化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

S&T出版ウェビナー

       開催日時:2021年6月3日(木)13:00~16:00
       受 講 料:39,600円(税込) ※ 資料付
       会  場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます。 

備 考

<Webセミナーのご説明>
本セミナーはZoomウェビナーを使用したWebセミナーです。
※ ZoomをインストールすることなくWebブラウザ(Google Chrome推奨)での参加も可能です。
お申込からセミナー参加までの流れは こちらをご確認下さい。
 
<禁止事項>
セミナー当日にZoomで共有・公開される資料、講演内容の静止画、動画、音声のコピー・複製・記録媒体への保存を禁止いたします。

講 師

大山 聡 氏
グロスバーグ合同会社 代表

 
<講師略歴>
慶應義塾大学 大学院管理工学にて修士課程を修了。
1985年東京エレクトロン入社。1996年から2004年までABNアムロ証券、リーマンブラザーズ証券などで産業エレクトロニクス分野のアナリストを務めた後、富士通に転職、半導体部門の経営戦略に従事。2010年よりIHS Markitで、半導体をはじめとしたエレクトロニクス分野全般の調査・分析を担当。2017年9月に同社を退社し、同年10月からコンサルティング会社Grossberg合同会社に専任。

グロスバーグ合同会社 Grossberg LLC
ホームページ https://grossberg.jp/

セミナーの趣旨

 リチウムイオン電池は、元々ノートパソコンや携帯電話など、ポータブルな小型電子機器の電源として市場を形成してきたが、自動車の電動化に伴い、今では大容量の車載電池が市場をけん引している。直近の10年間で市場規模もサプライチェーンも大きく変化しているので、それらについて詳しく言及する。

プログラム

第1部
○電池の種類
○主な二次電池について
○主な二次電池メーカー
○Li-ion電池の材料
○Li-ion電池の材料メーカー
  
第2部
○Li-ion電池の市場規模の推移
○Li-ion電池 10年前との比較
○Li-ion電池のアプリケーション分布
○Li-ion電池 メーカーシェア
  
第3部
○車載Li-ion電池について
○主な車載Li-ion電池メーカーの紹介
○主な自動車メーカーのEV戦略
  
第4部
○まとめ