化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】 のご案内

       開催日時:2020年11月16日(月)10:30~16:30 
       受 講 料:50,000円 + 税  * 資料付
          *メルマガ登録者 40,000 円 + 税    20%OFF
          *アカデミック価格 24,000 円 + 税
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
   → https://zoom.us/test
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★【メルマガ会員特典】通常の特典(2名目無料,3名目以降半額)は適用外となりますが,定価の20%引きでご参加いただけます。
 ★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が20%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、ウェビナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のウェビナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 清川 清 氏  奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 情報科学領域 教授

【講師経歴】
 1994年 大阪大学 基礎工学部 三年次中退
 1996年 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士前期課程修了
 1998年  同 博士後期課程修了.日本学術振興会特別研究員.
 1999年 通信総合研究所(現情報通信研究機構)研究官
 2001年 ワシントン大学 HITLAB客員研究員
 2002年 大阪大学サイバーメディアセンター助教授
 2007年  同 准教授
 2017年 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 教授.博士(工学)

【活 動】
 日本バーチャルリアリティ学会フェロー,理事.IEEE TVCG Associate Editor.IEEEVR,IEEEISMAR,IEEE3DUI,ICAT,APMAR,Cyberworldsなどの国際会議のSteering Committee委員や大会長などを歴任.ICAT2011,IUI2013,AugmentedHuman 2016などで最優秀論文賞など.

セミナーの趣旨

 ARやVRの技術が非常に注目されています.本セミナーでは,これらの技術がこれまでどのように発展してきたのか,現在どのような状況にあるのか,今後どのように発展していくのかについて,分かりやすく解説します.

セミナー対象者

 ・AR/VRに関わる業務をはじめたばかりの方
 ・AR/VRに関わる事柄を教える立場になった方
 ・AR/VRの動向に興味のある方

セミナーで得られる知識

 ・AR/VRの全体像を把握できます
 ・AR/VRの今後を想像しやすくなります

プログラム

      ※ 適宜休憩が入ります。

1. AR/VRの概要
 1.1 VRの定義
 1.2 VRの歴史
 1.3 VRの応用事例
 1.4 ARの定義
 1.5 ARの歴史
 1.6 ARの応用事例

2. ディスプレイ技術の現状と展望
 2.1 視覚ディスプレイ
  2.1.1 ヘッドマウントディスプレイ
  2.1.2 プロジェクション型ディスプレイ
 2.2 聴覚ディスプレイ
 2.3 前庭感覚ディスプレイ
 2.4 味覚ディスプレイ
 2.5 嗅覚ディスプレイ
 2.6 触力覚ディスプレイ

3. センシング技術の現状と展望
 3.1 VRのセンシング
  3.1.1 物理的状態のセンシング
  3.1.2 生理的状態のセンシング
  3.1.3 心理的状態のセンシング
 3.2 ARのセンシング
  3.2.1 幾何的整合性のためのセンシング
  3.2.2 時間的整合性のためのセンシング
  3.2.3 光学的整合性のためのセンシング
  3.2.4 環境のセンシング

4. AR/VRから人間拡張へ
 4.1 感覚の補綴・代行・拡張
 4.2 人間拡張の事例
 4.3 これからのAR/VR技術

 

関連図書

        機械・装置

関連セミナー/ウェビナー

        機械・エレクトロニクス・コンピュータ