化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

S&T出版ウェビナーのご案内

       開催日時:2022年1月25日(火)10:30~16:30
       受 講 料:51,000円(税込) ※ 資料付
       会  場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます。 

備 考

<Webセミナーのご説明>
本セミナーはZoomウェビナーを使用したWebセミナーです。
※ ZoomをインストールすることなくWebブラウザ(Google Chrome推奨)での参加も可能です。
お申込からセミナー参加までの流れは こちらをご確認下さい。
 
<禁止事項>
セミナー当日にZoomで共有・公開される資料、講演内容の静止画、動画、音声のコピー・複製・記録媒体への保存を禁止いたします。

配付資料についての注意事項,
・本セミナーの配付資料は印刷したものをレターパックでお送りしますので以下の点をご注意ください。
・セミナー直前(レターパックの送信日数+1営業日以内)のお申込みは、セミナー当日までに資料が届かないこともあることを前提にお申込みください。
・ご指定が無い限り、2名様以上でお申込みの場合は受講者1の方に資料をまとめてお送りします。
・資料の送付先はご指定が無い限り、お申込時にお知らせいただいた住所にお送りします。
 
お申し込み受付中

申込方法

 下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお申込ください。

   FAX申込用紙PDF 

講 師

菅原 秀一 氏  泉化研 代表
 
<講師略歴>
<経歴>
1972年 東北大学 大学院 工学研究科 高分子化学専攻
1972年~2000年 呉羽化学工業㈱ 機能材料部技術担当部長
2000年~2005年 三井物産㈱ 無機化学本部PM
2005年~2009年 エナックス㈱ 米澤研究所 先端技術室PM
2005年~2009年 NEDO 系統連系蓄電池システム 研究PM

<著書>
・EVワールド(米・中・韓・欧・日) 総覧 2018~2030, シーエムシー・リサーチ
・EVワールド3 激変期のEV&電池生産の中長期課題と展望, シーエムシー・リサーチ
・実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017, シーエムシー・リサーチ
・リチウムイオン電池技術-材料・製造技術と安全性評価-, 分担執筆, S&T出版
他多数

セミナーの趣旨

 本セミナーではリチウムイオン電池を構成する、原材料と部材の供給網、いわゆるサプライ・チェーン(SC)に関して考えてみたい。2021年の現在、このSCの問題が予期せぬ問題として、自動車産業始め多くの製造業に深刻な影響を及ぼしている。
 サプライ・チェーン、及びその マネジメントの重要性は、今に始まったことではない。トヨタの「カンバン方式」などはその典型であり、高い生産性と品質は、技術のみならず時間とコストの中での、合理化を突き詰めた成果である。
 今回このSCがクローズアップされたのは、予期せぬ新型コロナウイルス感染に伴う、経済社会の混乱がメインである。更には半導体工場の火災や、幾つかの国家の政治的な混乱なども含まれる。我が国の場合は更に、地震、津波、台風、豪雨と心配の種は尽きない。
 現在進行中の自動車の脱炭素=非ガソリン化と、それに伴う3桁GWh総量の電池生産において、このSCの問題は短時間の内に、大きな壁となってEV化の行く手を阻むであろう。EVにとっては電池のSCが、電池にとっては原材料と部材のSCが相当する。
 本セミナーにおいては、EV電池の化学系、金属系と樹脂系それぞれの原材料の、SC上の課題や、主要メーカーの動向を解説する。更には筆者の経験の範囲で、電池製造において原材料の選定幅や、製造工程の柔軟性を拡げ、積極的にSCの制約をクリアするスキームなども提案したい。

プログラム

1. EVなど電動化の現状と代替スキーム
 1.1 2020コロナ禍から2021現状、欧米、中国と日本
 1.2 EV(zEVとNEV)の比率の急増と推移
 1.3 2030年 vs. 2035年スキーム(国、地域と各社)
 1.4 EV発火事故、リコールなどの課題
  
2. EVの拡大と電池総量GWhの推移
 2.1 電池容量kWhパラメーターと総容量GWh
 2.2 電池コスト\/kWhパラメーターと市場規模
 2.3 2021年以降の電池製造計画(欧州、米国、中国)
  
3. リチウムイオン電池の元素資源(Co、Ni、Li)
 3.1 電池の総GWhに対する正極材の主要量
 3.2 元素資源リサイクルの必要性
 3.3 関連事項
  
4. リチウムイオン電池製造のSC(原材料と部材)
 4.1 正・負極材など化学系材料
 4.2 セパレータ、集電箔とバインダーなど非化学系材料
 4.3 原材料と部材のSCと基盤産業との関係
 4.4 SC課題への対応策、セル設計幅と工程の許容範囲

5. まとめ
 電池製造の合理化と全固体電池への移行