化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】 のご案内

       開催日時:2020年9月28日(月)13:30~16:30 
       受 講 料:45,000円 + 税  * 資料付
          *メルマガ登録者 36,000 円 + 税 (20%引き)
          *アカデミック価格 24,000 円 + 税
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。推奨環境は当該ツールをご参照ください。後日、視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。 詳細は  こちら  をご覧ください。
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★【メルマガ会員特典】通常の特典(2名目無料、3名目以降半額)は適用外となりますが、 定価の20%引 でご参加いただけます。
 
お申し込み受付中

申込方法

 セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。

 
[メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、ウェビナー開始キャンペーン中につき、 定価の20%引き でご参加いただけます。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加をお申込ください。 → メルマガ登録ページ  
 メルマガ登録者のセミナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。
 
[アカデミック価格申込者はこちらから]
 
[FAXでのお申込みはこちらから]
             FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 畠山 賢一 氏  兵庫県立大学 名誉教授/工学研究科特任教授, EMC プラザ代表

【講師経歴】
 昭和54年4月 日本電気㈱ 入社
 平成10年4月 姫路工業大学(現兵庫県立大学)工学部 助教授
 平成18年4月 兵庫県立大学大学院 工学研究科 教授
 平成30年3月 定年退職

【研究歴】
 電波吸収体、電磁遮へい材、透過材、電波 暗室などの材料開発、設計法の研究

【所属学会】
 電子情報通信学会、電気学会、IEEE

【主な著書】
 ミリ波技術の基礎と応用 (共著),リアライズ社(1998)
 電磁シールドの最新技術と材料(共著),シーエムシー出版(1998)
 環境電磁ノイズハンドブック(共著),朝倉書店(1999)
 情報通信機器のノイズイミュニティ(共著),コロナ社(2002)
 最新電波吸収体設計・応用技術(共編著)、シーエムシー出版(2008)
 初めて学ぶ電磁遮へい講座(共著)、科学技術出版(2013)
 ミリ波応 用技術―アンテナ・回路・基板・材料―、(共著)S&T出版(2018)
 マイクロ波回路と電波伝搬(共著)、ふくろう出版 (第2版,2020)
 最新ミリ波吸収、遮蔽、透過材の設計、実用化技術(監修)、シーエムシー出版(2020)

セミナーの趣旨

 自動車レーダや5Gなどで重要性が増しているミリ波帯における電波吸収体、遮へい材、透過材について、電波伝搬の基礎から設計の考え方、設計例を解説します。簡単な数学を用いますがセミナーで説明しますので、事前の準備等は不要です。
 まず、電波伝搬の基礎事項である周波数、波長、波動インピーダンス、伝搬定数などについて解説し、次に、反射、透過、整合など吸収体、遮へい材、透過材に特有な電波伝搬現象を説明します。本セミナーではこれらの現象を2端子網電気回路の等価回路で簡単化して扱います。
 電波吸収体を作るためには損失材を用いますし、透過材を作るためには無損失材を用いなければなりません。本セミナーでは、損失材、無損失材をどのように用いれば吸収体や遮へい材、透過材として機能するのかについて、既存の誘電体、導電材だけでなく人工誘電体を加えて解説します。続いて、電波吸収体、電磁遮へい材、透過材について、設計の考え方、設計例を紹介します。
 本セミナーでは理解を深めるために、誘電率、導電率、透磁率などの材料定数を設定し、吸収特性、遮へい特性透過特性などを計算する例(エクセル)を紹介します(このプログラムはセミナー終了後配布します)。

セミナー対象者

 本セミナーでは、電波工学が専門ではないエンジニアの方々を対象とし、ミリ波帯の電波吸収体、電磁遮へい材、透過材について基礎的な事柄や設計の考え方を解説し、設計例を紹介します。

セミナーで得られる知識

・電磁波吸収・遮へい・透過に必要な電波伝搬基礎・電波伝搬と伝送線路、等価回路・電波吸収体、電磁遮へい材、透過材設計の考え方・反射・吸収・透過などの現象の理解、整 合手法・ミリ波電波吸収体の設計例・全透過条件、全透過構成の設計例・導電材板遮へい特性、近傍界遮へいの考え方

プログラム

      ※ 適宜休憩が入ります。

1.電波吸収体、電磁遮へい材、透過材概略 

2.電波伝搬の基礎、および反射、透過、吸収
 2-1 電波伝搬の基礎
 2-2 電波伝搬と伝送線路、2端子網電気回路
 2-3 電磁波の反射、透過、吸収

3.吸収体、遮へい材、透過材の構成材料
 3-1 誘電体、導電材、磁性材
 3-2 人工誘電体

4.吸収体設計の考え方
 4-1 各種電波吸収体
 4-2 各種の整合法と吸収体 構成例
 4-3 ミリ波電波吸収体の設計例
 4-4 電波吸収特性のシミュレーション

5.透過材設計の考え方
 5-1 全透過条件とこれを満たす構成法
 5-2 単層構造の透過材構成例
 5-3 多層構造の透過材構成例
 5-4 斜め入射の取り扱い、斜め入射を含む透過材の特性
 5-5 斜め入射特性のシミュレーション(単層構造)

6.電磁遮へい材設計の考え方
 6-1 遠方界と近傍界
 6-2 導電材板の遠方界遮へい特性

7.まとめ

 

関連図書

        機械・装置

関連セミナー/ウェビナー

        機械・エレクトロニクス・コンピュータ