化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

・官能試験と機器分析の組み合わせにより、製品から発生する臭気、室内の臭気などの分析評価の手法を解説!
☆ 社員研修にもおすすめのセミナーです!

 
※オンライン会議アプリZoomを使ったWEBセミナーです。ご自宅や職場のノートPCで受講できます。

R&D支援センターウェビナー

       開催日時:2021年5月18日(火)12:30~16:30
       開催場所:【WEB限定セミナー】※ 在宅、会社にいながらセミナーを受けられます
       参 加 費:49,500円(税込)

定 員

 30名

備 考

・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、 こちら からミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたについては こちら をご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

講 師

 ㈱島津テクノリサーチ 試験解析事業部 営業部 グループ長  高野 岳 氏

【専門】
 悪臭分析、においの分析

【略歴】
1990年 ㈱島津テクノリサーチ 入社
1995年-1999年 環境庁 臭気指数測定 自治体職員研修会 講師
1998年-2002年 環境庁委託業務 嗅覚測方法(排出水の測定方法、精度管理)検討員

趣 旨

 消費者が製品を選定する場合、その機能や価格とともに、五感による製品の良否の判断をしており、においの面では、製品のにおい
の管理(異臭)や不快な臭気の改善が重要になっている。

 今回の講演では、人がにおいを感じる仕組(官能試験)と臭気としての化学物質の分析(機器分析)を組み合わせることにより、製品か
ら発生する臭気、室内の臭気などの分析評価の手法を事例を踏まえて説明をさせていただきます。

プログラム

 1 においを感じる仕組み

 2 においの感じ方

 3 嗅覚の特徴

 4 化学物質の嗅覚閾値

 5 嗅覚閾値の求め方

 6 臭気化学化学物質の発生特性やサンプリング方法

 7 官能試験法法による分析・評価

 8 機器分析法による分析・評価
 
 9 臭気の評価手法

 10 においの分析・評価の具体例

 【質疑応答】