化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチセミナーのご案内

       開催日時:2019年12月2日(月)13:30~16:30 
       会  場:ちよだプラットフォームスクウェア 5F  → 会場へのアクセス 
            〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
       受 講 料:42,000円 + 税    ※ 資料付
             * メルマガ登録者は 37,000円 + 税
             * アカデミック価格は 24,000円 + 税
            パンフレット
 
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★ 【メルマガ会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。※ 他の割引と併用はできません。
 ★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。折り返し、聴講券、会場地図、請求書を送付いたします。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のセミナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
  2名以上同時申込で、申込者全員メルマガ会員登録をしていただいている場合、2人目は無料です。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。複数名の受講申込みで、メルマガ登録をされていない方がおられる場合には、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ  セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (メルマガ価格)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料無料)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者4 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者5 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 6名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

水田 和裕 氏
AeroEdge 取締役兼執行役員CTO (元ZMP)

【講師経歴】
 2008年-2014年 トヨタ自動車㈱ 技術開発本部 車両材料技術部有機材料室にて自動車ボディ構造部品の超軽量化シナリオの策定、主に熱可塑性CFRPの研究開発および量産化を担当。LEXUSなど次世代車両向け軽量材料開発を担当。主な成果として初の量産型燃料自動車(FCV)MIRAI向け骨格部品に熱可塑性CFRPへの採用を実現し量産化に成功。その他繊維強化複合材料におけるCAE技術検証や軽量化技術ベンチマーク、半製品の低コスト製造工法開発などを担当。
 2016年 自動運転や自律飛行ドローンを開発する㈱ZMPに参画。AIをはじめとするソフトウェア、ロボティクス技術とそれらを統合して広がる将来のビジネスとして自動運転タクシー事業のマネージャを務める。当時世界でも珍しい国家戦略特区での自動運転タクシーサービス実証実験や伊勢志摩サミットでのデモンストレーションの企画推進を担当。
 2017年 AeroEdge(栃木県足利市)入社。執行役員CTO。ボーイング737MAX、エアバス320neo向け次世代ジェットエンジン部品を量産するメーカにて量産技術開発と積層造形など次世代の航空機部品製造技術、材料技術の先行研究開発を指揮する。スマートファクトリー構想実現に向け、トヨタ生産方式とデジタルテクノロジーの融合を模索する。2019年7月より同社取締役兼執行役員CTO。ライフワークとしてイノベーション創出のため、各種要素技術やビジネスモデルの探求を掲げる。
 同志社大学工学部卒(首席)、同大学大学院工学研究科博士前期修了米コーネル大学研究員を経て米デューク大学大学院エンジニアリングマネジメント修士課程修了。英ケンブリッジ大学ジャッジビジネススクール卒(MBA)

【活 動】
 1) 航空機部品製造×デジタルテクノロジー,スマート工場EXPO(ポートメッセ名古屋)2019.9.20
 2) AeroEdgeが目指す未来のものづくり,九州デジタルイノベーション,2019.6
 3) 自動運転やIoTと材料技術開発戦略等に関するテーマでの講演多数
 4) 自動運転の進化を支える材料技術と市場展望, 車載テクノロジー,2018年11月号,情報技術協会
 5) 自動運転と材料技術開発戦略, プラスチックス 2017年11月号,日本工業出版 4)Autonomous Driving, Drones, and Delivery Robots, Digital Disruption, Oct 19, 2016, Hitotsubashi International Corporate Strategy(一橋大学大学院国際企業戦略研究科)5) ZMPの事業展開-自動運転・ドローン・物流ロボット-,フューチャーアーキテクト株式会社主催スポーツ用品情報システム研究会, 2016.7, 東京
 6) Today’s and Future’s Automotive Materials, International Symposium on Laser Processing for CFRP and Composites Materials, April 25, 2013, Yokohama, Japan
 7) Toyota Business Practice, From Technology to Innovation, July 2012, MIT, Cambridge, Massachusetts, USA
 8) Netravali, A. N., Mizuta, K., et.al, Advanced Green Composites, Advanced Composite Materials, 16, pp. 269-282, 2007

セミナーの趣旨

 セミナーでは導入部として自動運転の基本原理や技術の整理を行う。技術的な解釈に加え、社会的意義についても議論する。イノベーション理論を用い自動運転を分析し未来予測のツールを提供したうえで、デジタル技術との関わりからどのような可能性が拡がり得るのかを説明する。また、ハードウェアとしての車両は電動化、EVシフトが加速しており、それについても触れる。こうした正しい認識のもと、材料技術開発戦略立案のポイントについてケーススタディを通じて議論する。

セミナー対象者

 材料メーカー、自動車部品メーカー、商社、研究者、コンサルティングファーム、シンクタンク、金融機関等

セミナーで得られる知識

 自動運転を見据えた材料技術開発戦略立案の要諦について

プログラム

          ※ 適宜休憩が入ります。
1.自動運転とは
 ・自動運転技術概要・自動運転の捉え方

2.自動運転により変化するビジネスモデル
 ・イノベーション理論で見る自動運転
 ・デジタル企業との関係・ビジネスモデルの変化

3.車両の電動化

4.材料技術と自動運転
 ・求められる材料・材料技術開発戦略の考え方
 
 

関連図書

        機械・装置

関連セミナー

        機械・エレクトロニクス・コンピュータ
        自動車