化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】 のご案内

       開催日時:2020年11月4日(水)13:30~16:30 
       受 講 料:40,000円 + 税  * 資料付
          *メルマガ登録者 36,000 円 + 税
          *アカデミック価格 24,000 円 + 税
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
   → https://zoom.us/test
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★【メルマガ会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、2名目は無料、3名目以降はメルマガ価格の半額です。
 ★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、ウェビナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のウェビナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
  2名以上同時申込で、申込者全員メルマガ会員登録をしていただいている場合、2人目は無料です。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。複数名の受講申込みで、メルマガ登録をされていない方がおられる場合には、メルマガ登録を行ってから、ウェビナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ  ウェビナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (メルマガ価格)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料無料)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者4 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者5 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 6名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 亀田 豊 氏  千葉工業大学 創造工学部都市環境工学科 准教授

【講師経歴】
 東北大学 工学研究科 博士前期課程修了後、北海道大学 工学研究科 博士後期課程修了。工学博士。横浜国立大学、独立行政法人 土木研究所、埼玉県を経て現在、千葉工業大学 創造工学部 都市環境工学科 准教授。
 現在、環境省 環境技術審議会 委員、市川市 下水審議会 委員等を併任

【活 動】
 マイクロプラスチック等の水中の微量汚染物質に関する研究を進める。現在、マイクロプラスチック研究にて、逢甲大学、ホーチミン市工科大学、ダッカ大学、民間企業等と共同で、太平洋を中心とした全休レベルのマイクロプラスチックの観測を行っている。
 日本水環境学会、日本環境化学会、Society of Environmental Toxicology and Chemistry 等の国内外の学会に所属。

セミナーの趣旨

 本講座では、マイクロプラスチックの定義から調査分析方法や様々な試料中の濃度結果、さらにはウェビナーを利用して実際の分析方法のライブ配信など、最新の情報盛りだくさんでご紹介します。製造業や研究調査機関、行政等でご活躍の方はもちろんのこと、これからマイクロプラスチックの業務に携わる方、すでに携わっているがどうすべきか困っている方に、具体的な道標を個別にご提供いたします。

セミナー対象者

 ① これからマイクロプラスチックスについて関係していかれる行政の方、メーカー、分析業者、研究者の方
 ② 現在 マイクロプラスチックスに関係している行政の方、メーカー、分析業者、研究者の方
 ③ 分析機器の選定、分析方法に悩んでいる方 ④マイ クロプラスチックスの今後の動向を知りたい方

セミナーで得られる知識

 ・従来のマイクロプラスチック調査方法と問題点
 ・現在の最新のマイクロプラスチック調査分析方法
 ・マイクロプラスチックの国際的標準分析方法(ISO)の動き
 ・製造業をはじめ、産業界におけるマイクロプラスチック対応と最新情報
 ・国内外における河川、排水、海洋、水生生物中のマイクロプラスチック調査結果

プログラム

      ※ 適宜休憩が入ります。

1 マイクロプラスチック問題の世界の動向
 1.1 マイクロプラスチックとは~一般的な定義及び最近の考え方~
 1.2 マイクロプラスチックの環境影響~様々な暴露経路による生物、ヒトへの影響~
 1.3 マイクロプラスチックの社会的影響~地域的に考え方に違いがある~
 (1)EU
 (2)アメリカ
 (3)日本
 (4)中国
 (5)ISO(生分解性試験)

2 マイクロプラスチック調査方法、分析方法概論
 2.1 現行のマイクロプラスチック調査方法とその問題点
 (1)実体顕微鏡による分析方法
 (2)マクロFTIRによる分析方法
 (3)顕微FTIRによる分析方法
 (4)IRスペクトルによるマッチングにおける問題点~環境中物質と標準物質との差への対応~
 2.2 最新のマイクロプラスチック調査方法、分析方法の紹介
 (1)可搬型オンサイトマイクロプラスチック濃縮装置の紹介
 (2)試料別前処理方法の紹介
 (3)顕微FTIRによる最新定量定性自動分析方法の紹介
 (4)ラマン分光光度計による極微細粒子の自動分析方法の紹介
 2.3 最新のマイクロプラスチック調査方法、分析方法を用いた調査結果事例~調査分析のコツと1μm以上の微細粒子も含めたマイクロプラスチック~
 (1)下水
 (2)河川
 (3)海洋
 (4)砂浜
 (5)食品
 (6)水道水
 (7)大気

3 マイクロプラスチック調査、分析の実演
  ~すぐに調査、分析ができるように~
 (1)亀田研究室より実際のサンプルの分析を生中継

4 総括とフリーディスカッション
  ~個別の質疑応答や相談などゼミナール形式にて実施~

 

関連図書

        材料・合成技術

関連セミナー/ウェビナー

        材 料