化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

Trends in CFRP Market by End-Use Industry and Restructuring of Business Strategy

  ■ 発  行:2021年6月4日
■ 著  者:平野 康雄
■ 定  価:冊子版 70,000 円(税込 77,000 円)
       セット(冊子 + CD) 90,000 円(税込 99,000 円)
       ★ メルマガ会員:定価の10%引き!
■ 体  裁:A4判・並製・127頁
■ 編集発行:㈱シーエムシー・リサーチ
   ISBN 978-4-910581-03-3
  パンフレット

【テレワーク対応サービスのお知らせ】
 弊社発行書籍を、書籍+CDのセットで弊社から直接お買い上げいただいたお客様には、ご希望があればCD中のPDF等を弊社URLからテレワーク先でもダウンロード可能な手配をいたします。ご希望の方は、発注時に合わせてご連絡ください。

購入方法

 カートへの投入、あるいはFAX申込用紙にてお申込ください。
  冊子版
  セット(冊子+CD)
          FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、代金が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、書籍をご注文ください。  → メルマガ登録ページ 
  冊子版
  セット(冊子+CD)
          FAX申込用紙PDF 
 

本書の特徴

➢ コロナ禍、炭素繊維メーカーは航空機の機体の減産影響でどう展開してきているのか!
➢ 脱炭素の追い風により、炭素繊維メーカーは風量発電のブレード用に注力している!
➢ 近年注目を集めている、“可変軸複合材料(VAC)”についての開発状況をまとめた!
➢ 燃料電池・水素タンク用にCFRP などの高機能素材の採用拡大が一層見込まれている!
➢ コロナ前と後ではCFRP の用途がどう変わり、ビジネス戦略をどう再構築したか!
➢ 話題の“空飛ぶクルマ”、環境対応の動向としての“リサイクル”について解説!

= 刊行にあたって =

 CFRPは航空宇宙、自動車、風力発電、圧力容器分野を中心に市場拡大が進んできた。
 航空宇宙分野では、旅客機および貨物機の納入機数が2018年まで8年連続で増加してきたのに続き、今後約20年間で就航機数は倍増するとの期待が寄せられていた。これに伴い、CFRPは製造機数の増加に加え、燃費向上ニーズに対応してますますその採用が増えると期待されていた。しかし、COVID-19パンデミックにより環境は一変し、民間航空分野は危機的な状況に陥った。
 自動車、風力発電、圧力容器分野もCOVID-19の影響を大きく受けている。
一方で、CFRPが採用されてきた理由でもある燃費向上・CO2削減ニーズの継続に加え、カーボンニュートラルの考えがますます具体化されるにつれて、再生可能エネルギーやクリーンエネルギー利用の潮流がさらに強くなり、風力発電、水素ガス利用の社会的要請に対応するCFRPの採用増が進む環境が整ってきている。
 さらに、空飛ぶクルマのような新しいCFRP市場も具体化に向けて進んでいる。
 また、量産乗用車へのCFRP採用が視野に入ってきた現在、CFRPのリサイクルの重要性が強く求められるにようになってきている。
 このような状況に対応する、CFRPの需要家・サプライチェーンの動向をまとめた。
                                        平野康雄

著 者

平野 康雄

【著者略歴】
 1981年 大阪大学大学院 修士課程修了(高分子化学専攻)同年 宇部興産㈱ 勤務。自動車、航空機用繊維強化プラスチックの製品開発に従事。
 1988年 米国デラウェア大学より工学博士号授与(CFRPの力学特性専攻)。
 1992年 ㈱神戸製鋼所 勤務。自動車、電機製品用プラスチック・鉄鋼材料の製品開発に従事。
 2017年 ㈱アントレポ 勤務。繊維強化プラスチックに関する技術支援に従事。
 2019年 神戸技術オフィス設立。化学・プラスチックに関する調査、研究、教育に従事.。

内容見本


  
  
  
  
    
  
  
  

    

構成および内容

目次構成・内容一覧PDF
第1章 はじめに
1. 新型コロナウイルス感染症の影響
2. CFRPを取り巻く環境
 2.1 風力発電
 2.2 航空宇宙
 2.3 自動車
 2.4 土木建築
 2.5 圧力容器
 2.6 スポーツ・レジャー
 2.7 電線
 2.8 海底油田
 2.9 船舶
 2.10 コンポジットロール
 2.11 医療機器
3. ニュースリリース
参考文献
  
第2章 CFRP業界の動向
1. 素材メーカー(炭素繊維)
 1.1 生産能力
 1.2 2020年度の業績変化
 1.3 ニュースリリース
2. 素材メーカー(プラスチック)
 2.1 熱硬化性樹脂
  2.1.1 エポキシ樹脂
   ① Dow Automotive Systems(スイス)
   ② Hexion(米)
   ③ Hexcel(米)
   ④ Sicomin(仏)
   ⑤ Entropy Resins(米)
   ⑥ Huntsman(米)
  2.1.2 ビニルエステル樹脂
  2.1.3 フェノール樹脂
  2.1.4 シアネートエステル樹脂
  2.1.5 ビスマレイミド樹脂
  2.1.6 ポリイミド樹脂
  2.1.7 ベンゾオキサジン樹脂
  2.1.8 フタロニトリル樹脂
 2.2 熱可塑性樹脂
  2.2.1 ポリアミド
  2.2.2 ポリフェニレンサルファイド(PPS)
  2.2.3 ポリエーテルスルホン(PES)
  2.2.4 ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)
  2.2.5 ポリエーテルイミド(PEI)
  2.2.6 ポリエーテルケトンケトン(PEKK)
3. 中間材料メーカー
 3.1 熱硬化性プラスチック系SMC
 3.2 熱硬化性プラスチック系プリプレグ
  ① Toray Advanced Composites(米)
  ② Hexcel(米)
  ③ Solvay(仏)
  ④ Renegade Materials Corp(米)
 3.3 熱可塑性プラスチック系プリプレグ(テープ)
 3.4 その他
  ① Cevotec(独)のFPP(Fiber Patch Placement)プロセス
  ② NAWA Technologies(仏)のNAWAStitch(VACNTフィルム:垂直配向カーボンナノチューブフィルム)
 3.5 ニュースリリース
4. 成形・加工メーカー
 4.1 成形法と中間基材
 4.2 可変軸複合材料
  4.2.1 連続繊維三次元造形法(Continuous Fiber Printing:CFP)
  4.2.2 Tailored Fiber Placement(TFP)
  4.2.3 Automated Fiber Placement(AFP)
 4.3 ニュースリリース
参考文献
  
第3章 CFRP需要分野の動向
1. 自動車
 1.1 環境
  1.1.1 温室効果ガス排出量の削減
  1.1.2 燃費規制・CO2排出規制
  1.1.3 EV化を推進するための支援策
 1.2 自動車業界の対応
 1.3 CFRPに関連する動
  1.3.1 車両構造
  1.3.2 バッテリー
   ① TRB Lightweight Structures(英)
   ② SGL Carbon社(独)
   ③ SHD Composites(英)
   ④ Continental Structural Plastics(米)
 1.4 ニュースリリース
2. 航空宇宙
 2.1 民間航空機
  2.1.1 ボーイング
  2.1.2 エアバス
  2.1.3 エンブラエル(Embraer)(ブラジル)
 2.2 防衛
  2.2.1 ボーイング
 2.3 技術開発動向
 2.4 水素を動力源とする航空機
 2.5 ニュースリリース
3. エネルギー
 3.1 風力発電
  3.1.1 風力発電機メーカー
  3.1.2 風力発電機の構造とCFRPの採用
  3.1.3 ローター直径と発電容量
  3.1.4 CFRPスパーキャップ
参考文献
  
第4章 トピックス
1. 熱可塑性樹脂(CFRTP)
2. 自動車・運輸
 2.1 燃料電池車(FCV)
  2.1.1 燃料電池
  2.1.2 水素タンク
 2.2 持ち運べるクルマ
 2.3 鉄道
 2.4 ニュースリリース
3. 航空宇宙・防衛(空飛ぶクルマ)
 3.1 はじめに
 3.2 機体の開発状況
 3.3 主要参入企業
  ① Beta Technologies
  ② Joby Aviation
  ③ Volocopter
  ④ Ehang216
  ⑤ Lilium
  ⑥ SkyDrive(SD-XX SkyDriveコンセプトモデル)
  ⑦ Pipistrel(Nuuva V300)
  ⑧ Wisk(ボーイング社とキティホーク社の合弁会社)
 3.4 許認可・標準化の動向
 3.5 日本での実用化検討状況
 3.6 ニュースリリース
4. 風力エネルギー
5. 建設・インフラ
6. タンク(圧力容器)
 6.1 水素用圧力容器に関連する動き
  ① Universal Hydrogen
  ② SpaceTech4Sea(航空宇宙技術を海上で使用できるように改良するプロジェクト)
  ③ Cimarron Composites(米)
 6.2 LNG用圧力容器に関連する動き
 6.3 ニュースリリース
7. 海洋・船舶
8. 電気・電子製品
9. 医療
 9.1 医療機器
 9.2 福祉・介護機器
 9.3 ニュースリリース
10. スポーツ・レジャー
参考文献
  
第5章 リサイクル
1. 初めに
2. CFRPのリサイクル
3. ニュースリリース
参考文献
  
第6章 まとめと今後の課題
  

 

関連図書

        材料・合成技術

関連セミナー

        材 料