化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ 泡のトラブルの発生原因と対処法 ~
3時間で学ぶ! 泡の発生メカニズムと消泡剤の効果・選定について基礎から解説!

 
※ 本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。

R&D支援センターウェビナー

       開催日時:2021年7月20日(火)13:00~16:00
       開催場所:【WEB限定セミナー】※ 在宅、会社にいながらセミナーを受けられます
       参 加 費:49,500円(税込)

備 考

・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、 こちら からミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたについては こちら をご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

講 師

 ビックケミー・ジャパン㈱ 塗料添加剤部  有村 槙悟 氏

【ご略歴】
1983年 大阪生まれ。
2006年 大阪工業大学 応用化学科 卒業
2006年 水谷ペイント㈱ 入社。建築用塗料の技術開発に従事
2015年 ビックケミー・ジャパン㈱に入社。塗料添加剤の技術営業に従事
現在に至る。
ビックケミー・ジャパン㈱HP< https://www.byk.com/jp >

受講対象・レベル

 化成品を製造加工される際に泡の問題を抱えている方向け。
 泡の発生メカニズムと消泡剤の効果・選定について基礎的な内容を説明する。 

必要な予備知識

 特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします

習得できる知識

 ・泡のトラブルの発生原因、またその対処法が理解できる。
 ・数ある消泡剤から適切なものを選択するのに役立つ
 ・消泡剤を実際に使用する際のポイントが理解でき正しく使用できるようになる。

趣 旨

 泡は洗浄剤やウレタンフォームなど化学産業において有効利用される。一方で化学品の製造工程やコーティング剤の塗工時に生じる意図しない泡の発生は加工性、美観、または最終製品の物性を低下させる原因となり忌むべき存在となる。当講演では泡とはいったい何なのか?その発生メカニズムから泡を消してゆくために必要な消泡剤の作用メカニズム、選択方法、使用時のポイントを詳しく説明する。

プログラム

1.はじめに
 1.1 自己紹介
 1.2 本日の内容について
  
2.泡とは何か
 2.1 そもそも泡とは
 2.2 泡はどのように発生するのか
 2.3 泡の消える様子を観察する
 2.4 泡が消える理由
 2.5 泡が安定する理由
 2.6 界面活性剤の影響
 2.7 表面張力と泡の寿命
 2.8 泡の挙動を表すストークスの式を考える
 2.9 泡による不具合の実際
  
3.消泡剤とは
 3.1 消泡剤は何でできている
 3.2 シリコン系消泡剤
 3.3 ポリマー系消泡剤
 3.4 再生可能資源を利用した消泡剤
 3.5 消泡剤における疎水性粒子の役割
 3.6 消えにくい泡
 3.7 極小泡に有効な新規消泡剤
  
4.消泡剤の使用・選定方法
 4.1 消泡剤の種類が多いのはなぜ
 4.2 どのような消泡剤を選ぶのか
 4.3 消泡性と副作用について
 4.4 消泡剤の添加方法・添加量の考え方
 4.5 消泡性の評価方法の例
  
【質疑応答】