化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】 のご案内

       開催日時:2021年3月31日(水)10:30~16:30 
       受 講 料:50,000円 + 税  * 資料付
          *メルマガ登録者 45,000 円 + 税
          *アカデミック価格 24,000 円 + 税
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
   → https://zoom.us/test
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★【メルマガ会員特典】2名以上同時申込かつ申込者全員がメルマガ会員登録していただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額 となります。
 ★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、ウェビナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のウェビナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
 2名以上同時申込かつ申込者全員がメルマガ会員登録していただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額 となります。複数名の受講申込みで、メルマガ登録をされていない方がおられる場合には、メルマガ登録を行ってから、ウェビナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ  ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 4名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 古山 通 久氏  信州大学 先鋭材料研究所 教授

【講師経歴】
 ’20.04~’21.03 新エネルギー・産業技術総合開発機構 水素製造技術開発検討委員会 委員
 ’20.04~現在 ㈱マテリアルイノベーションつくば 研究戦略企画部長
 ’19.12~現在 ㈱X-Scientia 代表取締役
 ’18.04~現在 信州大学 先鋭材料研究所 教授
 ’16.10~現在 広島大学大学院 先進理工系科学研究科 客員教授
 ’16.10~’20.03 物質・材料研究機構 エネルギー・環境材料研究拠点 ユニット長
 ’10.04~’18.03 九州大学大学院 工学府 水素エネルギーシステム専攻 教授
 ’08.11~’18.03 九州大学 稲盛フロンティア研究センター 次世代エネルギー研究部門 教授
 ’03.10~’08.11 東北大学大学院 工学研究科 助教
 ’02.04~’03.09 東京大学大学院 工学系研究科 博士研究員
 ’02.03 東京大学大学院 工学系研究科 修了 博士(工学)

【研究歴】
 材料、デバイス、システム、社会設計の観点から水素エネルギー関連の研究を展開。2019年には、技術統合化の観点から再生可能エネルギーからの経済合理的な水素製造システムを提案。現在、地域再生可能エネルギーからの安価な水素製造の実証に向けて取り組んでいる。

【所属学会】
 化学工学会、電気化学会、日本化学会など、化学工学会次世代エネルギー社会検討委員会 副委員長、化学工学会エネルギー部会 副部会長などを歴任。

【近 著】
 1. 古山通久、「1.水素普及シナリオ 1-1 水素活用は避けて通れない」、世界水素ビジネス 全体動向編、pp. 16-31、日経 BP (2020)
 2. M. Koyama, Chapter 16. Toward Economically Rational Hydrogen Production from Solar Energy: From Battery versus Hydrogen to Battery × Hydrogen, in Nanostructured Materials for Next-Generation Energy Storage and Conversion: Photovoltaic and Solar Energy, T. A. Atesin, S. Bashir, J. Liu Eds., Springer, 2019, pp. 457-470.

セミナーの趣旨

 再生可能エネルギーの主力電源化が目指されている一方で、再生可能エネルギーの接続保留や出力制御が社会問題として顕在化してきた。固定価格買取制度終了後の再生可能エネルギーの買取価格も少しずつ明らかになり、電力システム改革の姿が少しずつ見えてくるなど、再生可能エネルギーを取り巻く状況は変化し続けている。しかし、脱炭素を目指すためには、現在のコネクト&マネージなどの制度のもとではまったく不十分であることは自明である。再生可能エネルギーは稼働率が低いため、主力電源となるためには、電力需要を大きく超える設備容量の設置が必要となり、大規模な蓄エネ技術が必要だ。
 本講座では、急速に変わりゆく一次エネルギーの位置づけと生まれつつある技術の動向を踏まえ、再生可能エネルギーが主力電源となる再生エネ4.0を実現するためのカギとなる再生可能エネルギーからの経済合理的な水素製造の姿を考えるための基礎について解説する。

セミナー対象者

 ・脱炭素に向けたエネルギーの姿に興味のある方
 ・国内再生可能エネルギーからの水素製造の経済合理性に悩んでいる方
 ・新規で水素関連事業をお考えの方
 ・今後の発電技術の潮流について確認したい方
 ・イノベーションを起こしたい方、その他、
本テーマに興味のある方

セミナーで得られる知識

 ・再生可能エネルギーの主力電源化の理念と接続保留
 ・出力抑制のギャップを埋める方向性
 ・水素エネルギーの基礎知識
 ・蓄電池や水素エネルギーの普及の動向
 ・再生可能エネルギー主力電源化と蓄エネ技術としての水素のあり方

プログラム

      ※ 適宜休憩が入ります。

0. はじめに
 0.1 Landscape, regime, niche technologies
 0.2 将来の主流を考える「シグナル」

1.脱炭素時代のエネルギー
 1.1 投資引き上げとESG
 1.2 急速に変化する社会の要請
 1.3 ゆらぐ26%削減と不透明な排出実質ゼロ
 1.4 再生可能エネルギーの世界の導入量
 1.5 世界における各種発電技術の発電原価の推移
 1.6 国内における各種発電技術の発電原価の推移
 1.7 変わりつつあるLandscapeから見える次代のパラダイム

2.電気化学的蓄エネルギー技術
 2.1 主要な選択肢リチウムイオン電池、フローバッテリー、水素エネルギー
 2.2 蓄電池の普及の現状(世界、日本)
 2.3 水素・燃料電池の普及の現状(世界、日本)
 2.4 再生エネ4.0時代における蓄エネルギー
  2.4.1 各種再生エネの2050年の国内発電量推定の例
  2.4.2 変動対策2.0から3.0へ
  2.4.3 再生エネ100%の電力システムの姿

3.再生可能エネルギーからの水素製造の課題
 3.1 水素ステーションでの販売価格から見た要求目標
 3.2 投資回収の基本の確認
 3.3 主要な製造技術(水電解、光触媒、熱化学)
 3.4 低コスト化に向けた課題

4.蓄電池か水素かの経済合理性
 4.1 電気エネルギーの変換、貯蔵
 4.2 貯蔵時間と技術選択

5.経済合理的な水素製造
 5.1 補助金ビジネスはやめよう
 5.2 海外で製造しよう
 5.3 国内で製造しよう
  5.3.1 再生エネの主力電源化のために
  5.3.2 蓄電池×水素の合理性
  5.3.3 蓄電池×水素のシステム最適化例

6.世界・国内の動向とこれから
 6.1 国内外の動向
 6.2 さらなる低コスト化戦略の考え方

 

関連図書

        エネルギー
        電池技術・市場

関連セミナー/ウェビナー

        エネルギー
        電 池