化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ MIMO/Massive MIMO の基礎から5G/Wi-Fi6 等の実システムの評価まで~
 
Zoomオンラインセミナー

トリケップスセミナー

 開催日時:2021年7月27日(火)11:00~16:00
 参 加 費:お1人様受講の場合 49,500円(税込/1名)
     1口(1社3名まで受講可能)でお申し込みの場合 62,700円(税込/1口)

 ★ 本セミナーの受講にあたっての推奨環境は「Zoom」に依存しますので、ご自分の環境が対応しているか、お申込み前にZoomのテストミーティング(http://zoom.us/test)にアクセスできることをご確認下さい。

 ★インターネット経由でのライブ中継ため、回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合があります。講義の中断、さらには、再接続後の再開もありますが、予めご了承ください。

 ★受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

講 師

西森 健太郎 氏    新潟大学 大学院自然科学研究科 研究教授 

 2020年より第5世代移動通信(5G)システムのサービスが開始された.また,Beyond 5G/6Gといった次世代システムの研究開発が開始されようとしている.移動通信システムはその進化に伴い性能も非常に向上している.一方,その無線システムの仕様はかなり複雑化しており,システム評価を行うためには大変なスキルを要する.

 本セミナーでは,5GやWi-Fiにおいて伝送速度の高速化の上で必須であるMIMO技術を用いた5Gの評価について解説する.まずは,MIMOの基礎より,5Gで導入されているMassive MIMOまでの基礎を解説する.次に5Gにおける評価方法.および簡易評価法をMIMOまで含めた形で行う手法について解説する.さらには,Wi-Fiにおける評価手法についても解説する.

講義項目

 1.B5G/6GにおけるMIMOの役割と評価の必要性
  1-1. 5GからB5G/6Gへ
  1-2. MIMO/Massive MIMOのコンセプト
  1-3. 評価法の必要性
  
 2.MIMOおよびMassive MIMOの基礎
  2-1. MIMOの概要と分類
  2-2. MIMOのチャネル容量
  2-3. マルチユーザMIMO
  2-4. Massive MIMOのチャネル容量
  2-5. 制御方法
  
 3.5Gにおける評価方法
  3-1. 5Gにおける基本性能
  3-2. 簡易評価方法
  3-3. Sub-6/ミリ波の評価例
  3-4. 振幅だけを利用した簡易評価法
  
 4.無線LANにおける評価方法
  4-1. 無線LANにおけるMIMO伝送方法
  4-2. PHY/MAC総合評価ツールの概要
  4-3. SU/MU-MIMOの性能評価
  4-4. デモンストレーション