化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ 基礎的な知識から近未来までの情報を網羅 ~

当該ウェビナーは、同日同時刻の セミナー が【ライブ配信】のみの開催に変更になったものです。

CMCリサーチウェビナー【ライブ配信】 のご案内

       開催日時:2020年6月11日(木)13:30~16:30
       受 講 料:42,000円 + 税  * 資料付
         ★【ライブ配信】のみの開催に変更し、受講料を 値下げしました!
          *メルマガ登録者 33,000 円 + 税(20%引き)
          *アカデミック価格 24,000 円 + 税
         パンフレット

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。推奨環境は当該ツールをご参照ください。後日、視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。 詳細は  こちら  をご覧ください。
 ★ 受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。
 ★ 【メルマガ会員特典】ウェビナー開始キャンペーン中につき、通常の特典(2名目無料、3名目以降半額)は適用外となりますが、 定価の20%引 でご参加いただけます。
 
お申し込み受付中

申込方法

 セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。

 
[メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、ウェビナー開始キャンペーン中につき、 定価の20%引き でご参加いただけます。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加をお申込ください。 → メルマガ登録ページ  
 メルマガ登録者のセミナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。
 
[アカデミック価格申込者はこちらから]
 
[FAXでのお申込みはこちらから]
             FAX申込用紙PDF 
 

講 師

  畔上 文昭 氏   ㈱ザイナス 量子計算コンサルタント

【講師経歴】
 1967年9月生まれ。金融系システムエンジニアを約7年務めて、出版業界に。月刊 ITセレクト(中央公論新 社発行)、月刊 e・Gov(IDGジャパン発行)、月刊 CIO Magazine(IDGジャパン発行)の編集長を歴任。2015年2月から、2017年12月まで週刊 BCN編集長(十代目)。2019年6月より現職。

【活 動】
 量子コンピューターをビジネスの現場で活用するためのコンサルタントとして活動中。

セミナーの趣旨

 次世代のコンピューターとして、量子コンピューターへの期待が高まっています。背景の一つとして、トランジスタの集積度が1年半~2年ごとに2倍になる「ムーアの法則」の終焉が近づいているということが挙げられます。新たなチャンスを求めて多くのメーカーによる開発競争が繰り広げられているほか、米国や中国など、国家レベルの取り組みも盛んになってきました。すでに商用サービスとして提供される量子コンピューターも登場しています。つまり、未来の技術ではなく、活用可能な技術であり、現時点においてもビジネスに適用できる状況にあるということです。とはいえ、量子コンピューターの概念の難しさから、多くの人にとって近づきがたい存在であることも確かで、研究開発とビジネス活用の間に大きな溝があるのも確かです。そこで本セミナーでは、基礎的な知識から近未来までの情報、ビジネス活用でのヒントなどを難しい数式を使わずにやさしく解説します。

セミナー対象者

 量子コンピューターの基礎を知っておきたい、またはビジネスでの活用を探りたいという技術者、営業、マーケティング担当者等

セミナーで得られる知識

 ① 量子コンピューターの基礎知識
 ② ビジネスでの現場での活用方法
 ③ 世界と日本の取り組み状況
 ④ 最新動向と今後の可能性

プログラム

        ※ 適宜休憩が入ります。
1.量子コンピューターの基礎 
 1.1 なぜ、量子コンピューターが注目されているのか 
 1.2 量子とは何か 
 1.3 今までのコンピューターとどう違うのか 
 1.4 どのような仕組みなのか 
 1.5 セキュリティ対策が無意味に!? 
 
2.量子アニーリング方式と量子ゲート方式 
 2.1 二つの方式について 
 2.2 量子アニーリング方式 
 2.3 量子ゲート方式 
 2.4 NISCについて 
 2.5 主要メーカーの動向 
 2.6 各国の取り組み 
 
3.ビジネスでの活用 
 3.1 量子アニーリング方式 
 3.2 量子ゲート方式 
 
4.どんな人材が必要になるのか 
 4.1 必要とされる人材 
 4.2 開発ツール 
 
5.最新動向と今後の方向性 
 5.1 注目は量子超越性 
 5.2 求められる新たな発想力 
 
 

関連図書

        機械・装置

関連セミナー

        機械・エレクトロニクス・コンピュータ