化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

触媒化学の基礎的事項と具体的な応用例について解説!
 
※ 本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。
セミナー修了後、受講者のみご覧いただける期間限定のアーカイブ配信を予定しております。

R&D支援センターウェビナー

       開催日時:2021年4月15日(木)10:30~16:30
       開催場所:【WEB限定セミナー】※ 在宅、会社にいながらセミナーを受けられます
       参 加 費:55,000円(税込、資料付【PDFにて配布いたします】)

定 員

 30名
 
【LIVE配信セミナーとは?】
・本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
・「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードするか、ZOOM を
  ダウンロードせず、Web ブラウザから参加するかの2種類がございます。
  ZOOM WEBセミナーのはじめかたをご覧ください。

・お申込み後、受理のご連絡メールをさせていただきます。
 一部メールが通常セミナー形式(受講券、請求書、会場の地図)になっておりますが
 LIVE配信のみのセミナーです。
・お申込み後、接続テスト用のURL(https://zoom.us/test)から
「ミーティングテストに参加」を押していただき動作確認をお願いします。
・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
・セミナー開催日時の10分前に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・セミナー資料は郵送にて前日までには、お送りいたします。
 ご自宅への送付を希望の方はご住所などをお知らせください。
・ご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。
 個別相談(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。
・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
・講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく
 複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

講 師

早稲田大学 理工学術院総合研究所 
客員上級研究員(研究院客員教授) 博士(工学)  常木 英昭 氏
元日本触媒技監、JSTさきがけアドバイザー、化学工学会実践化学工学講座講師

【専 門】
 反応工学、触媒化学、プロセス設計

受講対象・レベル

 企業実務で触媒の開発・製造・プロセス開発にかかわる技術者・研究者でこれらの分野の基礎的事項、スケールアップなどの応用の全般的知識の習得に関心のある方。

習得できる知識

 ・実用触媒の開発手順
 ・触媒活性の試験方法・反応速度解析方法
 ・触媒を用いたプロセス開発の指針

趣 旨

 触媒技術は物質生産の要であり、高活性・高選択性触媒の開発とそれを用いたプロセス技術開発は新しい材料生産における省エネルギー・省資源・コスト削減に不可欠です。また環境規制や温室効果ガス排出削減が厳しくなっていく中、排ガス処理触媒の高性能化/CCU・再生可能エネルギー利用関連技術も求められています。これらに向けて触媒化学の基礎的事項と具体的な応用例について解説します。

プログラム

1.触媒化学の基礎
  1-1 触媒(プロセス)開発の流れ
  1-2 触媒の種類と特徴
  1-3 触媒の活性成分・ミクロ/マクロ構造と機能
  1-4 触媒活性試験とその解析手法
  1-5 触媒評価方法(細孔構造・酸塩基性・酸化還元特性・活性点環境)
  1-6 触媒有効係数

2.触媒の実用化(触媒(プロセス)のスケールアップ/触媒劣化と対策)
  2-1 実用触媒の調製法
  2-2 実用触媒の成形法
  2-3 触媒プロセスのスケールアップ手順
  2-4 触媒プロセス開発の具体例
  2-5 触媒劣化とその原因解析
  2-6 触媒劣化対策と寿命延長

3.触媒技術の今後の展開・トピックス
  3-1 CO2削減
  3-2 水素製造
  3-3 触媒材料の他分野への展開(膜分離・吸着剤など)
  3-4 新しい反応場/触媒構造