化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

高分子の結晶化の基礎を始め、外場下やフィラー、ブレンド条件などの様々な系における高分子の結晶化まで詳解!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2020年4月24日(金)12:30~16:30
       会  場:江東区産業会館 第2会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,500円(税込、資料付)

講 師

 岡山理科大学 理学部化学科 講師(科学博士)  大坂 昇 氏

定 員

 10名

受講対象・レベル

 高分子材料を扱っている、または扱う予定がある技術者や開発者、研究者。

必要な予備知識

 高分子と結晶化のそれぞれの基礎から解説しますが、熱力学に関する講義の受講経験があることが望ましい。

習得できる知識

 ・高分子の結晶化がなぜ、どのように起こるのか
 ・高分子の結晶化や結晶の階層構造をどのように制御することができるのか
 ・必要となる分析手法
 上記に関する基礎的な理解と知識

趣 旨

 高分子材料は融(溶)かして、流して、固めることで製品として形作られます。特に結晶性高分子を扱う場合には固める際に結晶化という現象を抜きに語ることはできません。また、同一の結晶性高分子でも結晶化の条件を変えることで高性能な高分子材料を作ることもでき、結晶化に関する理解は材料設計に必要不可欠な要素となっています。
 本講習会では、高分子の結晶化がなぜ、どのように起こるのかという基本的な事項から説明を始め、外場下やフィラー、ブレンド条件などの様々な系における高分子の結晶化まで、高分子の結晶化の理解に重点をおいて説明をします。

プログラム

1.高分子および結晶化を理解するための基礎
1-1.高分子の特徴
1-2.結晶性高分子と非晶性高分子
1-3.結晶性高分子の階層構造
1-4.結晶化の駆動力
1-5.一般的な核生成・成長モデル、不純物の効果、結晶多形

2.高分子の結晶化
2-1.高分子の核生成・成長モデル
2-2.球晶成長速度の分子量および温度依存性
2-3.結晶化度の時間発展
2-4.中間相を経由する結晶化

3.様々な系における高分子の結晶化の実際
3-1.外場(せん断、延伸、圧力等)下での結晶化
3-2.フィラー存在下での高分子の結晶化
3-3.相溶高分子ブレンド(結晶/非晶および結晶/結晶)の結晶化
3-4.非相溶高分子ブレンドの結晶化