化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチセミナーのご案内

       開催日時:2020年1月28日(火)13:30~16:30 
       会  場:ちよだプラットフォームスクウェア 5F  → 会場へのアクセス 
            〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
       受 講 料:45,000円 + 税    ※ 資料付
             * メルマガ登録者は 40,000円 + 税
             * アカデミック価格は 24,000円 + 税
            パンフレット
 
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★ 【メルマガ会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。※ 他の割引と併用はできません。
 ★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。折り返し、聴講券、会場地図、請求書を送付いたします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のセミナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
  2名以上同時申込で、申込者全員メルマガ会員登録をしていただいている場合、2人目は無料です。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。複数名の受講申込みで、メルマガ登録をされていない方がおられる場合には、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ  セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (メルマガ価格)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料無料)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者4 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者5 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 6名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

河野 隆二 氏
横浜国立大学 大学院工学研究院 知的構造の創生部門 教授、
社会・自然科学(文理)融合による新医療システム研究の卓越拠点 拠点長、
かながわ医療機器レギュラトリーサイエンスコンソーシアム 会長、
フィンランド・オウル大学 Faculty of Information Technology and Electrical Engineering, Distinguished Professor兼務

【講師経歴】
昭和59年3月 東京大学大学院 工学系研究科 電気工学専攻博士(後期)課程修了、工学博士
昭和59年4月 東洋大学 工学部 電気工学科 専任講師着任、助教授昇任(昭和63年3月まで)
昭和59年9月 カナダ・トロント大学 電気工学科 客員研究員(昭和60年9月まで)
昭和63年4月 横浜国立大学 工学部 電子情報工学科 助教授着任、平成10年4月 同教授昇任(現在に至る)
平成11年4月 ㈱ソニーコンピュータサイエンス研究所 先端情報通信研究室 室長兼業(平成14年3月まで)
平成14年8月 独立行政法人 通信総合研究所 UWB結集型特別グループ,同情報通信研究機構医療支援ICTグループリーダ,プログラムコーディネータ兼業(平成23年3月まで)
平成15年1月 総務省 情報通信審議会 専門委員(現在に至る)
平成17年10月 横浜国立大学 未来情報通信医療社会基盤センター センター長兼務(平成31年3月まで)
平成19年4月 フィンランド・オウル大学 無線通信センター Finnish Distinguished Professor (FiDiPro) (現時に至る)
平成22年7月 国際標準化機構 IEEE802.15.6 医療用無線 BAN Super Alliance, Chair(平成24年2月TG802.15.6標準成立まで)
平成24年3月 University of Oulu Research Institute Japan-CWC 日本㈱ CEO兼業
平成24年7月 国際標準化機構 IEEE802.15 IG-Dependability 議長(現在に至る)
平成24年3月 横浜国立大学 社会・自然科学(文理)融合による新医療システム研究の卓越拠点 拠点長(現在に至る)
平成26年9月 かながわ医療機器レギュラトリーサイエンスコンソーシアム 会長(現在に至る)

【活 動】
・総務省情報通信審議会陸上移動無線委員会専門委員・電子情報通信学会(IEICE) ワイドバンドシステム研究会、スマート無線研究会、ITS研究会、ヘルスケア医療ICT研究会、高信頼制御通信研究会の初代研究専門委員長・国際標準化機構IEEE802.15 IG-DEP高信頼無線ネットワーク委員会 議長・IEEE Fellow, IEICE Fellow・公益財団法人電気・電子情報学術振興財団 理事・国内外民間企業 技術顧問、CEOなど

セミナーの趣旨

 5G、iPhone11、キーレスエントリーのリレーアタック対策、自動運転用レーダー、地中レーダー、医療応用などへの超広帯域(Ultra Wide Band; UWB)無線の導入が国内外で沸騰している。その理由に、マイクロ波帯UWBによるAppleのUWBチップ利用AireDrop、ミリ波帯UWBによる衝突防止レーダーなどの市場拡大、電波法の改正による、元々超高速伝送、超高精度測距測位、情報セキュリティなどのUWB無線の他では達成できない利点が再認識されている。技術だけでなく国際標準化によるビジネス面での好機である。本講座では、UWB無線の最新のビジネスチャンスに焦点を絞り、UWB無線の新規技術、電波法改正、標準化更新、新規ビジネス創生の全貌を詳細に解説する。受講者には、UWB無線の第一人者と自負する講師が、講座後のビジネスコンサルテーションの機会を提供する。

セミナー対象者

 ・iPhone, Smart Phone、Keyless EntryなどのIoT家電のUWBチップ応用による独自サービス開発と国際標準化による超高速超高信頼データ伝送、超高分解能測位測距などの新たな世界市場でビジネスを企画する研究開発、技術営業、・自動車メーカ、カーエレクトロニクスのTier1,2,3などの、UWBの衝突防止レーダー、遠隔自動車モニタリング・遠隔制御、車内無線ネットワークなどの自動車応用分野の研究開発、技術営業・ヘルスケア・医療機器の高信頼化、高機能化を研究開発、製造販売する医療機器メーカやその部品・センサ・モジュールを供給するベンダー・UWB技術に関する電波法に関わるARIB、総務省電波行政関連部署の技術職、キャリア、各社技術適合証明やレギュレーション担当者・道路(NEXCO)、橋梁、ビル(ゼネコン)、線路(電鉄)および、それらのメインテナンスに関わる公共機関、下請け事業者・ドローン、運送事業者 専門技術者よりも、技術営業、新規ビジネス発掘担当、5Gや4k・8kテレビビジネス、医療や自動車・カーエレクトロニクスに何とか参加する意欲のある新規参入者に是非、受講いただきたい。もちろん、技術者には更なる高みを目指す方向性や解決すべき技術課題など、研究開発のネタを提供します。

セミナーで得られる知識

 新規ビジネスの壺となるUWB無線の神髄、究極の無線としての通信以外の応用、ビジネスに必須なUWBに関する最新の電波法、国際標準化の詳細、動向

プログラム概要

1. なぜ、また超広帯域(Ultra Wide Band; UWB)無線?
2. UWB無線のビジネスチャンス
3. UWB無線の電波法改正による新局面
4. UWB無線に関連する国際標準化動向、どこが目をつけているのか?
5. UWB無線でビジネスの切り札となる技術
6. 医療、自動車、インフラ、流通、エネルギー、防災、スポーツの他業種のコア技術、コア特許
7. 日本国内、欧州、北米、東アジア、東南アジア、中東、アフリカ、南米、スカンジナビアのビジネスオポチュニティ、新規ビジネス戦略
8. What’s Next? 先読み

プログラム

  ※ 適宜休憩が入ります。

1. なぜ、また超広帯域(Ultra Wide Band; UWB) 無線?
 ・なぜ、iPhone11、キーレスエントリー、カーレーダー他に採用・公開情報の裏にある本当の理由とは。

2. UWB無線のビジネスチャンス
 ・UWB無線の原理や利欠点の本質を理解し、新たな応用、新規ビジネス

3. UWB無線の電波法改正による新局面
 ・屋外応用への突破口。諸外国との共通性と特異性がビジネスチャンス

4.UWB無線に関連する国際標準化動向、どこが目を つけているのか?
 ・世界動向、特に大手がUWBを採用する理由と、寡占化か標準化か?

5. UWB無線でビジネスの切り札となる技術
 ・なぜ、今までブレークしなかったかの理由と、そのブレークスルーは?
 ・UWB無線を大量導入するためのデバイス、モジュール、アンテナのベンダーは?
 ・Tier1以外にもTier2,3にビジネスチャンスはある。
 ・UWB無線の物理層を前提にしたLayer1,2,3とAI/データサイエンスのユニバーサルプラットフォーム

6. 医療、自動車、インフラ、流通、エネルギー、防災、スポーツの他業種のコア技術、コア特許
 ・多様な応用、ユースケースに共通なコア技術と特許、サプライ・サービスチェーン(リスク分散・利益分配)

7. 日本国内、欧州、北米、東アジア、東南アジア、 中東、アフリカ、南米、スカンジナビアのビジネスオポチュニティ、新規ビジネス戦略
 ・先進国用ばかりでなく、途上国ならではのニーズ、廉価超多数導入など。

8. What’s Next? 先読み。

 

関連図書

        機械・装置

関連セミナー

        機械・エレクトロニクス・コンピュータ