化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】 のご案内

       開催日時:2020年12月1日(火)10:30~16:30 
       受 講 料:50,000円 + 税  * 資料付
          *メルマガ登録者 40,000 円 + 税    20%OFF
          *アカデミック価格 24,000 円 + 税
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
   → https://zoom.us/test
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★【メルマガ会員特典】通常の特典(2名目無料,3名目以降半額)は適用外となりますが,定価の20%引きでご参加いただけます。
 ★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が20%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、ウェビナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のウェビナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 戸田 健司 氏  新潟大学 研究推進機構 研究教授

【講師経歴】
 1997年~1998年 新潟大学 工学部 化学システム工学科 助手
 1998年~2000年 新潟大学 工学部 化学システ ム 工学科 助教授
 2000年10月より 新潟大学 大学院 自然科学研究科 助教授
 2016年10月より 新潟大学 研究推進機構 研究教授
 2016年6月より 韓国成均館大学校,招聘教授
 2011年6月より 大学発ベンチャー N-ルミネセンス㈱ 取締役

【学 会】
 日本電子材料技術協会 理事、日本電子材料技術協会「表示デバイス素子材料研究部会」主査、 日本セラミックス協会 電子材料部会 役員、日本セラミックス協会 東北北海道支部 幹事

セミナーの趣旨

 蛍光体業界において、信頼できる世界生産量の公式統計資料はない。そのため、LED用蛍光体はバックライトやLED照明で使用されている重要な部材でありながら、販売および開発状況について把握することが困難である。
 そのような状況をふまえ、本講演では、現行の白色LED用蛍光体の長所と欠点だけでなく、それを解決するための新規蛍光体への取り組みを自身のグループだけでなく世界的な動向も含めて、講演者が実際に直接的にコンタクトした生きた情報として幅広く解説する。

セミナー対象者

 ・LED用蛍光体を実際に使用するユーザーであり、その開発動向について最新の情報を知りたい方
 ・LED用蛍光体の開発に興味があり、開発テーマとしての可能性を検討している技術者
 ・蛍光体の新しい用途(太陽電池、植物工場、化粧品など)を探索している技術者

セミナーで得られる知識

 実際に使える技術として、白色LED用蛍光体の設計、蛍光体の合成とその評価までを理解できるようにします。

プログラム

            ※ 適宜休憩が入ります。
1. 蛍光体に関する基礎知識
 1.1 蛍光体を理解するために必要な結晶学と固体化学の基礎
 1.2 蛍光体母体の選択 酸化物、(酸)窒化物、フッ化物、量子ドット
 1.3 発光イオンの選択 希土類、遷移金属
 1.4 次世代のレーザー励起用蛍光体で重要な熱消光理論
 1.5 発光波長の制御のための設計思想 なぜナローバンド(狭帯域発光)化がブームなのか?

2. 実用蛍光体の評価と設計の実際
 2.1 酸化物蛍光体 黄色(Y,Gd)3(Al,Ga)5O12:Ce等
 2.2 窒化物蛍光体 赤色(Ca,Sr)AlSiN3:Euなど
 2.3 酸窒化物蛍光体 緑色β-サイアロン:Eu、赤色Sr[Li2Al2O2N2]:Euなど
 2.4 フッ化物蛍光体 赤色 K2SiF6:Mnなど

3. LED用蛍光体の市場と開発動向
 3.1 市場の見積もり
 3.2 世界における蛍光体企業
 3.3 論文には書かれないノウハウ

4. LED蛍光体から派生した新しい応用分野
 4.1 レーザープロジェクタおよびレーザーヘッドライト
 4.2 植物育成用蛍光体
 4.3 太陽電池用波長変換膜 なぜ必要なのか?
 4.4 その他の最新情報

 

関連図書

        機械・装置

関連セミナー/ウェビナー

        機械・エレクトロニクス・コンピュータ