化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ センサー開発を中心として ~

CMCリサーチセミナーのご案内

       開催日時:2019年11月27日(水)13:30~16:30 
       会  場:ちよだプラットフォームスクウェア B1F  → 会場へのアクセス 
            〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
       受 講 料:45,000円 + 税    ※ 資料代含
             * メルマガ登録者は 40,000円 + 税
             * アカデミック価格は 24,000円 + 税
            パンフレット
 
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★ 【メルマガ会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。※ 他の割引と併用はできません。
 ★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。折り返し、聴講券、会場地図、請求書を送付いたします。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のセミナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
  2名以上同時申込で、申込者全員メルマガ会員登録をしていただいている場合、2人目は無料です。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。複数名の受講申込みで、メルマガ登録をされていない方がおられる場合には、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ  セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (メルマガ価格)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料無料)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者4 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者5 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 6名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 前橋 兼三 氏
 東京農工大学大学院 工学研究院 先端物理工学部門 教授

【講師経歴】
 大阪大学大学院 工学研究科 電気工学専攻 博士前期課程・修了、大阪大学・産業科学研究所助手~准教授、東京農工大学・大学院工学研究院 教授 現在に至る

【研究歴】
 これまで、分子線成長法を用いた化合物半導体の開発、カーボンナノチューブおよびグラフェンの合成、ナノカーボンを用いたデバイス、量子デバイス、バイオ・化学センサ
ーの開発を行ってきた。

【所属学会】
 応用物理学会大分類分科ナノカーボン代表、応用物理学会講演会企画運営委員、応用物理学会薄膜表面分科会幹事

セミナーの趣旨

 グラフェンは、炭素原子とその結合からできた1 原子層の炭素層であり、蜂の巣格子状に配列した六角形格子構造をしている。そのため、そのバンド構造より移動度が驚くほど高くなる。さらに、グラフェンは、バルク部分がない完全な2次元物質であるので、グラフェンの表面への分子の吸着がグラフェンの性質に与える影響は、3次元物質に比べて非常に大きいことが予想できる。本セミナーでは、グラフェンの持つ構造、電気特性等について説明し、その特徴を生かしてナノデバイスを作製し、応用技術の中でセンサーの開発を中心に紹介する。また、カーボンナノチューブの特性、応用例も説明し、グラフェンと比較する。

セミナー対象者

 ・グラフェン・カーボンナノチューブに興味がある方
 ・バイオ・化学センサーに興味がある方

セミナーで得られる知識

 ・グラフェン・カーボンナノチューブの基礎知識
 ・グラフェン・カーボンナノチューブの合成に関する知識
 ・グラフェンデバイスに関する知識
 ・半導体デバイスを用いた生体分子の電気的検出に関する知識

プログラム

  ※ 適宜休憩が入ります。

1 ナノカーボン

2 グラフェン・カーボンナノチューブの特性
 1)グラフェン
 2)カーボンナノチューブ(CNT)
 3)特性の比較

3 合成および評価方法
 1)グラフェンの合成方法
  a)機械剥離法
  b)化学剥離法
  c)化学気相蒸着(CVD)法
  d)SiC加熱法
 2)CVD法によるCNT合成
 3)ラマン散乱分光法
 4)デバイス特性評価

4 グラフェンを用いた応用;センサーへの応用を中心に
 1)グラフェンを用いた応用分野
 2)バイオセンサーの基本構成
 3)種々のバイオセンサー(検出方法)
 4)グラフェンデバイスを用いたバイオセンサーの原理および作製
 5)溶液中での特性
 6)タンパク質の検出
 7)ウイルス検出の試み
 8)生体、環境ガス検出への試み

5 センサー開発に向けたグラフェンの新しい合成方法、デバイス作製
 

 

関連図書

        材料・合成技術

関連セミナー

        材 料