化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】 のご案内

       開催日時:2020年10月19日(月)10:30~16:30 
       受 講 料:48,000円 + 税  * 資料付
          *メルマガ登録者 43,000 円 + 税
          *アカデミック価格 24,000 円 + 税
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
   → https://zoom.us/test
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★【メルマガ会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、2名目は無料、3名目以降はメルマガ価格の半額です。
 ★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、ウェビナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のウェビナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
  2名以上同時申込で、申込者全員メルマガ会員登録をしていただいている場合、2人目は無料です。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。複数名の受講申込みで、メルマガ登録をされていない方がおられる場合には、メルマガ登録を行ってから、ウェビナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ  ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (メルマガ価格)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料無料)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者4 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者5 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 6名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 森出 茂樹 氏  シンギュラーテクノロジーズ 代表

【講師経歴】
 経営・技術コンサルタント。技術視点と経営・企画視点でのイノベーションが専門領域。
 前職富士通㈱では、AI関連部門をまたぎ企画・研究・開発を行うと共に、社内外累計500余名にディープラーニング教育を実施。実務者コミュニティ構築なども推進。その他ARを始めEclipse FoundationでのProject設立など新プロダクトの企画・推進を行う。過去から未来を予測できない状況でイノベーションを起こす「エフェクチュエーション」の経験をもとに普及活動中。
 2018年 Singular Technologies 設立, 日本流通自主管理協会 技術顧問, Anamorphosis Networks 顧問, 成城大学 非常勤講師

【活 動】
 人工知能学会正会員、EDN Japan 2007年10月号 組み込みソフト開発にもEclipseの波、Eclipse パーフェクトマニュアル 2006、Eclipse で進む組み込み開発、平成14年度コンテンツ配信技術の調査研究報告、平成13年度コンテンツ配信技術の調査研究報告

【著 書】
 わかる!ストリーミング, オーム社 2002
 ファジィ制御を用いたオートクルーズの開発, 自動車技術 1988

セミナーの趣旨

 ディープラーニングを始めようとしている方からは「解説書を一通り読んだが具体的にどうなのかが今一つ理解できない」、「ツールをインストールしてサンプルを試したが、その後何をやったらよいかわからない」などの声をお聞きします。
 実際にディープラーニングを実務に活かすには次の一歩が必要です。開発の現場ではニューラルネットワークの各種パラメータの意味の理解や、チューニングのための各種ノウハウ(たとえば過学習への対応や層数とノード数のトレードオフ)などを、道具の使い方として体得していることが重要になります。
 そこで、まず基礎知識を歴史と最新動向の両面から学び、その後ビジュアル学習ツールを使って、パラメータの変更やチューニングを実施するとどのように変わるのかを視覚的に体感していただくとともに、現場での適用事例も紹介します。
 また現在、様々なディープラーニング・フレームワークがオープンソースで提供されていますが、本講座ではCaffe、TensorFlow、keras、theano、Chainerなど主要なフレームワークの特徴と用途を解説し、サンプルコードを対比しながらソースコードの一端を理解して頂き、最後に実際の開発ツールで画像認識のデモをご覧いただきます。
※ 実習にはGoogle ChromeまたはMozila FireFoxブラウザのご用意を推奨しております。Windws10 Edge ブラウザでも動作はしますが、最新アップデートが行われていて、javascriptの動作が許可されている必要があります。ブラウザだけあれば受講される方の持ち込みPCでかまいません。

セミナー対象者

 ディープラーニングを始めようとする方
 学習したがネットワークの挙動やチューニング方法でお困りの方
 現場適用をお考えの方。

セミナーで得られる知識

 ・ビジュアル学習ツールを使ったニューラルネットワークの挙動、各種パラメータの意味の理解とチューニングのための各種ノウハウ獲得・実務への適用事例・各種ディープラーニング・フレームワークの特徴理解

プログラム

            ※ 適宜休憩が入ります。
1. 歴史と最新動向の両面から学ぶディープラーニング基礎知識
 1.1 演習環境確認
 1.2 ディープラーニング基礎知識の確認
 1.3 画像認識のための深層学習の研究動向
 1.4 時間軸と言語処理
 1.5 ディープラーニングの現場適用事例紹介

2. チューニングワークショップ
 2.1 実習環境とツールの操作方法解説
 2.2 中間層とノード数の関係
 2.3 特徴量/ノードの多さと中間層の深さの関係
 2.4 活性化関数の選択と収束性の関係
 2.5 正則化の効果
 2.6 ミニバッチ学習と収束性の関係
 2.7 ノイズを加えたデータのロバスト性

3. DLツール比較・デモ
 3.1 各種ディープラーニングツール(Caffe、TensorFlow、keras、theano、Chainer など)
 3.2 ディープラーニングライブラリ各論
 3.3 実際の開発ツールを用いた画像認識デモ
 
 

関連図書

        機械・装置

関連セミナー/ウェビナー

        機械・エレクトロニクス・コンピュータ