化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2019年11月21日(木)12:30~16:30
       会  場:江東区産業会館 第1会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,500円(税込、資料付)

講 師

 元バイエルマテリアルサイエンス㈱  桐原 修 氏
  ※㈱ヘウォンティアンドディ 顧問

《専 門》
 高分子、ポリウレタン、塗料原料、フィルム

《略 歴》
 1975年03月 北海道大学 理学学部 高分子学科 修士課程修了
 1975年04月 住友バイエルウレタン㈱ 入社
 2013年12月 バイエルマテリアルサイエンス㈱ 退社
 2014年01月 フリーランスの技術コンサルタント開始

《活動等》
 日本、韓国、台湾のクライアント数社への技術コンサルを実施している。

定 員

 30名

受講対象・レベル

 ポリウレタン塗料や接着剤のメーカー、加工メーカーの研究開発・生産製造に携わる方。

習得できる知識

・ポリウレタン原料の基礎とポリウレタンの概念
・ポリウレタン塗料・接着剤の原料と最新動向
・水性PUDの基礎と現状、今後 

趣 旨

 ポリウレタン原料と製品の工業化はすでに半世紀以上の歴史を持つ。その中でも、非発泡ポリウレタンは塗料、接着剤、シーリング材などの分野で大きな実績を示している。また最近は脂肪族イソシアネートベースのポリイソシアネートの新製品や水性ポリウレタンディスパージョン(PUD)の新規投入も顕著である。
 本セミナーでは、主にこれらの新製品の要求特性を説明する。それらの理解をたやすくするために、ポリウレタンの基礎や原料開発の歴史をもステツプを追って説明する。
 なお本セミナーは、筆者の最近10年の発表文献や講演資料をベースにおこなうが、最近係わりの強いPUDの動向にも言及する。
 溶剤型のみならず、水性PUDの技術や市場開発に興味のある方の参加を求めます。

プログラム

1.はじめに
  1-1 ポリウレタンとは
  1-2 種類と主な用途

2.ポリウレタン原料、化学構造、反応性、特性など
  2-1 イソシアネート
  2-2 ポリオール
  2-3 その他 副資材

3.ポリウレタン塗料・接着剤とその原料
  3-1 ポリウレタン塗料・接着剤の概要
     3-1-1 ポリイソシアネート
     3-1-2 ポリオール
     3-1-3 その他添加剤
  3-2 ポリウレタン塗料・接着剤の用途
     3-2-1 常温乾燥型
     3-2-2 焼付硬化型
     3-2-3 その他・UV硬化等

4.PURの劣化と安定化対策
  4-1 メカニズム・要因と原料での対策
  4-2 添加剤・安定剤での対策
  4-3 今後の対策と方向性

5.水性ポリウレタンとその原料
  5-1 PUDとその用途
  5-2 各種PUDとその原料
  5-3 PUDの硬化剤
  5-4 水性2K-PURの現状と今後
  5-5 UV硬化の可能性と原料

6.新規分野とその要求特性

7.まとめと今後の展開

【質疑応答・名刺交換】