化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】 のご案内

       開催日時:2021年5月21日(金)13:30~16:30 
       受 講 料:44,000円(税込)  * 資料付
          *メルマガ登録者 39,600円(税込)
          *アカデミック価格 26,400円(税込)
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
   → https://zoom.us/test
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★【メルマガ会員特典】2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。
 ★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、ウェビナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のウェビナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
 2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。複数名の受講申込みで、メルマガ登録をされていない方がおられる場合には、メルマガ登録を行ってから、ウェビナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ  ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 4名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

神原 信志 氏
東海国立大学機構 岐阜大学教授 工学部化学・生命工学科 物質化学コース

【講師経歴】
 昭和61年4月 出光興産㈱
 平成15年5月 岐阜大学 助教授(工学研究科)
 平成25年6月 岐阜大学 教授(工学研究科)
 令和2年4月 岐阜大学 教授・副学長補佐

【活 動】
 平成5年12月 日本燃焼学会 研究奨励賞
 平成8年7月 日刊工業新聞社・環境庁環境賞 優良賞
 平成10年3月 日本エネルギー学会 進歩賞(技術部門)
 平成14年12月 日本燃焼学会 研究技術賞
 平成23年7月 日本エネルギー学会 論文賞
 平成25年2月 日本機械学会 環境工学部門 研究業績賞
 平成25年12月 日本燃焼学会 論文賞
 令和3年2月 日本機械学会 フェロー

セミナーの趣旨

 本セミナーでは、窒素のマテリアルフローからアンモニアの排出量について概観した後、既存のアンモニア排水の処理方法と最新の省エネ型の処理プロセスを紹介します。その後、回収アンモニアを原料として燃料電池で発電しCO2ゼロ・NOxゼロを実現できる新しいアンモニア処理プロセスの構成と性能を解説します。さらに、回収アンモニアのみならず、ブルーアンモニアを燃料として積極的に利用するCO2フリー発電システムについて、最新の動向と展望を解説します。

セミナー対象者

 アンモニアを含む排水の処理プラントを計画している企業(化学工業,半導体製造,食品加工,畜産,農業排水)、アンモニア処理施設のリプレースを計画している企業、アンモニア処理業者

セミナーで得られる知識

 窒素のマテリアルフローと既存のアンモニア処理法
 CO2排出ゼロの革新的なアンモニア処理法
 アンモニアのエネルギー(電力)化の方法

プログラム

              ※ 適宜休憩が入ります。
1. 窒素化合物のマテリアルフロー
 (1) 窒素化合物の発生源とマテリアルフロー
 (2) 大気および水域(排水)への排出量,排水規制
 (3) 窒素化合物の化学形態(気体,液体)

2. 排水中窒素化合物の処理
 (1) 各種処理方法とその特徴
 (2) ストリッピング法
 (3) 気液平衡・蒸留の原理
 (4) 省エネ型ヒートポンプ蒸留法

3. 回収アンモニアのエネルギーリサイクル
 (1) アンモニア回収・燃料発電システム
 (2) アンモニアから水素を生成する触媒
 (3) 高濃度アンモニア排ガスによる直接発電

4. 燃料としてのアンモニア
 (1) アンモニア燃料の特長と特性
 (2) 燃料アンモニアの位置づけ
 (3) 燃焼炉でのアンモニア利用
 (4) ガスエンジン発電機でのアンモニア利用
 
 

関連図書

        エネルギー

関連セミナー/ウェビナー

        エネルギー