化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

スマートウィンドウ市場における新たなビジネスチャンスおよび新製品・新規事業創出のポイントについても解説!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2020年1月28日(火)12:30~16:30
       会  場:滝野川会館 4F 401集会室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,500円(税込、資料付)

講 師

 MirasoLab 代表 工学博士  竹田 諭司 氏

◆活動など:
 2004年〜2007年 日本セラミックス協会 ガラス部会 役員
 2000年〜2007年 国際ガラス委員会技術委員 (International Commission on Glass, Technical Committee 19)

◆関連著書:
 ・自動車内装とインテリアの快適性向上, スマートウィンドウ技術, 技術情報協会, 第7章, 5節, 2019年, 分担執筆
 ・ガラス接着・接合技術による電子・エネルギー関連デバイス&部材の高信頼性化, 月刊ディスプレイ3月号, 2013.
 ・有機EL関連技術・ガラスシール技術/光取出し技術, 工業材料, 59, 39, 2011.
 ・ガラスの百科事典, 朝倉書店, 第20章, p.596, 2007年, 分担執筆
 ・防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング・評価応用, 技術情報協会, 第4章第5節, 2018年, 分担執筆.
 ・コネクティッド社会へ向けたディスプレイおよび高信頼性化技術の最新動向, シーエムシー・リサーチ, 2018.
 ・フィルムの機能性向上と成型加工・評価Ⅲ, 高周波基板材料としてのフッ素樹脂, AndTech, 第5章, 4節, 2019年, 分担執筆

定 員

 30名

受講対象・レベル

 本テーマにご関心ある方であればどなたでも。

必要な予備知識

・自動車用ウィンドウに求められる特性とその具体的評価方法
・自動車室内の快適性を更に向上させるスマートウィンドウ技術
・自動車用ディスプレイに関する技術動向
・調光・ヘッドアップディスプレイ・熱線遮断・電熱ヒーター・透明アンテナ技術の基本原理と各方式のメリット・デメリット 

趣 旨

 あらゆるモノがインターネットに繋がるIoT社会がいよいよ本格化しはじめ、人間の更なる快適性・利便性向上を目的に様々な製品のスマート化が進展している。 自動車用スマートウィンドウもその一つであり、光の透過性をコントロールする調光ウィンドウや熱線遮蔽ウィンドウ、自動車の安全性を更に高めるヘッドアップディスプレイや電熱風防ウィンドウ、高速・大容量通信を支援する透明ガラスアンテナなど様々な提案・技術開発が進展している。レベル3以降の自動運転車においては、自動車室内には更なる快適性の向上が要求される。
 本セミナーでは、まず自動車用ウィンドウに求められる特性およびその具体的評価方法についてわかり易く解説し、続いて、自動車室内の快適性を更に向上させるスマートウィンドウ技術の現状と技術動向および今後について述べる。また、それを踏まえ、スマートウィンドウ市場における新たな事業機会および新商品・新規事業創出のポイントについて考察する。

プログラム

1.次世代自動車用ウィンドウの市場動向

2.自動車用ウィンドウに求められる特性
 2-1.フロントガラス
    ・製造方法(合わせ強化ガラス)
    ・要求特性
 2-2.車内ディスプレイ
    ・液晶・有機EL
    ・次世代ディスプレイ
 2-3.評価法
    ・光学的(透過率・耐光性・透視歪, 二重像)
    ・機械的(耐衝撃性・耐摩耗性・耐貫通性)
    ・耐久性(耐熱性・耐湿性・耐薬品性)

3.自動車室内の快適性を高めるスマートウィンドウ技術
 (各方式の基本原理・材料・特徴・メリット/デメリットについて)
 3-1.熱線遮蔽ウィンドウ
    ・微粒子分散タイプ
    ・薄膜コーティングタイプ
 3-2.電熱ヒーターウィンドウ
    ・金属細線タイプ
    ・透明導電膜タイプ
 3-3.調光ウィンドウ
    ・エレクトロクロミックタイプ (ECW)
    ・液晶微粒子分散タイプ(LCW)
    ・懸濁微粒子分散タイプ (SPD)
    ・その他(サーモクロミック・ガスクロミック・フォトクロミック)
 3-4.ヘッドアップディスプレイ
    ・ウィンドシールドタイプ
    ・コンバイナタイプ
 3-5.透明ガラスアンテナ

4.スマートウィンドウ市場における新商品・新規事業の創出
 4-1.外部環境変化
 4-2.新たな事業機会
 4-3.新商品・新規事業創出におけるポイント

5.まとめ

【質疑応答・名刺交換】