, 信州大学 工学部 物質化学科(教授)

【研究歴】
 ・エマルションの基礎研究・蓄熱材の開発研究・⾦属ナノ粒⼦の合成法の開発研究・超⾳波化学など

【受 賞】
 2002, オレオサイエンス誌 第1回 オレオサイエンス賞
 2005, J. Oleo Sci.誌 第8回 エディター賞
 2008, 第42回 日本油化学会 進歩賞
 2009, J. Oleo Sci.誌 第12回 エディター賞
 2010, 色材協会賞(論文賞)
 2016, 2015 JSCM Most Accessed Pater Award

【所属学会】
 ・アメリカ化学会・日本化学会・日本油学会・日本薬剤学会・日本DDS学会 ・日本薬物動態学会・日本食品工学会・日本ソノケミストリー学会・日本マイクログラビティ応用学会・日本フラックス成長研究会・日本潜熱工学研究会・色材協会・材料技術協会・高分子学会・表面技術協会

【著書など】
 1. “エマルションの特性評価と新製品開発、品質管理への活用” 技術情報協会、第1章 エマルション評価の試料作製、条件設定、第1節「凍結割断レプリカ法によるエマルションの観察試料作製」酒井俊郎、2014年10月. ISBN: 978-4861045462
 2. “各種乳化技術ノウハウ・事例集” ㈱情報機構、第5章「エマルションの評価方法」第2節「物性の測定・評価法」酒井俊郎、2009. 2月. ISBN 978-4-90408

セミナーの趣旨

 「油」と「水」が過渡的に混合したエマルションは、時間が経つといずれは「油」と「水」に分離する。そのため、食品、医薬品、化粧品、塗料・インク、ポリマー材料合成などの様々な分野において、エマルション状態を維持することは重要な課題ある。本講義では、エマルション状態を維持するために必要な「界面活性剤などの乳化剤の特徴や役割」、また、「乳化剤(界面活性剤)を使用しない乳化技術」、「乳化剤フリーエマルショ
ン」について紹介する。

セミナー対象者

 本テーマに興味のある方

セミナーで得られる知識

 ・界面活性剤の基礎・O/Wエマルション, W/Oエマルション・乳化の基礎知識・O/Wエマルション, W/Oエマルションの不安定化および安定化機構・乳化剤を使用しない乳化技術

プログラム

                ※ 適宜休憩が入ります。
1.界面活性剤の基礎
 1-1 表面(界面)張力低下能
 1-2 ミセル形成(自己組織化能)
 1-3 クラフト点
 1-4 曇点
 1-5 可溶化
 1-6 吸着能
 1-7 乳化
 1-8 起泡力
  
2.乳化とエマルション
 2-1 乳化方法および乳化剤の役割
 2-2 エマルションの安定性と崩壊(凝集・合一、オストワルドライプニング、クリーミングなど)
 2-3 新しいタイプのエマルション
  
3.乳化剤を一切使用しない乳化技術“乳化剤フリー水中油滴型(O/W)、油中水滴型(W/O)エマルション”
 3-1 乳化剤フリーO/W, W/Oエマルションの分散安定性
 3-2 乳化剤フリーO/W, W/Oエマルション中の油滴はどのように成長するか?
 3-3 乳化剤フリーO/W, W/Oエマルションの長期分散安定化は実現可能か?
  
  

関連図書

        材料・合成技術

関連セミナー/ウェビナー

        材 料