化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ スタートアップから新規事業、永続的企業活動まで ~

当該ウェビナーは、同日同時刻の セミナー が【ライブ配信】のみの開催に変更になったものです。

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】 のご案内

       開催日時:2020年6月25日(木)10:30~16:30 
       受 講 料:44,000円 + 税  * 資料付
           ★【ライブ配信】のみの開催に変更し、受講料を 値下げしました!
          *メルマガ登録者 35,000 円 + 税 (20%引き)
          *アカデミック価格 24,000 円 + 税
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。推奨環境は当該ツールをご参照ください。後日、視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。 詳細は  こちら  をご覧ください。
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★【メルマガ会員特典】ウェビナー開始キャンペーン中につき、通常の特典(2名目無料、3名目以降半額)は適用外 となりますが、 定価の20%引 でご参加いただけます。
 
お申し込み受付中

申込方法

 セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。

 
[メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、ウェビナー開始キャンペーン中につき、 定価の20%引き でご参加いただけます。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加をお申込ください。 → メルマガ登録ページ  
 メルマガ登録者のセミナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。
 
[アカデミック価格申込者はこちらから]
 
[FAXでのお申込みはこちらから]
             FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 尾内 敏彦 氏  Tera-eyes 技術研究所 所長/代表・筑波大学 教授

【講師経歴】
 1988年3月 東京工業大学大学院 理工学研究科 修了
 1988年4月-2018年3月 キヤノン㈱(R&D本部、知財本部)・光デ バイス・システムの研究開発と製品導入・テラヘルツデバイス・イメージング技術の研究開発・知的財産人材育成・グループ会社知財支援
 2004年10月-2008年3月 理化学研究所チームリーダー(兼務)
 2018年4月-現在 筑波大学 国際産学連携本部 教授(起業家教育)
 2019年9月-現在 Tera-eyes 技術研究所 所長/代表(技術・知財コンサルティング、兼業)
 2002年 博士(工学)、2005年 技術士(電気 電子部門)、2013年 弁理士試験合格

セミナーの趣旨

 事業活動に知的財産が重要であることは誰しもが認識し知的財産法を学ぶ研修は多くあるものの、技術開発者や企画担当者、および近年発展の目覚ましいスタートアップ創立者などが実践的に身に付けるべき内容をパッケージ化した講座は少ない。本セミナーは、講師の大手企業R&D開発リーダーおよび知財人材育成における経験と、現在大学起業家教育を担当する立場から、演習を含め実践スキルが身に付くようにアレンジしたものである。特に座学では習得が難しい、発明の捉え方・認識についての理解や、一行要約による発明の本質の説明、クレーム骨子作成、知財担当者等との発明の共有、権利の最大化ができるようになる。これにより、開発の課題解決の段階から発明の発掘を行い、事業を活性化する知財活動を技術開発と一体となって行うことで、第三者に対する参入障壁を最小限のコストで構築する人材を育成することが出来る。

セミナー対象者

 ・企業の技術開発者、事業企画担当者で知的財産の創出、戦略策定を行いたい方
 ・知的財産担当者で技術者の立場から知識を深めたい方
 ・社内知財人材育成を企画する方
 ・スタートアップ、ベンチャー・中小企業で知的財産の強化を考えている方

セミナーで得られる知識

 ・知的財産の概要、権利化、活用基礎知識
 ・発明の認識と捉え方、クレーム骨子作成、発明提案書作成
 ・技術戦略・特許戦略の策定

プログラム

  ※ 適宜休憩が入ります。

1.知的財産の基礎 
 1.1 知的財産と意義 
 1.2 特許法のエッセンス 
  1.2.1 法目的と効力 
  1.2.2 発明とは 
  1.2.3 特許されるためには 
 
2.発明の発掘と権利化 
 2.1 発明の認識と先行技術調査 
  2.1.1 発明の認識ステップ 
  2.1.2 先行技術調査と発明のブラッシュアップ(演習含む)
 2.2 発明の捉え方とクレームの考え方
  2.2.1 クレームの理解
  2.2.2 クレーム骨子作成(演習含む)
  2.3 発明提案書の作成 
   2.3.1 特許明細書の読み方
   2.3.2 発明の本質を正しく反映するために(演習含む)
  2.4 拒絶対応の仕方
   2.4.1 拒絶対応の本質
   2.4.2 対応策のバリエーション 
 
3.知的財産の戦略と活用
 3.1 事業プランと知的財産戦略
  3.1.1 事業フェーズと知財戦略
  3.1.2 特許マップとオープンクローズ
 3.2 事業活動と知的財産の活用
  3.2.1 連携活動と知財
  3.2.2 スタートアップと知財 
 
4.まとめと今後の展望 

 

関連セミナー

        特許・マネージメント・マーケティング 他