化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ 微生物が関与した異物・異常品の分析法とは?基礎から実践的なテクニックまで ~
☆ 分析機器がなくてもできる、簡易的な細菌同定手法についてもご紹介します!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2019年10月25日(金)12:30~16:30
       会  場:江東区文化センター 4F 第2会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,500円(税込、資料付)

講 師

 (一財)日本食品分析センター 多摩研究所 微生物研究課 課長
  前川 幸子 氏

《専門》
 微生物分析(食品衛生試験,微生物同定)

定 員

 30名

習得できる知識

 微生物の基礎知識全般,微生物同定試験手法,異常品の分析手法 等

趣 旨

 昨今,微生物の同定試験は機器分析によって比較的簡単に結果が得られる時代となりました。しかしながら,微生物同定を行う者は基本的な微生物の知識,分類の知識が必要であり,これらを理解した上で同定試験を行う必要があります。
 本講演では,微生物の基礎的事項から,微生物同定試験を行うにあたって知っておきたい分類や同定の知識,同定の手法や実践的なテクニック,そして応用技術として異物検査や異常品発生時の分析手法についてもご紹介致します。
 講演の中ではDNAシークエンサー,MALDI-TOF MS等の分析機器が無くても検査室でできる簡易的な細菌同定手法についてもご紹介しますので,これまで微生物同定試験を行っていなかった検査室において,微生物同定試験をはじめるきっかけになれば幸いです。

プログラム

 1.微生物の基礎知識
  1.1 微生物とは
  1.2 微生物の増殖について
  1.3 芽胞とは

 2. 微生物同定の基礎知識
  2.1微生物の分類・同定・命名
  2.2衛生試験と同定試験の違い

 3. 微生物同定の手法と歴史
  3.1 生理学的性状試験による同定手法
  3.2 化学分析による同定手法
  3.3 同定キットによる同定手法
  3.4 遺伝子解析による同定手法
  3.5 MALDI-TOF MSによる同定手法

 4. 微生物同定における基本操作
  4.1 分離・培養・観察の基本操作・テクニック
  4.2 細菌の基本的生理学的性状試験~簡易的な同定の手法

 5. 微生物の保存方法

 6. 微生物が関与した異物・異常品の分析法

 【質疑応答・名刺交換】