化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチセミナーのご案内

       開催日時:2020年4月20日(月)10:30~16:30 
       会  場:ちよだプラットフォームスクウェア 会議室  → 会場へのアクセス 
            〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
       受 講 料:48,000円 + 税    ※ 資料・昼食付
             * メルマガ登録者は 43,000円 + 税
             * アカデミック価格は 24,000円 + 税
            パンフレット
 
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★ 【メルマガ会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。※ 他の割引と併用はできません。
 ★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。折り返し、聴講券、会場地図、請求書を送付いたします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のセミナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
  2名以上同時申込で、申込者全員メルマガ会員登録をしていただいている場合、2人目は無料です。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。複数名の受講申込みで、メルマガ登録をされていない方がおられる場合には、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ  セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (メルマガ価格)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料無料)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者4 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者5 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 6名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 小島 尚 氏  帝京科学大学 生命環境学部 生命科学科 教授

【講師経歴】
 東京薬科大学大学院 博士後期課程 修了後,ヒューマンサイエンス振興財団流動研究員(所属:国立衛生試験所),母校助手,神奈川県衛生研究所食品薬品部,理化学部等を経て,23年4月から帝京科学大学において食品科学や香粧品等を担当している。

セミナーの趣旨

 分析試験は医薬品,化粧品や食品等の安全性や有効性を担保するための基盤です。医薬品の開発や新たな機能性素材の開発などでも如何なる研究でも評価するための分析方法が根幹をなします。その分析方法が信頼できるものでなければ砂上の楼閣となってしまいます。その分析法の信頼性を担保するためにはどのような方法があり,精度として医薬品製造承認等では求められているのでしょうか。ICHをはじめとして国海外では医薬品分野では各種のバリデーションがGxP`sに定められ、分析方法についてもバリデーションが求められています。しかし,分析方法のバリデーションとはいっても取っ付き難く,むずかしい,初めて接した場合にはなかなか理解できないものです。本講座では医薬品等の製造承認,品質試験,さらに,新製品の開発での成分測定を行う場合に必要な分析において,初任者にもわかりやすく,分析能パラメータ等を解説します。
 これにより,試験が円滑に効率よく進められるための道標として,分析法バリデーションを活用できるようになることを目指しています。GMPにおける分析方法のバリデーションとは何か,また,分析法バリデーションを行うための準備と計画などを理解し,事例を見ながら実際に設定できるようになることを目指す基礎講座です。近年,データの改ざんや偽装などが問題となっていますが,データの完全性等も触れたいと思います。

セミナー対象者

 ・分析法バリデーションを基礎から理解したい初任者
 ・分析法バリデーションの活用を目指している方
 ・試験検査をより円滑に実施したい方

セミナーで得られる知識

 ・化学分析を行う場合に押さえるべき項目
 ・ガスクロマトグラフィーや液体クロマトグラフィーを利用するときの注意点
 ・規格試験を設定する場合のポイント
 ・日常検査と規格値設定との乖離

プログラム

  ※ 適宜休憩が入ります。

1.分析法バリデーションのための基礎知識
 医薬品の製造管理や品質管理はGMPに基づいて行われており、その評価に用いる分析法におけるバリデーションの意味と意義を学びます。
 ・化学分析の基本は方法のバリデーション
 ・医薬品GMPにおける分析法バリデーションの目的と意義
 ・基本統計量(母集団,標本,平均,標準偏差,誤差 等)
 ・データの完全性(データインテグリティ)

2.分析法バリデーションと分析能パラメータ
 試験方法のタイプ別に分析法バリデーションを検討して評価する指標である分析能パラメータについて解説します。
 ・基礎的な概念から分析能パラメータの意味
 ・試験方法のタイプに要求される分析能パラメータ
  (特異性,直線性と範囲,真度と精度(併行精度,再現性), 検出限界と定量限界,頑健性)
  これらの定義,目的,求め方等をそれぞれについて説明します。

3.機器分析における分析法バリデーションの実際
 分析機器の代表例であるHPLCまた分光分析について確認試験,純度試験また定量法等のバリデーションを行う場合,どのようなパラメータが必要か,さらに,実験計画の事例について学びます。
 ・機器分析における適格性評価
 ・HPLC等における分析法のパラメータは何か
 ・HPLCにおける真度,精度を求めるための実際
 ・日常的に確認したい項目とシステム適合性

4.分析法バリデーションに関連する事柄
 分析法バリデーションはそれだけで分析試験の信頼性を確保できません、設備や装置のクオリフィケーション,また,校正や標準品,更に,継続的試験を行います。医薬品GMPで関連する事項について確認しましょう。
 ・信頼できる分析水準を維持するための点検と校正
 ・分析法バリデーションでは記録,文書化,保存が大切
 ・関連する不可欠な事項の存在

質疑応答、名刺交換

 

関連図書

        医薬・ヘルスケア・バイオ・食品

関連セミナー

        医薬・医療
        食品・化粧品・バイオ