化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

さまざまな硬化剤との反応機構を捕らえることで、 硬化物の良い物性を得るための基礎的な考え方を示す!
セミナー修了後、受講者のみご覧いただける期間限定のアーカイブ配信を予定しております。

 
※ 本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。

R&D支援センターウェビナー

       開催日時:2020年12月4日(金)12:30~16:30
       開催場所:【WEB限定セミナー】※ 在宅、会社にいながらセミナーを受けられます
       参 加 費:49,500円(税込、資料付)

定 員

 30名
 
【LIVE配信セミナーとは?】
・本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
・「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードするか、ZOOM を
  ダウンロードせず、Web ブラウザから参加するかの2種類がございます。
  ZOOM WEBセミナーのはじめかたをご覧ください。

・お申込み後、受理のご連絡メールをさせていただきます。
 一部メールが通常セミナー形式(受講券、請求書、会場の地図)になっておりますが
 LIVE配信のみのセミナーです。
・お申込み後、接続テスト用のURL(https://zoom.us/test)から
「ミーティングテストに参加」を押していただき動作確認をお願いします。
・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
・セミナー開催日時の10分前に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・セミナー資料は郵送にて前日までには、お送りいたします。
 ご自宅への送付を希望の方はご住所などをお知らせください。
・ご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。
 個別相談(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。
・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
・講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく
 複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
 
お申し込み受付中

申込方法

 下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお申込ください。

 FAX申込用紙PDF 

講 師

 東京工業大学 物質理工学院 応用化学系 教授  久保内 昌敏 氏

趣 旨

 エポキシ樹脂は、接着性や絶縁特性など非常に高いパフォーマンスを持つが、 エポキシ主鎖の化学構造および選択する硬化剤や副資材によって、その物性は大きく異なる。 ここでは、エポキシ樹脂(主鎖)の化学構造を理解し、さまざまな硬化剤との反応機構を捕らえることで、 硬化物の良い物性を得るための基礎的な考え方を示す. 加えて、副資材の一つで大きく物性を変えることのできるフィラーの使い方と、熱衝撃試験による 耐クラック性解析により、硬化物の物性評価に関する方法論を紹介する。

プログラム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第1部 エポキシ樹脂の化学構造と特徴
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.エポキシ樹脂硬化物の高分子構造
  1-1 熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂
  1-2 エポキシ樹脂硬化物の分子構造
  1-3 エポキシ環の反応性とその特徴
2.ビスフェノール型エポキシ樹脂の構造と特徴
  2-1 ビスフェノールA型樹脂の特徴と用途
  2-2 ビスフェノールA型樹脂の原料と合成
  2-3 ビスフェノール型のバリエーション
   ・ビスフェノールF型樹脂
   ・臭素化ビスフェノール樹脂
3.ノボラック型エポキシ樹脂の構造と特徴
  3-1 フェノールノボラック型/クレゾールノボラック型
  3-2 ノボラック型エポキシ樹脂のバリエーション
4.その他のエポキシ樹脂
  4-1 環状脂環式,グリシジルエステル,グリシジルアミン,複素環式
  4-2 ビフェニル型,多環芳香族,水添脂環式

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第2部 主な硬化剤と硬化メカニズムの基礎
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.硬化剤と活性水素
  1-1 硬化剤の種類
  1-2 活性水素
2.アミン系硬化剤との反応
  2-1 アミン系硬化剤との反応
  2-2 アミン系硬化剤の種類
  2-3 ポリチオール硬化剤
3.酸無水物系硬化剤およびフェノール硬化剤との反応
  3-1 酸無水物硬化剤との反応
  3-2 酸無水物硬化剤の種類
  3-3 フェノール系硬化剤の種類と反応
4.その他の硬化剤
  4-1 触媒硬化
   ・イミダゾール
   ・その他触媒硬化
  4-2 潜在硬化
   ・DICY
   ・光硬化
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第3部 副資材とその効果
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.副資材の種類と特徴
  1-1 充填材の種類と特徴
  1-2 フィラーの用途
2.フィラーを充填したエポキシ樹脂の機械的特性
  2-1 弾性率,強度
  2-2 破壊靱性
  2-3 ハイブリッド充填
3.無機フィラーを充填したエポキシ樹脂の耐水性・耐食性
  3-1 エポキシ樹脂の耐酸性・耐アルカリ性
  3-2 フィラーを充填した樹脂への浸入と浸入抑制
  3-3 フィラーを充填した樹脂の化学的劣化

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第4部 エポキシ樹脂の耐熱衝撃性の評価方法
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.熱衝撃とは
  1-1 熱衝撃と内部応力
  1-2 パッケージクラックとその改善
2.熱衝撃試験方法
  2-1 試験方法
  2-2 耐クラック性の定量的評価
  2-3 熱衝撃特性に及ぼす水分の影響
3.フィラーを充填したエポキシ樹脂の耐熱衝撃性評価
  3-1 硬質フィラーを充填したエポキシ樹脂の耐熱衝撃性
  3-2 軟質フィラーの効果とハイブリッド充填
  3-3 高いアスペクト比を持つフィラーの耐熱衝撃性