化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

☆ 目的に合わせた測定法の選び方から測定精度の評価方法についてわかりやすく解説します!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2020年2月20日(木)13:00~16:00
       会  場:江東区産業会館 第2会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,500円(税込、資料付)

講 師

 (国研)産業技術総合研究所 物理計測標準研究部門
   電磁気計測研究グループ 主任研究員  加藤 悠人 氏

定 員

 30名

受講対象・レベル

 高周波対応の材料や高周波デバイスの開発に関係する技術者の方。

必要な予備知識

 特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします。

習得できる知識

 高周波基板や高周波デバイスの開発において必須となる誘電率測定技術について、目的に合わせた測定法の選び方や測定精度の評価方法を習得できる。

趣 旨

 近年、高速大容量の無線通信を可能にするミリ波帯電磁波の利用が急速に拡大しています。また、自動車レーダーやセキュリティシステムなど、電磁波の応用範囲も拡大しています。電磁波を利用するシステムでは、誘電体材料が基板やアンテナなどとして用いられており、その誘電率は設計やシミュレーションに必須のパラメータです。誘電率の測定は、周波数や材料の特性に応じて、様々な測定方法を使い分ける必要があります。また、電磁波の利用周波数や用途が拡大する中で、異なる測定系の結果を相互比較するための尺度として、誘電率測定における測定精度 (不確かさ) 評価の重要性も高まってきています。
 本講座では、高周波基板に用いられる低損失材料や、電磁波吸収体に用いられる高周波材料のマイクロ波からミリ波帯における誘電率測定を解説します。目的に合わせた測定法の選び方から測定精度の評価方法まで説明いたします。

プログラム

1.誘電率測定のニーズと代表的な測定方法
 1.1 誘電率の定義
 1.2 誘電率測定のニーズ
 1.3 代表的な測定方法

2.高損失材料の誘電率評価技術
 2.1 反射伝送法の測定原理
 2.2 測定精度(不確かさ)評価

3.低損失材料の面内方向誘電率評価技術
 3.1 スプリットシリンダー共振器法の測定原理
 3.2 測定精度(不確かさ)評価

4.低損失材料の面直方向誘電率評価技術
 4.1 平衡型円板共振器法の測定原理
 4.2 測定精度(不確かさ)評価
 4.3 測定再現性の向上に向けた取り組み
 4.4 測定周波数の170 GHzまでの拡張

 【質疑応答・名刺交換】