化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】のご案内

       開催日時:2023年10月30日(月)10:30~16:30 
       受 講 料:55,000円(税込)  * 資料付
          *メルマガ登録者 49,500円(税込)
          *アカデミック価格 26,400円(税込)
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
   → https://zoom.us/test
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★【メルマガ会員特典】2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。
 ★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者/新規登録希望者はこちらから]
 弊社のメルマガ会員(登録無料)は、参加費が10%引きになります。
 メルマガ登録者/新規登録者のウェビナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ受信可否「受信する」にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
 2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。ウェビナー参加のお申込は、お一人ずつ下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 4名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 林 雅弘 氏  宮崎大学 農学部 海洋生物環境学科 Ph.D.

【講師経歴】
 民間企業研究所にてユーグレナの産業利用に関する研究に10年間従事。
 私立大学に転職後、クロレラの高付加価値化に関する研究を開始。
 宮崎大学に移籍後ユーグレナに加え、海洋微生物ラビリンチュラの産業利用に関する研究を開始し、現在に至る。

セミナーの趣旨

 各種微細藻類や海洋微生物の産業利用研究がブームになり、様々な公的資金や補助金が投入されているが、実際にすでに 実用化されてビジネスになっている例はそれほど多くない。微細藻類の利用と産業利用の間に存在する様々なハードルと、 それを克服して実用化した具体例について紹介する。また、脱炭素化にむけても微細藻類の利用が注目されているが、実際 に脱炭素化にむけて克服しなければならない技術的ハードルについても指摘する。

セミナー対象者

 微細藻類・海洋微生物ビジネス(従属栄養種を含む)を検討している企業関係者の方、微細藻類や海洋微生物を取り扱っている企業研究者

セミナーで得られる知識

 ・微細藻類・海洋微生物を商材として実用化するための事業化計画の考え方。
 ・微細藻類・海洋微生物の今後の産業利用可能性

プログラム

      ※ 適宜休憩が入ります。

1. はじめに
 1)微細藻類の基礎知識
 2)微細藻類ビジネスの現状
 3)微細藻類ビジネスの問題点
  
2. 微細藻類の培養・生産プロセス技術
 1)微細藻類の培養技術
  ・ 微細藻類培養の基本プロセス
  ・ 大量培養
 2)微細藻類の成分回収・分離・抽出技術
  ・ 微細藻類の成分回収・分離・抽出技術とそのポイント
  
3. 微細藻類・海洋微生物の実用化例
 1)ユーグレナ
  ・ ユーグレナの生理生態学
  ・ 飼料としてのユーグレナ
    水産飼料としての利用
  ・ 食品としての利用
   ― 高血圧自然発症ラットに対する影響
   ― 貝毒の低減
   ― ニワトリに対する影響
  ・ パラミロンの利用 -化粧品素材
   ― イオプラスチックの開発
   ― ナノファイバーとしての利用
  ・ 今後の利用の課題
 2)クロレラ
  ・ クロレラの培養
  ・ DHA強化クロレラ
  ・ GABA強化クロレラ
 3)ヘマトコッカス
  ・ ヘマトコッカスの培養
  ・ アスタキサンチン生産
  ・ アスタキサンチンの機能特性
 4)ラビリンチュラ
  ・ ラビリンチュラの生理生態学
  ・ DHA生産の現状
  ・ DHAの代謝経路
  ・ 分子育種の例
  ・ 脂肪酸組成のバリエーション
  ・ 培養のスケールアップと高密度培養
  ・ バイオ燃料生産
   ― ペントース資化性株の分離と育種
   ― キシロース資化性株のメタボローム解析
   ― 高濃度グリセロール資化性株の分離と培養特性
   ― ラビリンチュラオイルでジェット機が飛ぶ
   ― 今後の展開:脂質メディエーターの発見
   ― アスタキサンチン高生産株
  
4. 終わりに
 多様な微細藻類の産業利用にむけて - 必要性と技術課題 -
  

  
  

関連セミナー/ウェビナー

        食品・化粧品・バイオ