化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】 のご案内

       開催日時:2021年6月11日(金)13:30~16:30 
       受 講 料:44,000 円(税込)  * 資料付
          *メルマガ登録者 39,600円(税込)
          *アカデミック価格 26,400円(税込)
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
   → https://zoom.us/test
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★【メルマガ会員特典】2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。
 ★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、ウェビナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のウェビナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
 2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。複数名の受講申込みで、メルマガ登録をされていない方がおられる場合には、メルマガ登録を行ってから、ウェビナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ  ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 4名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 冨田 斉 氏  一般社団法人 プラスチック循環利用協会 総務広報部

【講師経歴】
 1984年 大阪大学大学院 理学研究科修了(高分子学専攻)
 2016年 民間企業から(一社)プラスチック循環利用協会に出向 現在に至る

【活 動】
 現職でプラスチック及び廃プラスチックの循環的な利用に関する教育・学習支援並び
に広報を担当し、執筆や講演などを通じて、プラスチックの資源循環に関する情報などを発信している。

【著 書】
 「えねるみくす第99巻第1号」「INDUST 2019.5 No.379」「生活と環境 Vol.63 No.12(通巻 752号)」「化学装置 2018 第12号」「材料の再資源化技術事典」など

セミナーの趣旨

 プラスチックごみの海洋への流出による環境汚染や中国をはじめとするアジア各国による使用済みプラスチックの輸入規制措置、昨年7月には、ワンウェイプラスチック製容器包装・製品について、使用・廃棄削減を目的とした、レジ袋有料化義務が始まりました。さらにはバーゼル条約締約国会議では、本年1月からは汚れたプラスチックを輸出相手国の同意が必要となる等がスタートし、国内のプラスチックの一層の資源循環利用が求められています。
 プラスチック廃棄物を取り巻く状況は年々厳しいものとなりつつあり、排出抑制のためにはワンウェイの容器包装・製品の使用を削減すべきとの見方もあるが、例えばウィルス感染抑制の観点から必要性が再認識されているものも多くあります。プラスチックを論じるに際しては、そのマイナス面だけをとりあげるのではなく、プラス面についても十分に目を配る必要があります。
 本セミナーでは、プラスチックの用途等基礎から資源循環利用の現状について、解説いたします。

セミナー対象者

 プラスチックのリサイクルに興味のある方

セミナーで得られる知識

 プラスチックの基礎知識と国内のプラスチックのリサイクルの現状

プログラム

             ※ 適宜休憩が入ります。
1. プラスチックについて

2.プラスチックのリサイクルについて
 2-1 3つのリサイクル
  (1) マテリアルリサイクル
  (2) ケミカルリサイクル
  (3) サーマルリサイクル(エネルギー回収)
 2-2 循環型社会形成のための法制度としくみ
  (1) 基本法と個別リサイクル法
 2-3 有効利用率

3.LCAを考える
 3-1 LCAとは
 3-2 事例

4.最近のプラスチックに関するトピックス
 
 

関連図書

        材料・合成技術

関連セミナー/ウェビナー

        材 料