化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

☆ セラミック球を用いる転がり軸受の様々な利点や留意事項を実験データに基づいて解説します!

R&D支援センターウェビナーのご案内

       開催日時:2024年6月18日(火)12:30~16:30
       開催場所:【WEB限定セミナー】※ 会社やご自宅でご受講ください。
       参 加 費:49,500円(税込)

備 考

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、 こちら からミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたについては こちら をご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
 
お申し込み受付中

申込方法

 下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお申込ください。

 FAX申込用紙PDF 

講 師

 東京理科大学 創域理工学部 機械航空宇宙工学科 教授 博士(工学) 
 野口 昭治 氏  技術士(機械部門)

【ご略歴】
1985.3 東京工業大学理工学研究科生産機械工学専攻修了
1985.4 日本精工株式会社入社。研究、開発、設計部門に勤務経験
2002.3 日本精工株式会社退職
2002.4 東京理科大学 理工学部機械工学科 助教授、准教授を経て現在に至る

【ご所属学会】
精密工学会 理事、日本トライボロジー学会 理事、日本設計工学会 理事、
日本機械学会 機素潤滑設計部門 広報委員長、技術企画委員長 等

【受賞歴】
精密工学会論文賞(1992、2005)
日本機械学会 情報・知能・精密部門優秀講演論文賞(1997)
日本設計工学会論文賞(1999)
日本設計工学会武藤栄次賞優秀設計賞(2006)
日本機械学会機素潤滑設計部門業績賞(2009) 等

受講対象・レベル

・転がり軸受を使用した機械設計に従事している技術者
・セラミック球を用いた玉軸受に興味にある技術者 

必要な予備知識

 転がり軸受を使用した実務経験があれば特になし。

習得できる知識

 鋼球を転動体とした従来玉軸受に対するセラミック玉軸受の性能優位性と課題

趣 旨

 転がり軸受は、日本人の食生活に例えて“機械の米”と呼ばれることもあり、機械システムを構成する上で欠くことのできない機械要素です。機械設計においては、転がり軸受を機械の仕様に合わせて選定することが仕事となりますが、基礎的な条項をしっかり理解していないと、大きなミスにつながります。
 最近では、インバータによるモータの回転速度制御が普及するにつれて、家電品でも電食が見られるようになりました。これまでに転がり軸受の電食に特化したセミナーを行ってきましたが、その究極的な対策は転動体をセラミック球にすることです。しかし、セラミック球はコストが高いことから普及しませんでした。しかし、自動車のEV化が進み、バッテリー電圧が800Vにも上昇することもあり、セラミック球が注目されてきました。
 このセミナーでは、電食対策以外にもセラミック球を用いると転がり軸受として様々な利点(性能向上)があることを実験データに基づいて説明いたします。セラミック玉軸受の使用を検討されている皆様にとって有意義なセミナーにしたいと考えております。

プログラム

1.セラミック玉軸受開発の歴史
 1.1 セラミック(球)の利点
 1.2 玉軸受に使用されるセラミック材料
 1.3 セラミック球の疲労試験
 1.4 これまでの使用実績
  
2.高温放置による転動体の幾何学的形状変化
 2.1 背景と目的
 2.2 実験方法と実験条件
 2.3 実験結果
  2.3.1 真円度の変化
  2.3.2 直径の変化
  2.3.3 色相変化
 2.4 回転非同期振れに及ぼす影響の推定
 2.5 6004を用いての振動上昇試験
 2.6 結論
  
3.振動上昇・内部摩耗における優位性
 3.1 背景と目的
 3.2 実験方法と実験条件
 3.3 実験結果
 3.4 考察
 3.5 結論
  
4.温度上昇・グリース酸化劣化における優位性
 4.1 背景と目的
 4.2 実験方法と実験条件
 4.3 実験結果
  4.3.1 回転試験中の温度変化
  4.3.2 酸化防止剤残存量
 4.4 考察
 4.5 結論
  
5.温度ロバスト性における留意事項
 5.1 背景と目的
 5.2 実験方法と実験条件
 5.3 実験結果
 5.4 考察
 5.5 結論
  
6.電食における優位性
 6.1 背景と目的
 6.2 実験方法と実験条件
 6.3 実験結果
  6.3.1 セラミック玉軸受の振動変化
  6.3.2 セラミック玉軸受の入力電圧と温度変化
  6.3.3 セラミック玉軸受内部観察結果
  6.3.4 高電圧印加試験結果
 6.4 結論
  
7.セラミック球の寿命評価
 7.1 背景と目的
 7.2 実験方法と実験条件
 7.3 実験結果
  7.3.1 窒化ケイ素球の評価
  7.3.2 窒化ケイ素球以外の評価
 7.4 結論
  
8.セラミック玉軸受の展望(性能的・コスト的)

【質疑応答】