化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】 のご案内

       開催日時:2021年7月6日(火)10:30~16:30 
       受 講 料:49,500円(税込)  * 資料付
          *メルマガ登録者 44,000円(税込)
          *アカデミック価格 26,400円(税込)
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
   → https://zoom.us/test
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★【メルマガ会員特典】2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。
 ★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、ウェビナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のウェビナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
 2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。複数名の受講申込みで、メルマガ登録をされていない方がおられる場合には、メルマガ登録を行ってから、ウェビナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ  ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 4名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 阿部 淑人 氏 
 新潟県工業技術総合研究所 研究開発センター センター長(博士(工学))

【講師経歴】
 1988年 大日本印刷 入社、外観検査装置の開発等に従事。
 2003年  同 退社、新潟県工業技術総合研究所 入庁。以来、電磁計測、色彩計測、信頼性評価等の技術支援業務および画像機器、電力制御機器、自動機器等の研究開発業務に従事。

【活 動】
 電子情報通信学会シニアメンバー、映像メディア処理シンポジウム実行委員、日本画像学会技術委員会委員

セミナーの趣旨

 自動化・省力化を進めながら、いかに効果的に外観検査を実施するかを基礎から応用まで一緒に学びましょう。製品の外観を目視検査もしくは自動検査するために必要な知識の概要を示します。
 外観検査の概要と品質管理のシステム化をはじめとして,目視検査と自動検査の役割分担え、マテリアルハンドリングなどの周辺環境、検査装置を開発する際の体制構築や手順、ヒトの視覚・色覚や外観検査に有用な光学現象、照明方法、画像処理による欠陥の検出技術など,について理解を深めましょう。

セミナー対象者

 品質管理管理スタッフ,生産設備のフィールドエンジニア,外観検査装置の開発エンジニアなど

セミナーで得られる知識

 ・外観検査のシステム運用全般
 ・外観検査に関わる機器の基礎知識
 ・外観検査がうまく機能するための条件など

プログラム

      ※ 適宜休憩が入ります。

1. 製造DXと外観検査自動化の推進
 1.1. これから始める製造DX推進
 1.2. 外観検査とは?~目的と効果
 1.3. 外観(画像)検査の種別と効能
 1.4. 検査・計測と品質管理・品質保証
 1.5. 品質管理システムとは?~国際標準
 1.6. 機器の校正と不確かさの評価
  
2. 光学現象と照明の技術
 2.1. ヒトの色覚・視覚:
    目の仕組み・混色・錯覚・分解能…
 2.2. 種々の光学現象
 2.3. 種々の光学素子
 2.4. 光源と照明の基礎
 2.5. 照明の幾何条件
  
3. 外観検査のための画像処理技術
 3.1. 画像処理システムの概要
 3.2. 画像を入力する撮像装置
 3.3. 有害な変動要因を除去する前処理
 3.4. 良品と不良品を弁別する特徴抽出と図形認識
  
4. 外観検査の運用ノウハウ
 4.1. 限度見本と評価尺度の設定
 4.2. 目視検査の特徴と曖昧さ抑制
 4.3. 自動検査のロジック
 4.4. 自動検査と目視検査の役割分担
 4.5. 検査結果の活用
 4.6. 検査のためのマテハン
 4.7. 検査体制の構築と装置開
  

 

関連セミナー/ウェビナー

        特許・マネージメント・マーケティング 他