化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】 のご案内

       開催日時:2021年5月19日(水)10:30~16:30 
       受 講 料:55,000 円(税込)  * 資料付
          *メルマガ登録者 49,500 円(税込)
          *アカデミック価格 26,400 円(税込)
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
   → https://zoom.us/test
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★【メルマガ会員特典】2名以上同時申込かつ申込者全員がメルマガ会員登録していただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。
 ★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、ウェビナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のウェビナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
 2名以上同時申込かつ申込者全員がメルマガ会員登録していただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。複数名の受講申込みで、メルマガ登録をされていない方がおられる場合には、メルマガ登録を行ってから、ウェビナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ  ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 4名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 下司 雅章 氏  大阪大学 ナノサイエンスデザイン教育研究センター 特任准教授

【講師経歴】
 第一原理計算を用いての物性研究、特に高圧物性、スピントロニクス、最近は結晶構造探索法の開発も研究を進めている。第一原理計算関連の人材育成(計算機マテリアルズデザイン(CMD®)ワークショップの事務局( http://phoenix.mp.es.osaka-u.ac.jp/CMD/index.html ))およびHigh Performance Computing関連の人材育成(計算科学技術特論 A/B( https://www.r-ccs.riken.jp/library/event/tokuronB_2020.html ))も行っている。日本物理学会、日本高圧力学会に所属。関連書籍 「計算科学のためのHPC技術1&2」 http://www.osaka-up.or.jp/books/ISBN978-4-87259-586-4.html http://www.osaka-up.or.jp/books/ISBN978-4-87259-587-1.html 、The Art of High Performance Computing for Computational Science, Vol.1 https://www.springer.com/gp/book/9789811361937 、The Art of High Performance Computing for Computational Science, Vol.2

セミナーの趣旨

 第一原理計算は、量子力学に基づいた原子、分子レベルの挙動を高い精度で再現できるツールとして、近年導入を検討される企業が増えてきている。2000 年以降それらのソフトウェアのパッケージ化が進み、有償無償の多くのものが入手可能になっているが、その違いが分からないまま使われている事例を見かける。ユーザーフレンドリな GUI も開発が進み、マウスだけの操作でもかなりのことが出来るようになってきてものもあるが、それゆえに中身を詳しく知らなくても結果が出てくるため、かえってその結果の正しさを判断する力がないと間違った結果を信じてしまう可能性もある。正しく使用するために、実際に使うための準備や手順、それを正しく使うための知識などについて、実際にやる内容を中心に説明する。導入を決めた場合にでも、実行するための計算機が必要で、その管理運営にはどのようなことがあるのかも紹介する。また、京コンピュータが大きく注目されたが、これを使えば何でもできるという過剰な期待を持つ人も多い。計算科学、その中での第一原理計算の位置づけを理解し、何が出来るのか、何ができないのか、どう利用するのが良いのかといったことについて紹介する。

セミナー対象者

 ・ 第一原理計算とはどういうものかを知りたい方
 ・ 第一原理計算で出来ることは何かを知りたい方
 ・ 第一原理計算あるいは物質科学系の科学技術計算ソフトウェアの導入を検討している方
 ・ スパコンやPCクラスタなどの高性能計算機を利用あるいは導入を考えている方

セミナーで得られる知識

 ・ 第一原理計算の概要とそれを学ぶための情報
 ・ いくつもある第一原理計算ソフトウェアの特徴と違い
 ・ その他の物質科学系の科学技術計算ソフトウェアに関する概要
 ・ 計算科学を導入する場合に考えるべき事項
 ・ 科学技術計算ソフトウェアを利用するための計算機の導入や利用についての情報

プログラム

      ※ 適宜休憩が入ります。

1. 物質科学・材料科学におけるシミュレーション
 1.1 物質科学・材料科学におけるシミュレーションの種類
 1.2 第一原理計算の概要
 1.3 いくつかの応用事例
 1.4 シミュレーションは日本が生き残るための必須事項
    ~ ICTスキルの向上、人間は同じことを繰り返すと間違える!~
  
2. 密度汎関数理論に基づいた第一原理計算
 2.1 簡単な理論的背景
 2.2 計算手法の種類と特徴~一つの方法で全てのことが出来るのではない!~
 2.3 実際の第一原理計算ソフトウェアとはどういうものか
    ~ ソースコードから入手方法まで ~
 2.4 具体的計算の手順
    ~ 入力ファイルから出力ファイルの中身について
 2.5 第一原理計算実施の注意点
    ~“ちゃんと”計算しないと意味がない!~
  
3. 第一原理計算を実施する環境整備
  ~ ソフトウェア、PCクラスタからスパコンまで ~

 3.1 どんな計算機を用意すべきか
    ~ スパコンを使えば何でも出来るのではない!~
 3.2 現在の計算機の動向
    ~ スパコンランキングの正しい見方 ~
 3.3 外部計算機の利用の仕方
 3.4 第一原理計算ソフトウェアのインストール
 3.5 実際に導入する場合のアドバイス
  
4. 第一原理計算を社内に導入すべきか?
 4.1 第一原理計算は社内の研究に必要か?
 4.2 どんなソフトウェアを選ぶべきか?
    ~ 有名ソフトが必ずしも良いのではない! ~
 4.3 誰がやるのか? どうやって学べばよいのか?
 4.4 アカデミアと共同研究をする時のポイント
 4.5 実りある成果を得るために。
    ~ 餅屋は餅屋に任せつつ、修行もする!?~
  
  時間によって第一原理計算の簡単な実演
  

 

関連図書

        機械・装置

関連セミナー/ウェビナー

        機械・エレクトロニクス・コンピュータ