化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチセミナーのご案内

       開催日時:2020年4月22日(水)10:30~16:30 
       会  場:ちよだプラットフォームスクウェア 5F  → 会場へのアクセス 
            〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
       受 講 料:45,000円 + 税    ※ 資料・昼食付
             * メルマガ登録者は 40,000円 + 税
             * アカデミック価格は 24,000円 + 税
            パンフレット
 
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★ 【メルマガ会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。※ 他の割引と併用はできません。
 ★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。折り返し、聴講券、会場地図、請求書を送付いたします。
 セミナーお申し込み前に必ず  こちら  をご確認ください。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のセミナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
  2名以上同時申込で、申込者全員メルマガ会員登録をしていただいている場合、2人目は無料です。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。複数名の受講申込みで、メルマガ登録をされていない方がおられる場合には、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ  セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (メルマガ価格)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料無料)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者4 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者5 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 6名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 日髙 貴志 夫先生  山形大学 工学部 建築・デザイン学科 教授

【講師経歴】
 1992年4月 ㈱日立製作所入社 日立研究所 配属、2014年4月 山形大学 地域教育文化学部 教授、2018年4月 山形大学 工学部 建築・デザイン学科 教授 現在に至る

【研究歴】
 材料科学(金属・セラミックス・ポリマー系材料の高機能化)半導体実装

【所属学会】
 日本建築学会、日本応用物理学会

【著 書】
 「電磁波吸収・シールド材料の設計、評価技術と最新ノイズ対策」(技術情報協会出版・2016/9、https://johokiko.co.jp/)

セミナーの趣旨

 5G電子機器の電磁波シールド・吸収材料の選定が佳境に達している。本講演では、5Gおよび5GBeyondの高周波へ向かうトレンド及びそれに対応する電磁波ノイズ対策材料について初学者にもわかりやすく述べる。その材料設計として電磁波シールド・吸収の性能向上をはかり、それをどのように市場に提案するかを示す。特に、後半に講演者がかかわった電磁波吸収材料の事業化の経験についても述べるので、ご参考になれば幸いである。

セミナー対象者

 ・自社製品の新展開として電磁波ノイズ対策への応用を考えている材料研究開発者または新事業展開を考えている企画の方
 ・自身の業務に活用するため、電磁波計測方法についての知見を得たいと考えている方
 ・電磁波吸収材料開発に取り組んでいるが、電磁波吸収特性および計測値のバラツキのような課題があり悩んでいる方

セミナーで得られる知識

 ・電磁波の基礎知識
 ・材料開発のノウハウ
 ・計測データバラツキのトラブル対処法
 ・電磁波シールドおよび吸収材料のビジネスチャンスの見方

プログラム

  ※ 適宜休憩が入ります。

1. 5G実現に向けた活動
 1.1 5Gのキーコンセプト
 1.2 3Gおよび4Gと5Gの相違
 1.3 5Gで利用される周波数帯(6~100GHzの帯域による分類)
 1.4 これまでの実証試験結果

2. 電磁波の基礎
 2.1 電磁波とは何か?
 2.2 金属が電磁波を反射する原理
 2.3 電磁波を吸収する原理

3. 電磁波シールド・吸収材料
 3.1 シールド材料の紹介
 3.2 吸収材料の紹介

4. 電磁波シールド・吸収材料設計のコツ
 4.1 電磁波シールド材料設計のコツ
 4.2 電磁波吸収材料設計のコツ

5. 電磁波シールド・吸収材料の評価法
 5.1 インピーダンスアナライザー(スペアナ)を用いる評価法
 5.2 ベクトル・ネットワークアナライザーを用いる評価法
 5.3 自由空間法およびBCI試験について

6. 電磁波シールド・吸収品の事業化の紹介(なぜマーケット・イン/プロダクト・アウトなのか)
 6.1 磁性フィラーの粉売りビジネス(高ストレスな樹脂混練に耐える粉末)
 6.2 カーボンシートのシート売りビジネス(サブミリ厚さの電磁波吸収シートを要求する市場)
 6.3 将来のビジネスチャンスを周波数帯から考える(ミリ波が得意な材料)

7. まとめ

 

関連図書

        機械・装置

関連セミナー

        機械・エレクトロニクス・コンピュータ