化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

S&T出版セミナーのご案内

       開催日時:2020年5月29日(金)13:00~16:30
       会  場:東宝土地 5F 会議室  → 会場へのアクセス 
            〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-2 高橋ビル
       受 講 料:45,100円(税込) ※ 資料付
            お申し込み受付中

申込方法

 下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお申込ください。折り返し、聴講券、会場地図、請求書を送付いたします。

   FAX申込用紙PDF 

講 師

仲野 陽 氏
アルプスアルパイン㈱ アルプスカンパニー 技術本部 電源プロジェクト 第2グループ 主査

セミナーの趣旨

 SiCやGaNなどの新素材パワーデバイスを搭載する次世代パワーエレクトロニクスの市場が立ち上がり始め、周辺部品であるリアクトル・トランスへの関心が高まっています。電力変換器を小型軽量で高効率にするため、リアクトルやトランスのコア材料にはどのような特性が求められるのか、その考え方を提示します。また、次世代パワーデバイスとのペアリングに適したコア材料とその事例を紹介します。

プログラム

1. 磁気基礎
 1.1 記号と単位
 1.2 電流と磁界、磁束密度
 1.3 コアの機能
 1.4 磁気飽和

2. リアクトル・トランスの役割
 2.1 リアクトル・トランスの用途と名称
 2.2 リアクトル・トランスの目的
 2.3 リアクトルの基本機能
 2.4 トランスの基本機能
 2.5 リアクトル・トランスの構成要素

3. コア形状
 3.1 各種コア形状とその特徴
 3.2 コア形状の設計パラメータ

4. コア材料
 4.1 磁性体の分類
 4.2 磁性材料の技術史
 4.3 コア材料の種類と名称
 4.4 コア材料の基本特性
 4.5 各種コア材料の特徴

5. コア材料選定の考え方
 5.1 昇降圧リアクトル
 5.2 高周波トランス
 5.3 要求特性

6. コア材料選定例
 6.1 昇降圧リアクトルの設計例
 6.2 低鉄損磁性材料“リカロイTM”

7. リカロイTMの適用事例

8. 今後の課題