化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

光学レンズ設計を目的とする初心者を対象として、幾何光学から波動光学までの重要な項目をわかりやすく解説!
 
※ 本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。

R&D支援センターウェビナーのご案内

       開催日時:2020年6月18日(木)10:00~16:30
       開催場所:自宅や職場など世界中どこでも受講可
       参 加 費:55,000円(税込、資料付)

【LIVE配信セミナーとは?】
・本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
・「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードするか、ZOOM を
  ダウンロードせず、Web ブラウザから参加するかの2種類がございます。
  ZOOM WEBセミナーのはじめかたをご覧ください。

・お申込み後、受理のご連絡メールをさせていただきます。
 一部メールが通常セミナー形式(受講券、請求書、会場の地図)になっておりますが
 LIVE配信のみのセミナーです。
・お申込み後、接続テスト用のURL(https://zoom.us/test)から
「ミーティングテストに参加」を押していただき動作確認をお願いします。
・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
・セミナー開催日時の10分前に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・セミナー資料は郵送にて前日までには、お送りいたします。
・ご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。
 個別相談(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。
・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
 
お申し込み受付中

申込方法

 下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお申込ください。折り返し、聴講券、会場地図、請求書を送付いたします。

 FAX申込用紙PDF 

講 師

 ㈱オプト・イーカレッジ 代表取締役 工学博士  河合 滋 氏

《略歴》
 1981年 3月 埼玉大学 理学部 物理学科 卒業
 1983年 3月 筑波大学大学院 理工学研究科 修了(理学修士)
 1983年 4月 日本電気㈱ 光エレクトロニクス研究所 入社
 1992年 3月 筑波大学大学院 博士(工学)
 1997年 4月 職業能力開発総合大学校 電子工学科 助教授
 2007年 4月 職業能力開発総合大学校 通信システム工学科 教授
 2012年 4月 株式会社オプト・イーカレッジ 代表取締役

《活動等》
 一般社団法人 国際光技術者検定協会 理事(検定委員)
 特定非営利活動法人 日本フォトニクス協議会 理事
 電気通信大学/埼玉県立大学/尚美学園大学 非常勤講師
 応用物理学会 微小光学研究会 実行委員
 Microoptics Conference, Program Committee

定 員

 30名

受講対象・レベル

 光関連の技術者(初心者)、光関連の営業関係者

趣 旨

 携帯電話にはカメラ機能が付き、光通信、光ディスク、LED照明など、光技術は世の中になくてはならないものとなっています。その周辺技術も裾野が広がり、これまで関係のなかった技術分野でも、光の知識を必要とする場面が増えています。光学は、日本が世界に誇れる伝統的な技術ですが、昨今、大学で教えるところはほとんどなく、その技術を習得したい場合には独学を余儀なくされています。
 本講習会では、光学レンズ設計を目的とする初心者を対象として、幾何光学から波動光学までの重要な項目をわかりやすく解説します。結像光学系、照明光学系、レーザー光学系に関して基本的な技術を身に付けることができます。
 本講習会を受講すると、(一社)国際光技術者検定協会主催の光検定のブロンズレベルからシルバーレベル程度の知識を身に付けることができ、光の専門家として活躍することができます。是非、ご参加ください。

プログラム

1. 光の伝搬
 1.1 フェルマの原理
 1.2 反射と屈折
  反射の法則、屈折の法則、全反射
 1.3 プリズム
  頂角、振れ角、分散プリズム、直角プリズム
 1.4 波面
  平面波、球面波

2. 光学系と結像
 2.1 レンズ
  凸レンズ、凹レンズ、合成結像系
 2.2 ミラー
  平面鏡、球面鏡、放物面鏡
 2.3 結像
  実像、虚像、レンズの公式、像倍率
 2.4 光学系のパラメータ
  主要点(焦点・主点・節点)、焦点距離、像倍率、絞りと瞳、レンズの明るさ(Fナンバー・開口数)、視角、画角、被写界深度
 2.5 近軸結像
  近軸光線追跡、光線行列

3. 光学器械
 3.1 眼
 3.2虚像を作る光学系
  屈折望遠鏡、反射望遠鏡、反射屈折望遠鏡、顕微鏡
 3.3 実像を作る光学系
  カメラ、プロジェクタ

4. 収差
 4.1 色収差と分散
  平均分散とアッベ数、軸上色収差、倍率色収差
 4.2 色消しレンズ
  アクロマート、アポクロマート
 4.3 単色収差
  光線収差、波面収差、球面収差、非点収差、像面湾曲、歪曲、コマ

5. 干渉
 5.1 ホイヘンスの原理
 5.2 薄膜の干渉
  反射防止膜
 5.3 干渉計

6. 回折
 6.1 回折とは
 6.2 フラウンホーファー回折
  実空間と周波数空間、凸レンズと回折、開口の回折
 6.3 回折光学素子
  回折格子、回折レンズ

7. 波動光学的な結像
 7.1 波面の伝搬
  瞳関数、点像分布関数
 7.2 光学伝達関数
  OTF、MTF

8. 偏光
 8.1 偏光とは
  直線偏光、円偏光、楕円偏光
 8.2 物質の透過率と反射率
 8.3 偏光素子
  偏光子、移相子(波長板)、旋光子
 8.4 複屈折

9. レーザー光学系
 9.1 レーザー光の伝搬
  ガウシアンビーム、ビームウエスト、光線行列

【質疑応答・名刺交換】

スケジュール

 10:00~11:20 講義
 11:20~12:10 昼食
 12:10~13:30 講義
 13:30~13:40 休憩
 13:40~15:00 講義
 15:00~15:10 休憩
 15:10~16:30 講義