化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ レオメータによる粘弾性測定の実演あり ~
実務に生かせるレオロジーの基礎知識を習得することを目的とし、測定および測定結果の注意点についても解説!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2020年2月17日(月)10:00~16:30
       会  場:千里ライフサイエンスセンタービル 6F 601号室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:55,000円(税込、昼食・資料付) 

定 員

 30名

受講対象・レベル

・レオメーターを材料物性分析の一手段として活用されている方
・これから活用しようと考えている方 

習得できる知識

・粘弾性スペクトルの見方
・緩和弾性率・複素弾性率・粘度成長関数・複素粘度等の意味
・大変形下および高速流動下での非線形粘弾性に関する一般的挙動 

趣 旨

 レオロジー測定は,人間の触覚を定量的に評価するような手法である.物質の硬さ,柔らかさ,粘り,サラサラ感等は,物質を変形させた時,あるいは物質に力を加えたときの手応えとして感じるものであり,それらは弾性率や粘度といった物質量として表わされる.ただし,固体とも液体ともいえない物質(溶融状態の高分子・スライム・ケチャップ・マヨネーズ・生クリーム・片栗粉等)については,弾性率や粘度は定数ではなく,時間に依存し,更には,刺激の周波数やその大きさ(振幅)にも依存する.このように刺激に対する応答が複雑な振る舞いをする物質は,弾性論,塑性論,流体力学の範疇で扱うことが困難であり,レオロジーはこうした物質一般を対象にする.
 本セミナーでは,レオロジー測定の原理,測定される物理量の意味,特に高分子物質を中心とした粘弾性体の構造とレオロジーの関係,レオメーター使用上の注意点等を,具体例を挙げながら解説する.

プログラム

—–【第1部】10:00~11:40、12:30~14:10 —–
「レオロジーの基礎・レオメーターでわかること」 
講 師 大阪大学 大学院理学研究科 高分子科学専攻 
准教授 博士(理学)  浦川 理 氏
プログラム
1.レオロジーとは

2.レオメーターの基本
 2-1 液体用・固体用レオメーター
 2-2 応力と歪
 2-3 弾性率・ヤング率・ポアソン比・粘度・コンプライアンス

3.粘性体・弾性体・粘弾性体
 3-1 理想弾性体
 3-2 理想粘性体
 3-3 粘弾性体
 3-4 ビンガム塑性体
 3-5 非ニュートン流体

4.粘弾性体について定義される物質パラメータ
 4-1 緩和弾性率
 4-2 複素弾性率
 4-3 粘度成長関数
 4-4 複素粘度
 4-5 Boltzmannの重畳原理による各粘弾性パラメータの関係付け

5.高分子の粘弾性
 5-1 高分子の粘弾性スペクトル
 5-2 粘弾性パラメータの分子量依存性
 5-3 時間温度換算則
 5-4 からみ合いとは
 5-5 非線形粘弾性挙動

6.おわりに

≪質疑応答・名刺交換≫

 
—–【第2部】14:30~16:30 —–
「粘弾性測定の基礎と実演」 
講 師 ㈱アントパール・ジャパン プロダクトマネージャー 
宮本 圭介 氏 
プログラム 1.粘弾性体って?

2.粘度計と粘弾性測定装置の違い?

3.粘弾性測定の基礎

4.粘弾性測定装置の概要

5.回転測定と振動測定、その応用例

6.回転測定及び振動測定の実演
 ・様々なサンプルを使用した測定実演
 ・ハンドクリームや食品サンプルなど

≪質疑応答・名刺交換≫

 

スケジュール

10:00~11:40 第1部
11:40~12:30 昼食(各自)
12:30~14:10 第1部・続き
14:10~14:30 休憩
14:30~16:30 第2部