化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

- 医療用プラスチック開発に向けて -

CMCリサーチセミナー メディカル産業イノベーションシリーズ

       開催日時 2014年4月22日(火)10:30~16:10 開場 10:00
       会  場 中央大学駿河台記念館 3F 310会議室
            〒101-8324 東京都千代田区神田駿河台3-11-5
 

当日資料のダウンロードについて

 セミナー当日に映写したパワーポイント資料は、セミナー終了後の1週間(4月22日~4月28日)、PDFの資料としてダウンロードできます。
 ダウンロードをご希望の方は、セミナー当日にお伝えしたパスワードを以下に入力し、「Download」の文字(注:赤字に変わります)をクリックして、PDF資料をパソコンにダウンロードしてください。(注:ダウンロード期間は終了しました。)
 

化学素材から医療機器産業への参入を図る ― 医療用プラスチック開発に向けて ―
  1 松村晴雄氏
   医療機器産業は素材産業にとって魅力的か
  2 葛良忠彦氏
   医療用プラスチック包装容器の材料設計、事例、課題  1
   医療用プラスチック包装容器の材料設計、事例、課題  2
  3 池田功一氏
   シクロオレフィンポリマーの特性と医薬品容器用途への展開

 

セミナーの趣旨

 医療機器はおよそ30万種類あるといわれ、その用途は予防から治療まで広い。使用場所は家庭から病院まで様々であり、カテーテル、ペースメーカー、人工関節などの伸びが非常に大きいのが現状である。また、多くのプラスチック製医療機器はディスポーザブル化されており、今後もこの傾向は進んでいく。本セミナーでは、医療機器産業の動向、および異分野企業への期待から、実際の医療機器への適用事例や素材に関して現状を解説する。

プログラム

プログラムPDF
1 医療機器産業は素材産業にとって魅力的か 10:30~12:00(質疑含)
  講師 松村晴雄 氏 (株)旭リサーチセンター 常務取締役主席研究員
       1. 医療機器産業は高付加価値産業
       2. PL問題への対処
       3. 使用される材料の量と価格
       4. DSMの医療用素材に関する考え方
       5. どの医療分野が有望か
 
2 医療用プラスチック包装容器の材料設計、事例、課題 13:00~14:30(質疑含)
  講師 葛良忠彦 氏 包装科学研究所 主席研究員 (元東洋製罐(株)) 
       1. 医薬品包装の要求特性と包装形態
        1-1 医薬品包装の目的
        1-2 外的要因と製品保護要因
        1-3 法規制
        1-4 剤形と包装形態および機能
        1-5 包材に求められる特性
       2. 固形医薬品の包装
        2-1 固形剤のバルク包装容器
        2-2 SP、分包
        2-3 PTPシートの対する要求特性と諸物性
        2-4 PTPの成形法
        2-5 塩ビ代替PTPシートの開発動向
       3. 液状医薬品の包装
        3-1 輸液用プラスチック容器
        3-2 プラスチックアンプル
        3-3 プラスチックバイアル
        3-4 プレフィルドシリンジ
        3-5 点眼剤容器
       4. アクティブパッケージングの医薬品包装への適用
        4-1 水分吸収包装
        4-2 アクティブバリア包装
 
3 シクロオレフィンポリマーの特性と医薬品容器用途への展開 14:40~16:10(質疑含)
  講師 池田功一 氏 日本ゼオン(株) 高機能樹脂・部材事業部 高機能樹脂販売部・課長
       1. 医薬品包装素材の動向
       2. シクロオレフィンポリマーとは
       3. ZEONEX・ZEONORの特性
       4. ZEONEX・ZEONORの用途例
 
  ※ プログラム充実のため内容が変更になることもあります。
 

 
 

会場へのアクセス

      〒101-8324 東京都千代田区神田駿河台3-11-5
      中央大学駿河台記念館 3F 310会議室