化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

Compound Market in Asia and Overseas Deployment of The Japanese Companie
表紙
 
                 発行:2002年6月
                 体裁:A4版 206頁
                 定価:65,000円+消費税
                  * メルマガ登録者は 58,500円+消費税

購入方法

 カートへの投入、あるいはFAX申込用紙にてお申込ください。

   FAX申込用紙PDF 
[メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、代金が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、書籍をご注文ください。  → メルマガ登録ページ 
 また、FAX申込用紙でご注文の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
    FAX申込用紙PDF 
 

本レポートの特徴

 ☆ アジア各国の汎用樹脂,エンプラ最新受給データを満載
 ☆ アジア各国および米国のコンパウンドメーカー約300社の生産品目,所在地を一挙収録
 ☆ 日本のレジンおよびコンパウンドメーカーの事業展開と海外進出状況を詳述
 ☆ 日本国内の樹脂別業界構造とコンパウンド生産体制,需要動向を分析

刊行のねらい

 自動車,電子・電気機器,OA機器は生産拠点のアジア移転が急速に進み、樹脂業界は空洞化現象に直面している。需要業界は生産の移転で国際競争力を強化しているが,樹脂業界は国内市場が縮小する一方,欧米や急速に台頭してきたアジア系メーカーとのコスト競争力を強いられ,二重の苦境に立たされている。
 樹脂業界は大型の事業統合を行い,コストダウンを推進して国際競争力の回復を目指す一方,樹脂のアジアの生産体制を増強し,空洞化現象に対応している。アジア市場で需要を拡大するためにはユーザーと直結するコンパウンド事業が重要なキーである。本レポートはアジアの樹脂の需給,コンパウンド体制,日本の樹脂およびコンパウンドメーカーの海外進出を中心に編集した。
 第1章はアジアの国別樹脂別メーカー別供給能力推移,樹脂別国別需要推移を2001年までの最新データを時系列にまとめ,可能な限り予測も行い,第2章で300社に及ぶアジア各国,米国のコンパウンドメーカーの所在地,対応樹脂を収録している。第3章,第4章では樹脂およびコンパウンドメーカーの生産体制,海外進出状況をまとめている。第5章では樹脂別にメーカー別生産能力の変動,需給などの業界動向,コンパウンドの需要動向と用途を中心にまとめた。
                  2002年6月    シーエムシー・リサーチ 編集部

目  次

目次一覧PDF

  第1章 アジアの合成樹脂需給構造とコンパウンド

 1.アジアのコンパウンド事業動向と樹脂別国別需要推移

  1.1 アジアのコンパウンド事業動向
  1.2 国別の特徴
   (1) 韓国
   (2) 台湾
   (3) タイ
   (4) マレーシア
   (5) シンガポール
   (6) インドネシア
   (7) 中国,香港
  1.3 アジアの合成樹脂国別需要推移
      表1.1 汎用樹脂国別需要量
      表1.2 汎用樹脂国別需要推移
      表1.3 エンジニアリング樹脂国別需要量
      表1.4 エンジニアリング樹脂国別需要推移

 2.アジアの汎用樹脂国別需給バランス

      表2.1 アジアのポリオレフィン系樹脂国別需給バランス推移
      表2.2 アジアのスチレン系樹脂国別需給バランス推移
      表2.3 アジアの塩化ビニル樹脂国別需給バランス推移
      表2.4 日本の汎用樹脂需給バランス推移
      表2.5 日本のエンジニアリング樹脂需給バランス推移

 3.アジアの汎用樹脂国別メーカー別生産能力

      表3.1 アジアのポリエチレン樹脂国別メーカー別生産能力
      表3.2 日本のポリエチレン樹脂メーカー別生産能力(1)
      表3.3 日本のポリエチレン樹脂メーカー別生産能力(2)
      表3.4 アジアのポリプロピレン樹脂・国別メーカー別生産能力
      表3.5 アジアのPS樹脂・国別メーカー別生産能力
      表3.6 アジアのABS樹脂・国別メーカー別生産能力
      表3.7 世界のMBS樹脂・国別メーカー別生産能力
      表3.8 アジアの塩化ビニル樹脂・国別メーカー別生産能力

 4.アジアのエンジニアリング樹脂・国別メーカー別生産能力

      表4.1 世界のPC樹脂・グループ別増設動向
      表4.2 世界のPC樹脂・グループ別メーカー別生産能力,新増設計画
      表4.3 アジアのPC樹脂・メーカー別生産能力,増設計画
      表4.4 世界のPOM樹脂グループ別メーカー生産能力,増設計画
      表4.5 アジアのPOM樹脂・国別メーカー別生産能力,増設計画
      表4.6 アジアのPBT樹脂・国別メーカー別生産能力,増設計画
      表4.7 世界の変性PPE樹脂・国別メーカー別生産能力,増設計画
      表4.8 アジアのナイロン66・国別メーカー別生産能力,増設計画
      表4.9 アジアのナイロン6・国別メーカー別生産能力,増設計画
      表4.10 世界のPPS樹脂(ニートレジン)・国別メーカー別生産能力,増設計画

  第2章 世界のコンパウンドメーカー

 1.米国のコンパウンドメーカー 

      表1.1 Materials Key & Services Key
      表1.2 米国のコンパウンドメーカー
      表1.3 米国のコンパウンド上位メーカーのシェア
      表1.4 欧州のコンパウンドメーカー

 2.アジアのコンパウンドメーカー

      表2.1 台湾のコンパウンドメーカー
      表2.2 台湾の再生レジンメーカー
      表2.3 マレーシアのコンパウンドメーカー
      表2.4 タイのコンパウンドメーカー
      表2.5 シンガポールのコンパウンドメーカー

  第3章 レジンおよびコンパウンドメーカーの生産体制と海外進出

 1.レジンメーカーの生産体制とコンパウンド海外進出

  1.1 旭化成
  1.2 出光石油化学
  1.3 宇部興産
  1.4 住友化学工業
  1.5 電気化学工業
  1.6 帝人化成
  1.7 東レ
  1.8 ポリプラスチックス
  1.9 三井化学
  1.10 三菱化学,ガス化学グループ
  1,11 三菱レイヨン
  1,12 その他メーカー

 2.日系コンパウンド企業の海外進出状況

  第4章 コンパウンドメーカーの事業展開

 1.アプコ
 2.旭化成カラーテック
 3.旭ファイバーグラス
 4.朝日化工
 5.いその
 6.石塚化学産業
 7.エヌピー化成
 8.エムアイ化成
 9.オーケー化成
 10.大塚産業
 11.川崎三興化成
 12. カルプ工業
 13. コテック
 14. 採華化学工業
 15. 山陽化工
 16. 阪本薬品工業
 17. 三協化学工業
 18. 新興化成
 19. 住化カラー
 20. セツナン化成
 21. 宗和化学
 22. 大日本インキ化学工業
 23. 大日精化工業
 24. 高六商事
 25. 燕化学工業
 26. 東京インキ
 27. 東洋プラスチック精工
 28. 日本ピグメント
 29. 日本カラリング
 30. 日弘ビックス
 31. 日泉化学
 32. ハイテック・ケム
 33. プラス・テク
 34. ヘキサケミカル
 35. リケンテクノス

  第5章 樹脂別業界動向とコンパウンド

 1.ポリプロピレン樹脂

  1.1 業界動向
  1.2 コンパウンド体制と用途
  1.3 マスターバッチ化のニーズ
  1.4 PP樹脂メーカーのコンパウンド事業海外展開

 2.PS樹脂

  2.1 業界動向
  2.1 PS樹脂コンパウンドの需要動向

 3.ABS樹脂

  3.1 業界動向
  3.2 ABS樹脂コンパウンドの需要動向
  3.3 ABS/PCアロイの需要動向

 4.ポリカーボネート樹脂

  4.1 業界動向
  4.2 PC樹脂コンパウンドの需要動向

 5.変性PPE(PPO)樹脂

  5.1 業界動向
  5.2 変性PPE(PPO)樹脂の需要動向

 6.ポリブチレンテレフタレート樹脂

  6.1 業界動向
  6.2 世界のPBT樹脂メーカー別生産能力
  6.3 国内の需要動向
  6.3 PBTコンパウンドの海外進出メーカー

 7.強化ポリエチレンテレフタレート樹脂

  7.1 業界動向
  7.2 強化PET樹脂の需要動向

 8.PPS樹脂

  8.1 業界動向
  8.2 メーカー別生産能力
  8.3 PPS樹脂の需給動向

 9.木粉コンパウンド

  9.1 業界動向
  9.2 木粉コンパウンドの需要動向

 10.樹脂業界の再編成とコンパウンド業界への影響

  10.1 再編成促進の要因
  10.2 事業統合の動向
   (1) ポリオレフィン系樹脂業界
   (2) スチレン系樹脂業界
   (3) 塩化ビニル樹脂業界

 参考資料<欧米の汎用樹脂用途別需要推移> 

      表1 米国のPP用途別需要推移
      表2 西欧のPP用途別需要推移
      表3 米国のHDPE用途別需要推移
      表4 西欧のHDPE用途別需要推移
      表5 米国のLDPE/L-LDPE用途別需要推移
      表6 西欧のLDPE/L-LDPE用途別需要推移
      表7 米国のPS 用途別需要推移
      表8 西欧のPS 用途別需要推移
      表9 米国のABS/SAN 用途別需要推移
      表10 西欧のABS/SAN 用途別需要推移
      表11 米国のABS/SAN 用途別需要推移
      表12 西欧のABS/SAN 用途別需要推移
 
 

 
 
関連セミナー


 
関連書籍