化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ 高熱伝導化の理論・技術動向と高熱伝導フィラーの基礎、混練・分散技術 ~
★ 高熱伝導材料の概要とフィラーの活用法を中心に、高熱伝導化の理論から実際の配合の仕方まで学べる基礎講座です!!

 
※ 本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はできません。

R&D支援センターウェビナー

       開催日時:2021年5月19日(水)12:30~16:30
       開催場所:【WEB限定セミナー】※ 在宅、会社にいながらセミナーを受けられます
       参 加 費:49,500円(税込)

定 員

 30名

備 考

・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーです。

・セミナー資料は事前に郵送します。会社のご住所以外で受け取りを希望される場合は、申し込みフォームのコメント欄に、発送先のご住所をご記入下さい。セミナー資料の無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。この点にご了承の上、お申し込みください。

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、 こちら からミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたについては こちら をご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。

講 師

 (株)KRI 新機能性材料研究部 上級研究員 技術士(化学部門) 
   伊藤 玄 氏

<ご専門>
 熱硬化性樹脂の複合化、高熱伝導化、高強度化等

<ご略歴>
 2000年 岡山大学大学院精密応用化学専攻修了。
 2000年 新神戸電機(株)入社。
     プリント配線板材料の開発、高熱伝導材料の開発、
     高強度樹脂成形品の開発等に従事。
 2016年 (株)KRI入社。機能性材料の研究開発に従事。

受講対象・レベル

 ・高熱伝導材料およびフィラーの混練・分散技術に関心のある方、設計・技術・評価・試験などに携われている方

習得できる知識

・高熱伝導材の理論と技術動向
・高熱伝導フィラーを使用した材料の用途、特徴
・基礎となるフィラーの特徴、特性
・フィラーを使用した材料の混練、分散技術 

趣 旨

 近年、電子材料の高出力化、高密度化が進んでおり、それに対応した高熱伝導材料が求められています。特に、軽量化や絶縁性などの用途向けに樹脂材料の高熱伝導化の製品開発は活発化しており、樹脂を高熱伝導化するために高熱伝導性フィラーの添加が必須となっています。フィラーを用いて期待する機能を発現するにはその特徴や性質を理解する必要があり、また、その混練、分散手法によっても物性は変化します。本講座は高熱伝導材料の概要とフィラーの活用法を中心に、高熱伝導化の理論から実際の配合の仕方まで、基礎から学べる講座としています。

プログラム

1.高熱伝導材料の概要
 1-1.高熱伝導材料の位置づけ
 1-2.高熱伝導性コンポジット材料の必要性
 1-3.高熱伝導材料の種類:接着剤、封止材、熱伝導性シート、その他
  
2.高熱伝導材料の理論と応用
 2-1.高熱伝導化の理論
   ・フィラー最密充填理論とパーコレーション
   ・フィラー充填系の熱伝導率予測:予測式と精度
   ・放熱の考え方と熱伝導率測定法:熱伝導率測定法の違いと特徴
   ・樹脂の高熱伝導化:樹脂の種類と高熱伝導化のアプローチ
 2-2.高熱伝導化のためのフィラーの活用方法
   ・主な絶縁系無機フィラー:窒化ホウ素、窒化アルミ、アルミナ等
   ・高熱伝導材におけるフィラーの選択基準
   ・酸化グラフェンによる窒化ホウ素の表面改質
  
3.フィラーの活用方法
 3-1.フィラーの種類とその特性
   ・フィラーの分類:無機性、有機性、有機・無機ハイブリッド、ナノ粒子
   ・フィラーの機能:増量、補強、特殊機能(導電性、熱伝導性、難燃性他)
 3-2.高性能化のためのフィラーの活用方法
   ・フィラーの界面制御:界面制御の例と評価方法
   ・フィラーの形状制御:形状と流動性
 3-3.複合化プロセス(コンパウンドプロセス)について
   ・フィラーの分散制御:分散性の変化する要因と分散状態
   ・ゴム・熱可塑性樹脂の混練のポイント
   ・熱硬化性樹脂の混合と分散のポイント
 3-4.ポリマー/フィラー界面処理技術
   ・表面処理の目的と表面処理剤の役割
   ・シランカップリング剤の用法
   ・グラフトポリマーによるカプセル化
  
4.まとめと今後の展開

スケジュール

 12:30-14:20 講義
 14:20-14:30 休憩
 14:30-16:30 講義

※ 講義の進行状況により多少前後いたします。