化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

当該セミナーは、同日同時刻の ウェビナー としても開催予定です。状況によりZOOMによるウェビナー配信のみに変更の場合がございます。予めご了承ください。

CMCリサーチセミナーのご案内

       開催日時:2021年3月10日(水)13:30~16:30 
       会  場:ちよだプラットフォームスクウェア 5階  → 会場へのアクセス 
            〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
       受 講 料:46,000円 + 税    ※ 資料付 資料・昼食付
             * メルマガ登録者は 41,000円 + 税
             * アカデミック価格は 24,000円 + 税
            パンフレット
            【ZOOM によるウェビナー中継予定】
 
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★ 【メルマガ会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。
 ★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。折り返し、聴講券、会場地図、請求書を送付いたします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のセミナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
  2名以上同時申込で、申込者全員メルマガ会員登録をしていただいている場合、2人目は無料です。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。複数名の受講申込みで、メルマガ登録をされていない方がおられる場合には、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ  セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (メルマガ価格)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料無料)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者4 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者5 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 6名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

森分 博紀 氏  
財団法人 ファインセラミックスセンター ナノ構造研究所 計算材料グループ グループ長

【講師経歴】
 2001年 博士(工学) 京都大学
 1988年 松下電器産業入社
 2006年 財団法人ファインセラミックスセンター入所 主任研究員
 2009年  同 ナノ構造研究所 ナノシミュレーション部 部長代行
 2011年  同 主席研究員
 2011年  同 ナノ構造研究所 ナノシミュレーションG グループ長
 2012年  同 ナノ構造研究所 計算材料グループ グループ長
 松下電器産業にて電子材料材料研究,材料開発,電子部品開発に従事した後に,社命により京都大学に留学し,第一原理計算研究に従事.
 2001年 博士学位取得後,第一原理計算チームを創設のチームリーダーに就任.
 2006年 財団法人ファインセラミックスセンター入所し計算材料グループを創設しグループ長に就任.
 マテリアルズインフォマティクスの国家プロジェクトであるMI2I,革新型Liイオン電池国家プロジェクトRISING2など数多くの国家プロジェクトに参画し第一原理計算担当として活躍.現在に至る.

【外部委員、客員教授等】
 室蘭工業大学 非常勤講師(平成12年度)
 関西学院大学 非常勤講師(平成15年度)
 DV-Xα研究協会 常任幹事(平成15年度~平成25年度)
 関西学院大学 理工学研究員(平成15年度~20年度)
 京都大学 共同研究員(平成20年度~継続中)
 日本物理学会 領域10 誘電体分科運営委員(平成22年度)
 日本セラミックス協会,「セラミックス誌」編集委員(平成22年度~平成27年度)
 日本セラミックス協会,日本セラミックス協会電子材料部会役員(平成25年度~継続中)
 日本セラミックス協会,論文誌電子材料特集ゲストエディター(平成27年度)
 物質・材料研究機構(NIMS)オープンラボ研究員(平成27年度~平成28年度)
 物質・材料研究機構(NIMS)招聘研究員(平成29年度~令和1年)
 NEDO 調査事業:機能性材料WG 委員(平成27年度)
 日本セラミックス協会,「セラミックス誌」編集副委員長(平成29年度)
 日本セラミックス協会,「セラミックス誌」編集委員長(平成30年度)
 日本セラミックス協会 理事(編集委員長)(平成30年度)
 日本セラミックス協会,行事企画委員会 委員(平成29年度~平成30年度)
 日本セラミックス協会,「学術論文誌 Journal of the Ceramic Society of Japan」論文誌編集委員(平成31年度~)
 大阪大学 招聘研究員(平成31年度~継続中)

セミナーの趣旨

 企業(Panasonic)における材料研究・第一原理計算による材料研究から製品設計,量産化,数値解析グループ長を務めた経験を有する講演者が,自身の経験に基づき,企業での電子材料研究(電池材料,誘電体材料等)に使える第一原理計算・マテリアルズインフォマティクスを基礎から応用まで講義致します.また,企業研究への第一原理計算・マテリアルズインフォマティクス応用研究成功のためのノウハウをお伝えします.

セミナー対象者

 ・企業において第一原理計算・マテリアルズインフォマティクス研究グループ立ち上げをお考えの方
 ・第一原理計算・マテリアルズインフォマティクスの活用をお考えの技術者・研究者・経営者・企業・研究機関にて電池材料研究に従事する技術者・研究者
 ・第一原理計算・マテリアルズインフォマティクスに関する知識・情報を収集したい技術者・研究者

セミナーで得られる知識

 ・第一原理計算・マテリアル
ズインフォマティクスの基礎・理論・第一原理計算・マテリアルズインフォマティクスの電池研究への応用

プログラム

      ※ 適宜休憩が入ります。

0. 事前質問事項への回答

1. 第一原理計算
 1.1 第一原理計算とは
 1.2 第一原理計算で何ができるか?
 1.3 計算環境の例
 1.4 計算スキーム

2. 計算理論・計算手法
 2.1 波動方程式を解くために
 2.2 Born-Oppenheimer(断熱)近似
 2.3 分子の電子状態計算手法
 2.4 密度汎関数法
 2.5 KohnSham方程式
 2.6 一電子(平均場)近似
 2.7 局所密度近似(LDA)
 2.8 一般化密度勾配近似(GGA)
 2.9 波動関数をどう表現するか
 2.10 領域の分割
 2.11 平面波基底
 2.12 擬ポテンシャル法とフルポテンシャル法

3. 第一原理計算を実施する環境整備
 3.1 どんな計算機を用意すべきか
 3.2 PCクラスター

4. 第一原理計算応用例
 4.1 どんな計算機を用意すべきか
 4.2 企業における実用的な第一原理計算
 4.3 成功する企業における第一原理計算導入例と失敗する第一原理計算導入例

5. マテリアルズインフォマティクス
 5.1 マテリアルズインフォマティクスとは?
 5.2 マテリアルズインフォマティクスの問題点
 5.3 企業における実用的なマテリアルズインフォマティクス

6. Q&A 

 

関連図書

        機械・装置

関連セミナー/ウェビナー

        機械・エレクトロニクス・コンピュータ