化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ WW で拡大するディスプレイ技術・製品・市場・産業の2020 年代を先読みする ~

CMCリサーチセミナーのご案内

       開催日時:2020年1月30日(木)10:30~16:30 
       会  場:ちよだプラットフォームスクウェア 5F  → 会場へのアクセス 
            〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
       受 講 料:48,000円 + 税    ※ 資料・弁当付
             * メルマガ登録者は 43,000円 + 税
             * アカデミック価格は 24,000円 + 税
            パンフレット
 
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★ 【メルマガ会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。※ 他の割引と併用はできません。
 ★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。折り返し、聴講券、会場地図、請求書を送付いたします。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のセミナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
  2名以上同時申込で、申込者全員メルマガ会員登録をしていただいている場合、2人目は無料です。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。複数名の受講申込みで、メルマガ登録をされていない方がおられる場合には、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ  セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (メルマガ価格)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料無料)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者4 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者5 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 6名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 北原 洋明 氏  テック・アンド・ビズ㈱ 代表取締役

【講師経歴】
 1978~1988年;日電アネルバ(現キヤノンアネルバ)にて主に半導体用スパッタ装置のプロセス開発に従事。顧客へのセールス活動、装置納入後のプロセス立ち上げ・プロセスサポートまでカバーする。
 1988~2000年;日本アイ・ビー・エムにて、TFT液晶パネルのプロセス開発および生産技術を担当。この間,第1世代から第3世代の液晶製造ラインの導入・立ち上げおよび次世代ラインの検討に携わる。
 2001~2006年;同社にて、高精細ディスプレイのマーケティング、ディスプレイ関連のソリューションビジネスに携わる。
 2006年12月より、テック・アンド・ビズ㈱を立ち上げ、アジア各地のディスプレイ協会などの顧問などもしながら、電子デバイス関連の情報サービス、ビジネスマッチング等の活動を行っている。

セミナーの趣旨

 2020年のディスプレイ業界の注目は、折りたたみスマホの市場拡大、大画面TVでのOLEDとQDの競い合い、Micro LEDの立ち上がり等および様々なディスプレイ技術の広がりである。産業的には、これまでディスプレイの中心的存在であった液晶(LCD)からOLEDへ移行しつつあり、更に将来に向かってはマイクロLEDが台頭してくると期待されている。本講座では、ディスプレイの様々な技術の動向を俯瞰しながら、今後のディスプレイ産業を見通す上で重要な製品・市場・サプライチェーンの動向を解説し、各企業の今後のビジネス戦略を立てて行く為の情報を提供する。

セミナーで得られる知識

 長期的視野でのディスプレイの技術と産業の動向

プログラム

  ※ 適宜休憩が入ります。

1. CESで見えた2020年のディスプレイ技術と製品のトレンド
 1.1 CES 2020のトッピックス
 1.2 毎年のCESからMini/Micro LED, OLED, LCDの進化を分析
 1.3 ディスプレイ産業を後押しするAI, IOT, 5G

2. 各ディスプレイ技術の特徴を徹底分析
 2.1 着実に進化しているMini LEDとMicro LED
 2.2 Flexible化で市場の拡大を狙うOLED
 2.3 QDなどの部材の力で継続的に進化するLCD
 2.4 大画面TVで繰り広げられるOLEDとQDのバトル
 2.5 AR/VRで繰り広げられるMicro ディスプレイ
 2.6 サイネージ用で広まり始めた透明ディスプレイ
 2.7 大画面用に普及が進むレーザー・プロジェクション
 2.8 特定サイネージに活路を見いだす電子ペーパ

3. 2019年のASIA各地のディスプレイ産業動向から2020年の方向を読み解く
 3.1 CESの波及で活性化するASIA各地のディスプレイイベント
 3.2 OLED一本足打法の韓国と全方位を狙う中国
 3.3 水面下で着実に力を蓄える中国
 3.4 AI, IOT, 5Gでビジネスモデルが変化
 3.5 政治と経済に翻弄された2019年から巻き返しを図る

4. 2020年代のディスプレイ産業で生き残る為の戦略
 4.1 ディスプレイの進化の歴史を振り返ると将来が見えてくる
 4.2 既存技術と新規技術の駆け引き
 4.3 技術力とビジネス力、時代に合わせた発想の転換
 4.4 産業インフラ発展の波と企業の対応
 4.5 サプライチェーンの変化とビジネスチャンス
 

 

関連図書

        機械・装置

関連セミナー

        機械・エレクトロニクス・コンピュータ