化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

表紙
 
 
                発行:2009年10月23日 
                体裁:A4版 約255頁 
                価格:65,000円+消費税
                 * メルマガ登録者は 58,500円+消費税

購入方法

 カートへの投入、あるいはFAX申込用紙にてお申込ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、代金が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、書籍をご注文ください。  → メルマガ登録ページ 
 また、FAX申込用紙でご注文の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
    FAX申込用紙PDF 
 

本レポートの特徴

  ○ 豊富なデータに基づき原料から末端製品まで総合的に分析。 
  ○ 海外生産シフトの業界動向とメーカー対応を解明。 
  ○ 成長著しいフィルム市場を分析し、用途別需要を詳細解明。 
  ○ ボトル用樹脂の供給構造の変化と関連企業の戦略を解明。 
  ○ 激変する新規ポリエステルの供給と企業戦略を解明。 

内容見本

 ご覧になりたい見本ページをクリックすると、1ページごとに拡大PDFが表示されます。
 すべての見本ページをご覧になりたい場合は、ボタンをクリックしてください。
 すべての見本ページの拡大PDF
123
 
 
 
 
 
 
 

目  次

目次一覧PDF
 第1章 飽和ポリエステル樹脂の業界構造 
  1. 飽和ポリエステル樹脂の種類と市場規模 
    1.1 飽和ポリエステル樹脂の原料と製品の関係 
    1.2 飽和ポリエステルの需給と価格 
      (1) 供給の動向 
      (2) 輸出入動向 
      (3) 価格推移 
    1.3 主要品目の市場規模 
    1.4 主要品目の課題と今後の展望 
  2. 国内メーカーの事業展開 
    2.1 飽和ポリエステル関連品目のメーカー別能力 
    2.2 ポリエステル関連の主な提携関係 
    2.3 主要メーカーの事業展開 
      (1) 旭化成 
      (2) クラレ 
      (3) 帝人 
      (4) 束洋紡績 
      (5) 東レ 
      (6) 三井化学 
      (7) 三菱化学 
      (8) ユニチカ 
 
 第2章 世界の飽和ポリエステル原料・製品の需給 
  1. 飽和ポリエステル原料 
    1.1 世界のPTA,DMT生産能力と需要 
    1.2 世界のエチレングリコール生産能力と需要 
    1.3 日本メーカーの海外進出 
      (1) 三井化学 
      (2) 三菱化学 
    1.4 飽和ポリエステル原料価格 
  2. 飽和ポリエステル製品 
    2.1 ポリエステル製品の市場規模 
    2.2 主要製品の動向 
      (1) ポリエステル繊維 
      (2) ボトル用PET樹脂 
      (3) PETフィルム 
      (4) PBT,強化PET 
 
 第3章 PETボトル 
  1. ボトル系ボトルの発展経緯 
  2. ボトル用PET樹脂の供給動向 
    2.1 ボトル用PET樹脂の供給構造と生産能力 
    2.2 供給推移(国産,輸入) 
  3. PETボトルの需要動向 
    3.I PETボトルの用途別需要推移 
    3.2 ボトル用P E T樹脂の需要構造変化 
  4. 清涼飲料用PETボトルの需要分析 
    4.1 清涼飲料の需要動向 
    4.2 清涼飲料用PETボトルの種類と種類別需要動向 
    4.3 清涼飲料用PETボトルの需要動向 
      (1) 種類別需要推移 
      (2) アセプティックの動向 
      (3) ホットウォーマ一用耐熱・バリアーボトル 
      (4) 容量別生産動向 
  5. その他用途の需要の需要動向 
    5.1 清涼飲料を除く食品用 
    5.2 非食品用 
  6. 成形加工メーカー 
  7. PETボトルの需要予測 
  8. ボトル用PET樹脂の価格動向 
  9. 日本のボトル用PET樹脂の特徴と次世代触媒の開発 
    9.1 日本のボトル用PET樹脂の特徴 
    9.2 次世代触媒の開発動向 
  10. PETボトルの高機能化 
    10.1 紫外線バリアー 
      (1) 紫外線バリアーの改良方法 
      (2) 主な紫外線バリアーPET樹脂の動向 
    10.2 ガスバリアー性の改良 
  11. PETボトルのリサイクル 
    11.I PETボトルの軽量化 
    11.2 PETボトルリサイクルの発展経緯 
    11.3 主な再生処理施設 
    11.4 PETボトルのリサイクルシステム 
      (1) マテリアルリサイクル 
      (2) ケミカルリサイクル 
    11.5 再生PET樹脂の用途開拓動向 
 
 第4章 ポリエステルフィルム 
  1. 供給の動向 
    1.1 国内PETフィルムメーカーの生産能力 
    1.2 PETフィルムの供給動向 
  2. メーカー動向 
    2.1 東レ 
    2.2 帝人デュポンフィルム 
    2.3 三菱樹脂 
    2.4 東洋紡績 
    2.5 その他のメーカー 
  3. 需要の動向 
    3.1 PETフィルムの需要推移 
    3.2 用途別需要動向 
      (1) 磁気材料 
      (2) 電気絶縁フィルム 
      (3) 電子材料 
      (4) 磁気カート 
      (5) 光学フィルム 
      (6) 離型材料 
      (7) 缶用ラミネート 
      (8) 包装材料 
  4. 価格動向 
 
 第5章 A-PETシートの種類と特徴 
  1. A-PETシートの種類と特徴 
  2. 供給動向 
    2.1 業界構造と市場規模 
    2.2 メーカー別供給動向 
  3. 需要の動向 
    3.1 A-PETシートと競合シートの市場規模推移 
    3.2 競合シートの需要動向 
      (1) 硬質塩化ビニルシート 
      (2) 二軸延伸ポリスチレンシート(OPS)  
      (3) HIPSシート 
      (4) C-PETシート 
 
 第6章 1,3-プロパンジオールとそのポリエステル 
  1. PDO、PTTの開発経緯と企業化動向 
    1.1 開発経緯 
    1.2 デュポンの動向 
    1.3 シェルケミカルズの動向 
    1.4 その他企業の動向 
  2. 1,3-プロパンジオールの製法 
  3. 1,3-プロパンジオールの用途と種類 
  4. 1,3-プロパンジオールと誘導品の開発状況 
    4.1 デュポン 
    4.2 シェルケミカルズ 
    4.3 旭化成ケミカルズ 
  5. PTTの需要動向 
  6. PTT繊維メーカー 
    6.1 世界のPTT繊維メーカー 
    6.2 日本のPTT繊維メーカー 
      (1) ソロテックス 
      (2) 東レ, オペロンテックス 
      (3) ユニプラス滋賀 
  7.  PTT繊維の需要動向 
  8. 成形用PTTの特長と用途 
    8.1 成形用PTTの性能,物性比較 
    8.2 PDO系共重合ポリエステル樹脂の特徴 
    8.3 成形用PTTの展望 
      (1) 工業用 
      (2) フィルム, シート 
      (3) ボトル 
 
 第7章 CHDMおよびCHDM系ポリエステル 
  1. CHDM  
    1.1 CHDMの特徴と製法 
    1.2 C HDMのメーカー動向 
      (1) イーストマンケミカル 
      (2) SK NJC  
      (3) CHDMの企業化を計画した企業 
  2. CHDM系ポリエステル樹脂 
    2.1 CHDM系ポリエステルの種類と用途 
      (1) イーストマン ケミカル 
      (2) SKケミカルズ 
      (3) 東洋紡績(試作品)  
    2.2 CHDM系ポリエステル樹脂の生産と販売の動向 
      (1) メーカー別生産能力 
      (2) 日本の販売量 
    2.3 CHDM系ポリエステル樹脂の用途別需要推移 
    2.4 CHDM系ポリエステル樹脂の用途別需要動向 
      (1) プレート 
      (2) 包装用シート 
      (3) シュリンクフィルム 
      (4) 化粧フィルム 
      (5) カード 
      (6) 射出成形・その他 
 
 第8章 NDCおよびPEN系樹脂 
  1. NDC開発の歴史 
  2. NDCの開発と供給の動向 
    2.1 供給の動向 
    2.2 メーカー動向 
      (1) BPケミカル 
      (2) 三菱ガス化学 
      (3) 神戸製鋼所 
  3. 帝人グループのPEN系樹脂事業 
    3.1 帝人グループのPEN系樹脂事業展開 
    3.2 帝人グループのPEN系樹脂の特長, 用途 
    3.3 PEN繊維 
  4. PENフィルム 
    4.1 PENフィルムの開発動向 
    4.2 PENフィルムの生産能力 
    4.3 PENフィルムの需要動向 
    4.4 PENフィルムの価格 
 

 
 
関連セミナー


     
    関連書籍