化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】のご案内

       開催日時:2023年3月7日(火)13:30~16:00
       受 講 料:44,000円(税込)  * 資料付
          *メルマガ登録者 39,600円(税込)
          *アカデミック価格 26,400円(税込)
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
   → https://zoom.us/test
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★【メルマガ会員特典】2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。
 ★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者/新規登録希望者はこちらから]
 弊社のメルマガ会員(登録無料)は、参加費が10%引きになります。
 メルマガ登録者/新規登録者のウェビナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ受信可否「受信する」にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
 2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。ウェビナー参加のお申込は、お一人ずつ下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 4名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 岩村 武 氏  東京都市大学 理工学部 応用化学科 准教授

【講師経歴】
 1998月3月 東京工業大学 総合理工学研究科 電子化学専攻 博士後期課程修了
 1998年4月 東京工業大学 資源化学研究所 博士研究員
 2000年4月 ㈱創造科学研究所 研究開発部長
 2002年10月 京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 博士研究員
 2005年8月 静岡県立大学 助手
 2007年4月 静岡県立大学 助教
 2012年4月 東京都市大学 工学部 エネルギー化学科 准教授
 2020年4月 東京都市大学 理工学部 エネルギー化学科 准教授
 2021年4月 東京都市大学 理工学部 応用化学科 准教授

【所属学会】
 日本化学会・高分子学会・無機高分子研究会・日本接着学会・日本ゾル-ゲル学会・有機合成化学協会

【著 書】
 ・ 撹拌技術とスケールアップ、シミュレーションの活用(分担執筆) 技術情報協会 (2021年11月30日).
 ・ 生分解、バイオマスプラスチックの開発と応用(分担執筆) 技術情報協会 (2020 年3月31日).
 ・ プラスチックの資源循環に向けたグリーンケミストリーの要素技術(分担執筆) シーエムシー出版 (2019年11月20日).
 ・ Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials(分担執筆) Springer (July 13, 2015).
 ・ 架橋の反応・構造制御と分析 事例集(分担執筆) 技術情報協会 (2014年1月31日)
 ・ 新材料・新素材シリーズ シルセスキオキサン材料の化学と応用展開(分担執筆) シーエムシー出版(2013年6月7日)
 ・ ナノ粒子・マイクロ粒子の調製と応用技術(分担執筆) シーエムシー出版(2010年4月22日)

セミナーの趣旨

 ・ マイクロ波を利用した化学合成の具体的な方法を理解できる。
 ・ 我々の研究グループの研究成果を基に解説する。

セミナー対象者

 ・ マイクロ波を利用した化学合成に興味のある方
 ・ 省エネルギーな化学合成に興味のある方

セミナーで得られる知識

 ・ マイクロ波を利用した化学合成の具体的な方法を理解できる。

プログラム

               ※ 適宜休憩が入ります。
1.はじめに
  
2.マイクロ波を利用したゾル-ゲル反応

 1) 有機-無機ポリマーハイブリッドの合成
 2) シリカ微粒子の合成
 3) 有機-無機ハイブリッド微粒子の合成
 4) かご型シルセスキオキサンの合成
 5) 酸化亜鉛微粒子の合成
  
3.マイクロ波を利用した高分子の合成
 1) アクリルアミドのアニオン重合
 2) ポリ(-アラニンの加水分解)
 3) N-イソプロピルアクリルアミドのアニオン重合
 4) 高分子反応による有機-無機ハイブリッドポリマーの合成
  
4.将来の展望とまとめ
  
<質疑応答>

  
  

関連図書

        材料・合成技術
        機械・装置

関連セミナー/ウェビナー

        材 料
        機械・エレクトロニクス・コンピュータ